FC2ブログ
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

【熟女体験談】友人のお母さんを本気で孕ませたくて、何度も中出しSEX

kage

2017/02/15 (Wed)

高校生の時、
友人の母とエッチしてしまいまsた

その友人は、いわゆるヤンキー。

でも試験前になると、
さすがに少しは勉強しないという気になるらしく
よく友人の家で一緒に勉強していた

しかし、友人だけが高1で留年。

高2から違う学年になってしまった。

それでも友人の家で試験前は
深夜まで勉強していました。

友人の母親の清子さんは、
ヤンキーで不良の息子が
学校でも問題を起こす事に悩んでいました。

しかし、私が、一緒に勉強するから
息子は学校で試験の点が取れて、
学校を続けて行けていると
思っていてくれたみたいです。

清子は四十路半ばの
小柄でロシア人っぽい顔立ち。

体型は普通のおばさんです。

ある日友人の家でトイレに行く時に
ちょうど清子がシャワーを
浴びていて脱衣場の戸が少し開いてました。

その時にパンティがあり、
当時童貞だったせいか、
清子のパンティから色んな想像をしてしまいました。

その日は勉強を早く切り上げ
家に帰り、清子で筆おろしされるのを妄想して
オナニーしました。

以来、清子が気になり試験前に
友人の家に行くのが楽しみになりました。

行くたびにパジャマ姿を見たり、
干してある清子のパンティのシミを舐めたりと
だんだんエスカレートしてきてしまい、
リアルに友人の母とセックスしたくなりました。

まだ純粋だったのもあるのですが、
まず告白をしようと思いました。

そんな時、友人の父親の出張と、
友人が彼女と旅行に行く日が重なることが分かり、
実行はその日と決めました。

当日

午前10時位に忘れ物をしたと
嘘をつき友人宅を尋ねました。

ベルを押すと清子が出てきました。

「あら、どうしたの?」

と清子が出てきました。

セーターにピンクのタイトスカートで、
化粧していて凄く綺麗でした。

もしかしたらこの清子と
H出来ると思うと既にあそこは立ってました。

「すみません、忘れ物をしてしまって」

「あら、そうじゃあ上がって
勝手に探していいわよ」

と予定通り上がり込みました。

そして友人の部屋に行き
探している振りをしていました。

10分位してから、

「あった?」

と清子が2階に上がって来ました。

私は心臓がバグバグしながら
清子が上がってくるのを待ちました。

再び、

「S君、あった?」

と部屋に入ってきました。

鞄にしまった振りをして
「ありました」と答えます。

「なら良かった」と安心した顔の清子。

いよいよ考えを実行に移すときです。

「おばさん、息子さんには
内緒で話したい事があるんですが?」

「いいわよ。どうしたの?」

「実はもう試験前にここで勉強出来なくなりました、
今までありがとうございました」

「どうしたの?息子と喧嘩でもした?」

と少し心配そうに聞いてきました。

「実はおばさんの事が好きになってしまい、
ここで勉強出来なくなってしまって」

と下を向きながらいいました。

「あら、本当に何で?」

と驚いた表情で

「息子もS君がいつも一緒勉強してくれてるから
学校つづいてるから感謝してたのに」

と残念という感じでした。

「S君ならこんなおばさんより
若くて可愛い子いるでしょう」

と説得し始めました。

そんなことは予定通りでした。

「おばさん無理なお願いしてもいいですか?」

「何?」

「好きな人で童貞を失いたいので、
してもらえないですか?
そうすれば、おばさんのことは忘れます」

さらに

「ここでまた勉強も出来ますので
お願いします」

と土下座までしました。

これでダメなら諦めて帰るつもりでした。

清子は無言でした。

「ダメですよね。帰ります。
変な事言ってすみませんでした」

と立ち上がり帰ろうとした時、

「息子には内緒に出来る?」

と清子。

今まで見たことのないような
少し怒り気味の表情です。

いま思い出すと、
かなりそそる表情でした。

「はい、絶対に言いません」

「わかった、シャワー浴びてくるね」

と言い、清子が部屋を出ようとした時。

ほっとしたのもあってか私は
理性がなくしたように後ろから抱きつきました。

「ちょっとシャワー浴びさせ・・」

清子の唇を奪いました。

「ううん、ちょっと」

と身体を放そうとするので
きつく抱き締めまたキスしました。

清子は諦めたのか
舌を入れさせてくれました。

そして、床にしゃがませながら
寝かせました。

それからは無我夢中でエロビデオで見た知識で
セーターを脱がせブラをずらし、
胸にしゃぶりつきました。

胸は小ぶりで乳首は
少し黒ずんでましたが乳首は立ってました。

「あ~ん」
と清子がいやらしい喘ぎ声を洩らします。

唇を奪い顔じゅう
唾液まみれになる位キスしました。

「S君もっとやさしくして」

と清子。

さっきまで、キチンとしていた
大人の女性とは思えない言葉に興奮し、
その勢いで

「今だけおばさんのこと
清子って読んでもいい?」

と私。

「私の名前知ってるんだ。いいよ」

表札にも書いてありませんでしたが、
以前に郵便物でチェック済みでした。

「あと僕の事あなたって呼んで貰えますか?」

と言うと少しハニカミ顔で、

「それじゃあ、S君の奥さんみたいじゃない」

というのでまたキスをします。

「今は僕の奥さんになって」

「わかった」

と笑みをこぼしました。

その顔を見たら凄く色っぽくて
また唇にむしゃぶりつきました。

「清子愛してるよ。清子は?」

と清子の顔を見ると

「私も愛してるよ」

「最後にあなた付けてないよ」

というと清子はしょうがないなという感じで、

「私もよ、あなた」

そこで結婚指輪を外します。

「ええっ、ちょっと」

と少し抵抗しましたが取りました。

いよいよ清子との初体験です。

まずスカートをめくり上げました。

透明なパンストごしに、
以前に舐めたことのあるブルーのパンティでした。

パンストのままマンコを
部分を舐めまくりました。

「ううん~恥ずかしい」

と40代の清子が
かわいい声を上げます。

「このパンティ前に干してあったの舐めたよ」

というと、少しびっくりしたように

「本当に、もう~」

とあきれたような清子。

パンストを脱がせまたキスしました。

今度は清子と舌をからませたり
吸ったりと長い時間のキスです。

その間にパンティの中に手を入れ、
清子のオマンコに辿りつきました。

「ああ~ん」

触った瞬間に
清子がと少し身体をよじります。

少しビックリしましたが、
よく触ってみるとヌルヌルしているのがわかります。

パンティを脱がすと、
夢にまで見たおばさんのオマンコがありました。

陰毛はほどほどでしたがそれでも眺めていると

「恥ずかしいからそんなに見ないでと」

と股を閉じる清子。

「何言ってるの、清子」

と股を大きく広げオマンコを晒します。

「本当に恥ずかしいから」

構わず、無我夢中で
清子のオマンコにしゃぶりつきました。

「ああ~ん」

だんだん感じてくる清子。

我慢出来なくなったので、
いよいよ挿入です。

手探りで挿入しようとしましたが、
場所が分からずなかなか入りません。

すると清子が手伝ってくれ
ようやく挿入できました。

あのヌルっとオマンコに入った感触が
凄く気持ち良かったのを今でも覚えてます。

腰を振り始めると

「あん、あ~ん」

と悶絶しながら喘ぐ清子。

胸を舐めキスしながらピストンしてると

「中には出さないでね。
今日は危険日だから」

と心配げです。

「清子」と何度も呼ぶと気付いたのか
「あなた」と返してくれます。

とうとう我慢できなくなって、
思い切り中に出しました。

ビックリする位精子が出ました。

「ああ~ダメって言ったでしょ」

と清子。

「ごめん」

とキスを何度もしながら、
しばらく抱き締めてました。

「ごめんね」

と顔を見ると諦め顔で、

「赤ちゃん出来ちゃうかもよ」

と真剣な顔です。

私も若かったせいか

「俺はいいよ、
清子が離婚してくれたら結婚したい」

「何バカな事いってるの?」

と少し怒り気味です。

「本気だよ、高校卒業したら働くよ」

と清子にキスしました。

清子が離れようとするので
きつく抱き締めたところ、

チンポが復活してきたので耳元で

「まだだよ、清子」

とささやき、

驚く清子を再び組み敷き、
キスをしながら腰を振り始めました。

「ちょっと、ああ~ん」

身体は正直だなと思いました。

清子の身体でバックや騎乗位を楽しみ、
嫌がってはいましたが写るんですを使って
ハメ撮り写真も撮りました。

清子は動くダッチワイフ状態でした。

「今度は中はダメよ」

と言う清子の様子に、
ムクムクとわきあがる支配感。

私は調子に乗ったように、

「清子、誰に言ってるの?」

というと清子が気付きました。

「あなた、中はやめて」

と言いながらも感じる清子。

「俺の奥さんって事を忘れた罰だ」

とまた中出しです。

「も~う」

「だから、俺は本気だよ」

「もう思い出になったでしょ」

と清子が終わりにしようとするので、
すかさず

「息子に言うよ、ハメ撮り写真もあるし」

と写るんですをちらつかせます。

服を着て原付のメット入れに写真を入れて戻ります。

「じゃあ、いつまで?」

「旦那さんも友人も
明日の夕方まで帰って来ないからそれまで」

何で知ってるのという感じで

「純粋な振りして、計算づくなのね」

とあきれたような諦めたような
表情の清子。

一緒にお風呂に入り、
マットプレーを今度は楽しみます。

エロビデオで見たことをとにかく全部、
清子で試しました。

しばらくしてお腹が減って来たので、
以前勉強の時に食べさせてもらった生姜焼きを清子に作らせます。

当然、裸エプロンです。

料理中にフェラをさせたりとイタズラをしていたら、
再びチンポはギンギンに。

「今作ってる途中だよ」

という清子に構わず手を引き、
料理を途中で止めさせ夫婦の寝室に連れて行きます。

「清子と俺のセックスの方が大事だろう」

と性奴隷のようなエプロン姿の清子を抱きます。

もちろん中出しです。

満足したので再び料理を作らせ、
2人で口移しで食べました。

時計を見るとまだ14時でした。

念願の清子との初セックスを済ませ、
清子の手料理も食べ、
私は居間でテレビを観ながらダラダラしていました。

チンポが復活しそうになったので、
ちょうど隣で洗濯物を畳んでいた清子を捕まえます。

頭を股間に持ってくると、
もう抵抗なくしゃぶり始め、

「清子、入れるぞ」

「うん」

清子が横になり2人で抱き合います。

初セックスのときはなかなか
オマンコに入らなかったのが嘘のように、
身体を重ねて絡むだけですんなり入ります。

5回目でさすがに精子はあまり出ませんが、
また中出しです。

そのまま、眠たくなって寝てしまいました。

電話のベルで目が覚めました。

気がつくと20時でした。

清子は保険か何かの用事の電話に出ていました。

そばに行くと確認作業の
ようなものをしていたのですが、

電話が長く、子機だったので、
清子を連れて居間に戻って
ソファに清子を座らせその後ろから抱き締めます。

「ちょっと」

と受話器を押さえてたしなめようとする清子。

「いいから」

と続けさせて、ブラを外して
おっぱいを揉んだり
オマンコをいじったりしていました。

少し眠ったこともあってか、
チンポは復活。

そこで清子のパンストとパンティを一気に脱がし、
バックで挿入を試みます。

「本当にやめて」

と怒り気味の清子。

構わず生挿入しました。

「あっ、ちょっと待ってもらえますか?」

とたまらず受話器を押さえます。

「電話終わるまで待ってよ」

とチンポを受け入れたまま話す清子に興奮し、
そのままオマンコに出し入れしていると
清子は諦めたのか保留に切り替え、
チンポを受け入れました。

キスをしながら3分位で中出しです。

その後、夕食ではビールを少し飲みました。

食後に居間でテレビを観ながら清子を抱っこしつつ、
清子の若い頃の写真を眺めます。

やがて旦那とのキス写真が出て来たので

「何だこれ?」

と怒る私。

「仕方ないでしょう、
あなたが生まれる前よ」

と清子。

「何か俺たち本当の夫婦みたいだな」

というと清子はハッとした顔になりました。
我に返ったように、

「もうそろそろ帰らないと
ご両親が心配するよ」

と言う清子をよそに、
電話を借りて自宅に友人の家に
泊まる旨を伝えました。

「泊まってくの?」

唖然とした顔の清子。

「清子、明日までたっぷり
可愛がってやるからな」

といいキスをします。

2人で風呂に入り、
マットプレーで身体を洗いっこ。

チンポが復活したところで再びセックスです。

そんなことをしながら、
寝る前までキスしている写真を撮ったりと、
カップルのようにイチャイチャしていました。

24時を過ぎ寝ることになったとき。
清子がパジャマ姿で寝ようとするので、

「裸になれ」

「裸でなくてもいいでしょ、何で?」

「夜中とかにしたくなったら
すぐ出来るようにだよ」

「私が寝てる時もする気?」

と驚いたような顔の清子。

「俺は本気で清子を俺の妻にするからな、
その為には今しか子作り出来ないんだから」

と訴えるような私。

諦めたのか清子は
裸になり私に身を任せて寝ました。

一緒の布団で寝ると
改めて本当の夫婦という感じがして、
それだけで興奮してチンポが立ってきました。

寝ながら抱きついた振りをして挿入しようとすると、

「若いって凄いけどあなたは絶倫ね」

と言い仰向けになってくれます。

さすがに最後のセックスかなと思いつつ、
キスからじっくり清子を味わいました。

「あ~ん」

と清子がだいぶ感じ始めてきたところで挿入。

キスをしながら

「清子愛してる」

と耳元でささやきます。

「私もよ、あなた」

最後にまた、
清子に膣内射精

そのまま寝てしまい、
朝、清子に起こされました。

「朝よ、起きて」

朝食を済ませさすがに疲れたので、

「清子、帰るね」

「うん、やっとね」

と笑顔だったのでキス。

「私もあんなにセックスしたのは初めてよ」

そして、玄関に立ちお別れのキスをしました。

「はい、気を付けてね」

と見送る清子にまたキス。

「も~う、まだ?」

もしかしたらもう一生清子を抱けず、
旦那が再び清子を抱くと思ったのか、
チンポがまた反応しだします。

すかさず、寝室に清子を引きずりこみました。

「ちょっと、まだするの?
あなた、今日帰ってくるんだから」

あり得ない、という様子です。

「清子を旦那に渡したくない」

といい、キスをしブラと
パンティだけ脱がしセックスしました。

「もうダメよ、夫が帰ってきたら大変だから」

そう言う清子をよそに、
何度目かのオマンコに挿入しました。

この時、本気で友達の母の清子を
愛しているのを実感しました


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: