FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

【熟女体験談】塾講師と生徒の猥らな話

kage

2017/01/14 (Sat)

私は地方で中・高生対象の学習塾の講師をしている28歳の独身男Kです。

昨日、同僚の女性講師6名&事務員1名の女性7人と男性私1人の8人で飲みに行ったんですが、

その時に聞いた14歳A君の生徒の信じられない猥らな話を聞き、

今日はその話を書きたいと思います。

塾のスタッフは、男性講師3名・女性講師(人妻8名・独身4名)12名と事務員3名がいます。

私と6名(人妻4名・独身2名)が中学生を担当しています。

昨日の飲みで、35歳の人妻の先生が酔った勢いで最近

「みんなどう?A君とは・・・」

と言い出しました。

女性達は

「K先生の前で・・・何を言い出すの?」

と言いましたが、

「K先生なら・・いいか?」

と言い出し遂には事務員(24歳)までもが・・

「私週2かな?みんなも週2だよね?」

と確認し始めました。

私は

「週2?・・何が週2なの?」

と聞くと、

「私達っていうか・・うちの塾の女性陣はみんな・・・A君のセフレなんだよねぇ~」

と言い出しました。

私は

「まさかA君とは・・」

と思いました。

彼は頭がよく、学校でも1番の成績で、身長は180cm以上あり、とても爽やかで真面目な生徒です。

私は

「ウソだろ?だってA君だよ。しかも14歳だよ。信じらんないよ・・・」

と俺は言ってましたがいろいろ聞いていると、みんな関係は半年ぐらい続いているようです。

私達の塾は夏休みになると、中2と高2を対象にそれぞれ別の場所ですが、1週間ほどの合宿を毎年しています。

私達中学生組はとある大きなキャンプ場で合宿をしました。

どうやらA君と先生達は、その合宿の時にからと言っていました。

A君は中1の頃から、友達のお母さんや近所の叔母さん達とヤリまっくってたようで、頭のいいA君はなんで合宿に・・・

参加しなくても大丈夫なのに・・と思っていましたが、Aくんの目的は先生達を・・喰っちゃう・・のが目的だったそうです。

中1の頃から人妻ばかり(30人)とやっていたら、人妻にはまったそうです。

人妻の先生(33歳・36歳・40歳×2)の4人をターゲットに残りの2人(26歳・29歳)はあわよくば・・という感じだったのですが、

A君は最初の2日であっさりと6人を喰ったあげくに、残りの4日間は夜から朝方まで先生達のロッジの部屋で7Pをしたそうです。

午前中は自習時間だったので、中にはその時間もA君の相手をしたことも・・あったそうです。

確かに、最終日の先生たちは、少しやつれ気味でした。

結局、6人はA君の虜になったようです。

それから、A君は塾で6人を屋上、トイレ、倉庫でやりまくった挙句、残りの先生~事務員と手を出し、合宿から帰って1ヶ月で、女性陣はA君の女になったみたいです。

うちの塾の女性陣はみんな綺麗で、スタイルも良く全員Dカップ以上です。

そんな大人の女性を虜にするA君は何がいいのか聞きました。

すると先生たちは、

「A君のあれが20cm以上でかなりの極太・・激しくて、回数も10回はできるみたいで・・

人妻とやってるだけあって、女の体をよく知ってるわ・・特に、ザーメンよ。

かなり濃くて、量が凄いんだから・・口に出されると、半分ぐらいは零れ落ちちゃうんだから・・・

14歳に逝かされるってのが、屈辱だけど余計に興奮するのよねぇ~」

と次から次にこの人達は・・完全に14歳の虜だ・・と思いました。

私は場違いだなと思いながら、トイレに行きました。

トイレで1人の先生にちょっといいかな?と言われ外に出ると今まで以上のショッキングなことを聞かされました。

その先生は、人妻で33歳で、実は私は、その先生の妹N(27歳)と突き合っているのですが、

「御免なさいね。最近、塾の帰りにN呼んで送って貰ってるんだけど」

と言われ私は

「最近そうみたいですね。俺は別にいいですよ、姉妹なんですから」

と言うと

「最近、主人が夜仕事になっちゃって・・」

と言っていたが、急に、もうこの際だからと

「実は、NもA君と・・私がいけないのよ。Nに送って貰う時ついでに、Aも一緒に送ったのがいけなかったのよ。

A君の家の近くの公園のトイレで障害者用の方で3Pしちゃって・・

最初、Nも嫌がってて、私止めたんだけど・・Nは1回やっちゃうと・・それから1時間はA君と嵌めっ放しで・・

それから、Nも呼んでたまにその公園で3Pを・・」

と言われました。

私は「そうですか」としか言えなく、頭の中は真っ白でした。

それでもまだ、

「ほんとにごめんなさい。Nはなんにも悪くないから・・女ならA君としたらみんなそうちゃうから」

と訳のわからない言い訳がはじまり・・私は

「もういいです」

と言って先に帰って行った。

未だに信じられず、胸に大きな穴が空いてる感じです。

Nとはこれからどうしていいのやら?

2人の両親は、2人が結婚すると思っているし・・


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: