FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】また出来る事を夢見ながら・・・

kage

2016/10/08 (Sat)

幼稚園の行事の打ち上げで父母に先生達で飲む機会がありました。

いつも挨拶位しか交わさぬママさんとも仲良くなり意気投合して3次会にはみんなバラバラになり僕とH美さんとS子さんにY先生の4人で居酒屋の掘りコタツの席に座りました。

始めは園児の話や誰々さんの悪口に花が咲いていましたが徐々にエッチな話になっていき、しまいに「旦那さんはどんなSEXが好きなの?」なんて話になりました。

酒の勢いもあり気持ち良く口が開き「女房とは普通のSEXなんだけど本当は攻められたいんだよね、幼児プレイじゃないけど、甘えてみたいんだ。」なんて言ってみました。

すると、「じゃぁ私と相性がいいわよ、私男の感じる顔見てるとすっごく感じるの、」正面に座ってるS子ママがいいながら足を僕の股間に押しつけてさすり出しました。

隣のH美さんが「じゃぁ今夜家に来ない?私もS子ママに攻められたいし・・。」

何だかビックリするような展開にY先生が

「S子ママはバツイチだから体が疼くでしょ?」笑いながら核心を付くような話で完全にみんな欲情した感じになり、さっさとタクシーでH美さんの家へ来てしまいました。

するとS子さんが「今夜は朝まで飲みましょうよ、」なんて期待した僕をムシして酒盛りが始まりました。しかし徐々にS子さんが僕を整閤・にし(注少し文字化けしてますなあ)

「期待してたんでしょ、本当はHしたかったんでしょ?坊や」

「坊や」と言う言葉にだんだん素直になり「はい、Hを期待してました」

自分でも不思議なくらい素直に成っていきました。

Y先生は僕より2つ年下ですが「ダメでしょ、イイ子にしてないと・・。」なんてからかいながらイヤらしい顔付きに変わって来ました。

「H美さん、坊やがいい子になったからご褒美を上げて」

するとブラウス越しに豊満なおっぱいを出し「はい、ご褒美よ、好きなだけ舐めてごらん」

むしゃぶり付くように僕はH美さんのおっぱいを舐めているとS子さんとY先生も入ってきて、あっと言う間に裸にされ仰向けに寝かされて代わる代わるおまんこを舐めさせられフェラされて騎乗位でイカされました。

もう後はY先生が僕のアナルをいじったりH美さんが顔に乗ったりとS子さんは逆に自分のアナルを僕に舐めさせたりと自分達の欲求処理に使われて4回位イカされました。

一人帰り二人帰ってH美さんと二人になったら「たまにこうして誰かを連れてきて3人で遊ぶのよ」と聞かされました。

そして「あなたまたしたい?」

「もっもういいです。」

精も魂も尽き果てた僕はゆっくり起きて服を着ようとしたら「何だかまたしたいわ」と僕のを扱きだし半立ちのまま上に乗って来て自分だけいってしまい、そのまま僕の顔に跨り両足でがっちり顔を押さえ放尿しだし無理矢理飲まされました。

しょっぱくて酒臭くて喉を通らずに息も出来ず死にそうになりましたが、その顔を見るのが好きだと言ってました。

僕は放尿はイヤですがおっぱいが大きくてお尻も丸くて愛くるしい顔のH美さんは好きなので、もし二人っきりならまたSEXしたいなぁと伝えて帰って来ました。

また出来る事を夢見ながら書きました。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する