FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

【熟女体験談】スケベな美熟女マダムは裏筋や金玉袋を舐めてくれる

kage

2017/01/22 (Sun)

私はおまんこ大好きな自称ヤリチン男!

年齢は、43歳独身のエッチ大好き人間です。

そんな自称竿師ですが今まで、
ろくに女性と付き合ったことはありませんが、
性に対しては積極的で(汗

ソープ、デリヘル色々行きましたが、
飽きたので出会い系で女性を募集して
エロい事やってました。

最近某出会い系で、
「イヤらしい事されたい女性」という内容で投稿したところ。

40代半ばの熟女から
「会ってくれないかしら?」との返信があったので
何回かメールでやりとり後、会う約束をしました。

会う当日は凄い緊張しました。

「どんなおばさんが来るのか、
糞ババアが来たら断るか」

そんな思いをしても、
期待を胸にはせて某駅の入り口で待ってました。

来た女性は、
日本美人でポチャでも無い凄い
清楚なマダムで明るい方でした。

「初めまして、えみ(仮名)です。
○○さんかしら?」

「はい、○○です。今日はよろしくお願いします。」

一通り挨拶も済んで、
途中でコンビニでお酒を買って、
駅から近いラブホテルへ向かいました。

ホテルまでは一緒に普通に歩いていたのですが、
なにしろオッパイを強調してる

服を着ていたので、
ボディタッチしようかなと思いましたが、
なにしろ初対面だったので、
そんなことしたら怒って途中で
帰ってしまうかと思い出来ませんでした。

へたれです

ホテルに着いて、エレベータ乗ってから

「すごいエッチな気分なんです」

とえみさんに伝えたところ

「私もよ」

エレベーター中で抱き合いました。

熟年カップルなので、
他の人が乗ってきたら凄い恥ずかしいほど
お互いを弄り、服の上からオッパイを揉み、ズボンの上からでも
温かいとわかる秘部を触り。

えみさんからは、
優しい感じの石鹸の匂いがしました。

ホテルの部屋は、
ドアから部屋までガラス張りの廊下になってました。

部屋に入って、ソファーに座ってお互いお酒を飲み、
甘いキスからディープキス。

「舌やわらかいのね。」

「ありがとう、
えみさんの舌もやわらかいよ。」

「あぅん」

服を脱がし、ブラだけにして、
ブラの上から丁寧オッパイをにもみました。

「いい形ですね、カップはなんですか?」

「CとD行き来してるのよ」

となぜか恥じ笑い。

ブラの上からオッパイをもんで、
ブラをはずし直接パイ揉み

「っぁん、はぁん」

スケベさをそそる茶色の500円玉大の乳輪、
ピン立ちの乳首。

それを舌でやさしく嘗め回し、
吸う。

えみさんは熱い吐息を漏らし、
私は片方の手ではいているズボンの上から股間を弄る。

「あん、いぃ」

ボタンに手をかけ、ズボンを下ろす。

彼女は嫌がることなくショーツ姿になりました。

股間をさすり、秘部に指を這わせると、
ズボンの上からではわからなかった温かさ。

えみさんの蜜で湿っているのがわかる。

これは直接触ったらどうなんだろう?

とショーツをめくって秘部を指で撫で回す。

膣の入り口へ指を這わせたところ。

「な、なにこれ、もう凄いビショビショ!」

「エレベータで抱かれてからもう濡れてたのよぅ」

「熟女感じ易く濡れ易し」

手マンして、ちょっとクリトリスを
ちょっと弄くってあげたところ、
もう部屋に広がるほど恥ずかしい声。

「あふーぅ、あぁん」

「何でそんな濡れるの?」

イク度に膣の中がキュっと締まっていました。

「一度イクとイキやすいの」

えみさん顔を赤らめながら言ってました。

スケベな痴女美熟女です。

蜜がしたたる良い名器、
クンニしたらどうなるのか。

「舐めていい?」

「やさしくね。」

熟女特有の匂いがしたが、
その匂いが好きなので気にすることなくご開帳。

止まることを知らない蜜が溢れる秘部を
柔らかい舌でペロペロ

「あぁダメぇ」

言葉では嫌がってましたが、
身体は全然嫌がっておりません。

10分ちょい舐めていましたが、
自分でオッパイもんでいる姿は素敵ですね。

「○○さんのここどうなってるのぉ~」

とニヤニヤしながら、
勃起が治まらないちんちんを握る
えみさんの手が上下運動始めました。

「えみさん、き、気持ち良いよ」

「ピクピクしてるね、シコシコ」

「んは、んはぁ」

えみさんの手が俺のギン立ちのちんちんを
手コキしてしごいてる内に

「口でしてあげるね」

あぁ、若い娘にはない経験豊富なフェラチオ。

じゅぱちゅる

裏筋も玉も丁寧に口で慰めていただきました。

こうなったら、理性なんて関係ありません。

「我慢できない、えみさんでイキたい」

「いいよ、その代わり外で出してね。」

まずは正常位で初めて結合。

腰を振りえみさんが

「あぁ、いいよいいよ、○○さん」

「えみさん気持ちいい」

「うぁん、あぁ」

「気持ちぃぃ」

10分ちょいでイキそうになり。

「えみさんイクッ」

「私もイキそう、いいよ、イッテ」

「あぁ私も私もイクっ
いくぅ」

ここは最初だったので生外出し。

白いザーメンがえみさんのお腹目がけてドピュー。

「私でイってくれたんだ、凄く嬉しい。」

顔を赤らめて伝えてくれました。俺もお礼に

「ありがとう、すごく気持ちよかったよ。」

髪の毛を触りながら、
抱き合ってディープキスで1回戦終了。

手マン、クンニ、結合あわせて
10回以上イってたかと思います(恥笑い

えみさん笑いながら

「安全日だから中出しでも良かったけどね。」

遅いよ・・・(´;ω;`)

それから、しばらくソファーでAV見ながらイチャイチャして、

「シャワー浴びようか?」という事になり

浴室で洗いっこ、
お互い身体を密着させてボディ洗い。

ここでもバイブで遊んじゃいました。

浴室に響き渡るほどに叫ぶえみさん。

浴室でもフェラ、廊下でもフェラ。

ほんと「ちんちん」が好きらしい。

シャワーを浴び終わり、
ブラインドを上げて、しばらく仁王立ちフェラを堪能

もう我慢できなかったので、
窓に手をつかせて立ちバック。

さっきシャワー浴びたばかりなんですが・・・(汗

えみさんの秘部は臨戦態勢である(爆)

「みんな俺らのセックス見てる、
あのビルから覗いてるよ?」

「恥ずかしい、でも気持ちいい」

自分から腰振って「あぁ~」とこれまた大声。

今度は自分で秘部を弄くらせながら
フェラさせようと思います。

これで白い液を膣の中放出するのは勿体無いと思い、
立ちバックを止めて
えみさんの手を引いてベッドへ。

ここで濃厚な愛撫を20分ほど。

えみさんの秘部は熱く、蜜で溢れ大洪水であった。

手マンで大絶叫。

クンニでも部屋に響くほどの喘ぎ声。

えみさん、とろける様なディープキスをしながら
覆い被さってきました。

「うふ、こういうのどう?」

ファッションヘルスでしかやったこと無いけど、
騎上位素股。

そう、秘部でちんちんの筋を刺激する性技である。

「えみさん、気持ちいいよ。」

「あん、うれしい。もっと気持ちよくなろうか?」

あれえみさん何を思ったのか、
硬く勃起したちんちんを膣へ

入れてしまいました。

「こっちのほうが好きなのよ。」

嬉しそうに微笑んでます。

腰を振りながら、

「あぁん、○○さん、素敵

結合部丸見えの体位で腰を振っているえみさん。

腰を振りながらオッパイを
自分でもんでいる姿はなんともエロいです。

我慢できなくなり

「えみさん、イっちゃう、出そう」

「中に出して、欲しい、
○○さんのザーメン欲しい、
来て」

「あっイク・・・あっ」

俺はえみさんの中で果てました。

えみさんは恥ずかしさを隠しながら

「何してるんだろ、ア・タ・シ」

照れても、嬉しさは隠していませんでした。

ソファーでしばらくいちゃいちゃして、
終了30分前のフロントコール。

帰り支度をして、下に降りるエレベーターの中でも抱き合い、
そしてホテルを出ました。

お礼メールで

「また中出しして。

たくさんエッチなことして。」

と言ってくれました。

また、会う約束をしたので、それが楽しみです。

ローションも買いました。

ブスな高齢おばさんは駄目ですけど、
美熟女マダムは良いですよ~

とってもスケベでテクニシャンですから。

若い娘には出来無い経験豊富なセックスが楽しめます。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: