FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】妻との変なH

kage

2016/11/05 (Sat)

36歳のサラリーマンです。

最近妻とのチョットアブノーマルなHにはまってます。

妻は35歳。

子供を2人産んでおりますが、体系が崩れる事もなく、美人系の妻は20代後半から30歳位にしか見られません。

SEXは週1回?2回くらいくらいです。結婚して7年にもなり、SEXも倦怠気味。。。と感じ始めた昨年暮くらいから、色々なHに挑戦しております。

最近の一番のお気に入りは放尿プレーです。

ある日子供が寝静まった後に久々に一緒にお風呂に入ることにしました。

身体を流した後で

「あ、トイレに入って来れば良かったぁ、どうしよう。。。」

というので、

「ここですれば?見ててあげるよ。」

と言うと、

「いやぁだぁ?、恥ずかしいし、汚いじゃないのぉ。お風呂出るまで我慢しよ。」

との拒絶反応。

私は最初半分冗談で言ったつもりだったのですが、そのシーンを想像したとたんにどうしても見たいという衝動に駆られました。

「お願い!見せて!」

と言うと、

「えー、どうしよう。人になんか見せた事ないし、だいたい緊張して出ないよ。」

と言いました。

「頑張ってみて。。」

と懇願すると、

「まったくしょうがないんだからぁ。」

と了解!

彼女を床に座らせて脚をM字に開脚して待つ事1分位。

「・・・・」

割れ目の中から(ちょろっ)て感じで出ました。

そしてSTOP。

「やっぱ、こんな格好じゃ無理よ」

と妻は言うもののどうしても勢い良く出るところが見たく

「頑張って出して!」

と再び懇願。

彼女の秘部は良く見ると少し腫れぼったく膨らみ、割れ目の下の方に白濁した液体が。。

彼女はどうも緊張より、興奮して出ないようです。

そっと割れ目を手を触れると

「あ、出そうよ、・・・」

その直後(シュル、シュル)そして(ジャー・・・)彼女が無性にいとおしくなり、覗きこんでいた顔をそのまま彼女のおしっこの迸る割れ目に押し付けていました。

「あっ、駄目!汚い…あぁぁん…」

でも拒否もしませんでした。

おしっこも止まりませんでした。

その時何故そんな事したのか自分でも判りませんでしたが、その後のSEXはいつになく2人共燃えました。

それ依頼、彼女がいとおしくて堪りません。

当然、彼女には時々放尿を見せてもらってます。

相変わらず、

「えー恥ずかしいからやだぁ。。。」

と言いますけどね。(^_^)

——————————————————————————–

妻とはその後、充実したSEXライフを送っておりまして、最近では妻がセクシーな下着で兆発してくる事もしばしば。

ちょっと濃い目のヘアーが気になるようで

「はみだしてるとカッコ悪いかしら」

というので

「処理して見れば?」

と私が言うと、

「自分では難しいのよねぇ」

そこで私が

「じゃ、俺が処理してあげるよ。」

ということになりました。

さすがに私もT字カミソリは傷つけるのが怖いので女性用のシェーバーを使用しました。

土手の部分を最初にセクシー下着に合わせて幅3cmくらいに剃り、下の割れ目の周りは“つるっつる”の状態にしました。

今まで気にした事はないのですが良く見るとかなり内側の柔らかい部分にも生えているようなので割れ目を広げシェーバーを当てようと・・・・

ビックリしました。

彼女の秘部は愛液にあふれて小陰唇、クリトリスも膨らんで凄い事に。

私はシェーバーの本体を縦に割れ目にそっとあてがいました。

すると彼女は

「あー凄くイイイーー!」

それ以来彼女はすっかりシェーバーバイブの虜になっております。

又、彼女はつるつるになったあそこが今まで以上に感じるようで、ローションをたっぷり塗った手で丹念に愛撫してあげると、感じまくり腰を振って喜びます。

先日は少しヘアが伸びてきて、チクチクすようなので、又シェーバーでソリソリしました。

例によってまたぐちょぐちょになり、彼女の要請で20分くらい続け、穴に2本の指を入こねくり回すと、ビクンと痙攣していくのと同時に潮まで吹きました。

「イヤーン、はずかしー!」

と叫びながら1m位はピュッ、ピュと撒き散らしました。

初めての経験にお互いビックリ。

でもお風呂場で良かった。

ベッドの上だったら大変な事になってました。

今度、本格的にピンクローターに挑戦してみようかと思ってます。

妻はいやだって言ってますけどね(^o^)/


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する