FC2ブログ
2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

【熟女体験談】泣きながら童貞の甥っ子を受け入れた優しい叔母

kage

2017/03/04 (Sat)

僕は大好きな叔母に
筆おろしされ、童貞を卒業しました。

僕にとっては素敵な初体験の思い出です。

独身の頃の叔母は、
ぼくたち兄弟の第二の母親みたいな存在で、
よくうちに遊びに来ていました。

母親より優しい印象の叔母に、
よくなついていました。

弟が生まれた時、五歳だったぼくは
見事に赤ちゃんがえりをしました。

弟の世話にヘトヘトだった母は、
ぼくの相手をする余裕がなかったのでしょう。

冷たくあしらわれ、
悲しい思いをしていました。

そんな時、母の手伝いでよくうちに来ていた叔母は、
甥っ子のぼくを赤ちゃんみたいに甘えさせてくれました。

一緒にお風呂に入ったり、
おっぱいを吸わせてくれたり

当時、はたちそこそこだったはずの叔母は、
落ち着いた大人のようにぼくに接してくれました。

今思えば、
処女でもおかしくないのに。

そして、僕は大学生になり実家を出て、
一人暮らしになりましたが
新生活になじめず悩んでいました。

友達はなかなかできず、
一週間おきには実家に帰っていました。

7月頃に帰った時、家には両親はおらず、
叔母が遊びに来ていました。

叔母は旅行土産を持ってきたのですが、
あいにく両親は少し遠くでドライブに行っていたのです。

もう帰ろうかと思っていた時に、
ぼくが帰ってきたのでした。

当時の叔母は37歳くらいでしょう。

大学に入りたてのぼくには、
まぶしいくらいの大人の女性に見えました。

ノースリーブの
白いワンピース姿だったと思います。

話していると、自然と
新生活の悩み相談になりました。

叔母も大学で独り暮らしを始め、
やはりなかなか慣れなかったこと、
だからうちによく来ていたことを知りました。

そして、「あの時のけんちゃんは、
甘えん坊だったね」
といたずらっぽく言いました。

ぼくは恥ずかしさと、
甘酸っぱい思い出で、頭が熱くなりました。

気がついたら、叔母を力で
ねじ伏せようとしていました。

おっぱいに顔を押し付けて抱き締め、
無理やり押し倒そうとしていました。

叔母は「どうしたのどうしたの」と叫んで、
必死に抵抗しました。

ぼくは無言で服を脱がせようとしたり、
叔母の必死な顔に唇を押し当てたりしました。

自分でも訳がわからなくなり、ただ、

「叔母さんが好きなんだ」

とだけ絞り出しました。

叔母は泣きじゃくりながら

「好きなら、こんなことしないで…」

と言いました。

それでも、やめないぼくにピシャリと
平手を打つと

「ちゃんとしてあげるから、
無理矢理はしないで」

と涙ながらに言いました。

ぼくは、ようやくしまったと思いましたが、
もう後には引けないとも思いました。

そして、力を抜いて、
叔母を解放しました。

「ゴムはあるの?」

と叔母は聞きました。

ないと答えると、

「避妊は女の子へのマナーだよ」

と言いました。

そしてバッグの奥からゴムをだし、

「夫婦だってちゃんと避妊するんだよ」

と言いました。

叔母さんが旦那さんとセックスしているという
当たり前のことに気づき、
頭がくらくらしました。

ぼくの部屋のベッドの中で、
叔母は裸になりました。

きゅっと目をつぶったまま

「きていいよ」

と言いました。

ぼくは服を脱いで、
ベッドへ滑り込みました。

叔母の小ぶりな形のいい
おっぱいを久しぶりに見て。

また、あの頃はさして興味もなかった
陰毛を見て、くらくらする思いでした。

「初めて?」

と聞かれて言葉が出ず、
こくんとうなずきました。

「さっきのは、本当にルール違反。
女の子は優しく接してあげないと、
また誰かを泣かせるから」

と言いました。

今から考えてもつたない愛撫をしました。

そういうやり方が本当にわからず、
おっぱいを揉んだり吸ったり、
抱き締めたりキスしたりするのが精一杯。

叔母は目を閉じたまま
静かに受けていました。

よほど不安だったのか、
ゴムは叔母がつけてくれました。

顔を背けたまま。

そして、童貞卒業。

なかなか入りませんでしたが、
叔母は何も言わずに待っててくれました。

入ってすぐに動こうとする
ぼくの腰を押さえて

「初めてだね。
でも、次はないよ。いい人を見つけなさい」

と囁きました。

挿入してからも訳がわからず、
ひたすらに腰を打ち付けました。

「叔母さん…好きだっ」

といいながら。

叔母は、涙を流しながら

「ごめんなさい、ごめんなさい」

とつぶやいていました。

初めてのせいかなかなかいけず、
かなり長い時間ピストンしていました。

だんだんスムーズになってくる動きと、
それに合わせて、

「あんっあっ」

と叔母が悩ましい声をあげ始めたことに興奮して、
たっぷりと射精しました。

叔母は、ゴムを押さえて離れると、
急いで服を着ました。

そして、

「何もなかったから。もうないから」

と言って、
涙ぐみながら帰っていきました。

それ以来、少し友達付き合いが
うまくなってきました。

彼女もでき、明るくなれました。

付き合った女性には処女もいましたが、
優しくすることができ、女性のことを考えて
接することができるようになったと思います。

あれ以来、叔母との関係はありません。

お互いに、何事もなかったかのように
生きています。

決して口にすることはないけれど、
叔母には感謝しています。

今でも叔母は僕にとって憧れの女性です。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する