FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】妻の陰毛を剃り落とした昔の話

kage

2016/11/13 (Sun)

妻の陰毛を剃り落とした昔の話です。

それは妻が三十二歳の初夏のことでした。

その頃、私の陰阜に毛虫がついのか痒かった。

その痒さが性交を通して妻の陰阜にも移ったらしく、妻もやはり痒いという。

私は「剃り落とそう…」と云って妻と一緒に風呂場にいきました。

当時の風呂は、まだ、五右衛門風呂でした。

私の男塊は、妻の恥部を剃り落とす好奇心で弾けそうに固く漲っていました。

風呂場に妻を立たせました。

妻は恥ずかしがりましたが、それを慫慂して石鹸を膨らみの丘に泡立てると、その泡が、黒い恥毛に馴染むように、しゅわ、しゅわ、と音を立てて塗り込み、一瞬にして白いスロープが出来上がりました。

私は、そこに密生していた黒い林の全部を、皮膚を傷つけないように慎重に反り落としました。

その黒い恥毛は剃り落されるのに、三分もかかりませんでした。

膨らみの丘に泡立つ石鹸を洗い流した私は、その変わり果てた膨らみの丘に視線が釘付けになっていました。

恥毛がそり落とされたところは青みがかっていましたが、真っ新らで、一点の曇りもない少女のような白い恥丘に変わっていました。

その丘はこんもりと盛り上がっていて、真ん中に薄いピンク色の恥裂が割れて走っていました。

産毛一本も生えてなく、つるりとしたた美しい少女の陰阜の丘に変身して現れたのです。

赤い恥裂は会陰部まで続いているのが見えました。

ツルツルになった膨らみの丘に指を当てて見ました。

指先を少し膣口に差し込むと、その恥裂は、もうたっぷりと潤い溢れていましたが、括約筋がいち早く収縮して、そこがいかに女の敏感な部分であるかを教えていたのです。

もう少し指を押し込んでみると、狭く小さな膣口は頑固に拒もうとしました。

お尻に手を回して見ると、そこは白く輝く半球形のヒップが、固さの中にも柔らかく膨んでいて、可愛いい少女のお尻のように見えました。

妻は、恥じらいながらも、私にそこらを見せてくれました。

私は凄く興奮し、男根から液が弾け出そうなのをグット我慢していました。

風呂場から出た私は、妻とともに全裸のままで寝床に横たわりました。

妻を仰臥させ両脚を拡げて見ると、少女のような恥毛のない陰阜が、大の字になった妻の太腿の付け根に浮かび上がってきました。

その恥部を愛撫し、潤んだそこに、強張った男塊がその花園に吸い込まれていったのです。

剃り落としてから一週間が過ぎていました。

妻は膨らみの丘がチクチクするという。

仰臥させて白いパンティをづり下げて見ると、その丘一面に約二ミリ程度の黒い芽が頭を出していました。

陰毛のない恥裂を拡げてみると、ピンク色の小さな突起が頭を覗かせていました。

それが恥毛のない谷間に埋まる女の敏感な蕾なのでした。

私は、芽生える恥毛の痛さから、恥骨や陰阜を擦りつけないように肘を立てて、ゆっくりと静かに律動を繰り返し、妻を昂ぶりに誘い込んでいくのでした。

剃り落としてから三週間が過ぎていました。

妻は、社内試験の第一関門突破して第一次合格し、気分良く浮き浮きしていました。

その夜、その気分に浮かれた妻は、両脚を大きく拡げて応じてくれました。

陰毛は五ミリ程度一面に伸びていました。

その夜も恥裂を拡げて跳びだした突起を見つめていると、妻の外側の厚い肉襞がぷっくり膨らんできて、そこが、次第に沼地となって濡れて、その沼地に男塊がめり込んでいきました。

その夜も、陰毛が多少芽生えてはいるものの、まだ、擦れ合う少しの痛さがあって、恥骨と恥骨を擦らないように腰を浮かせながら、静かな躍動を繰りかえし果てていったのです。

剃り落としてから一ヶ月が過ぎていました。

三歳の子供が眠ったのを見届けてから、妻の下着の全部を剥ぎ取って、薄明かりに膨らみの丘を眺望しました。

剃り落とした陰毛は、もう一面に黒く生え揃っていました。

そのためその夜は、恥骨と恥骨をぴったりと合わせて律動を繰り返しても、陰毛は伸びていて、私はもう芽生える陰毛の痛みは感じませんでした。

女は男にされるままにからだを投げ出して、快感の宙を彷徨っているのでした。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する