FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】スーパーマーケットでレジで働いている熟女と話をするようになって

kage

2016/09/24 (Sat)

俺の近くのスーパーマーケットでレジで働いているF恵さんは55歳。

俺はそこへよく買い物に行く。

特にそのF恵さんと話をするようになってから、少しづつ買い物をする。

其の度に話ができるからだ。

レジに行く時、客がレジにいないことを確かめてから行く。

そうしているうちに、俺は休みの日にドライブに誘った。

もちろんSEXを期待して。

レジにいるF恵さんはいつも股上の短いジーンズが肌にぴったりとしたもので股間に食い込んでいる様と大きな胸がシャツを破けそうな位盛り上がっている。

お金を払う時俺は用意していたメモを出し「後で呼んで電話してと付け加えた。

その晩9時ごろ電話が入った。

「いつも買い物に来てくれてありがとう。

まさかこんなおばさんにお誘いの話をもらえるなんて???冗談でしょう?」

と俺は言った。

「ご主人に叱られますか?」

と聞くと「主人なんていないわ。

もう14年前に離婚しています」

と。

俺は小踊りした。

「じゃあぜひともデートしてください。

俺もだいぶ前離婚してひとりなんですよ」

と言うと。

「あらおなじ境遇なのね。」

と。

ようやくOKしてもらった。

その日俺は前日車をきれいに洗い、彼女を迎えに行った。

その日は白い綿パンを穿いていた。

大きなお尻が綿パンからはみ出しそうでお尻の割れ目に食い込んでいた。

ピンクの柔らかい生地が彼女の大きな胸をよりおおきく見せていた。

信号で止まっタ時おれはF恵さんの手を握ると軽く握り返して来た。

車の中ではいろんな話をした。

昼食は彼女の手作りのお弁当を食べた。

そろそろホテルに行くための前準備をしなければと話の節々に彼女への思いや一人身の寂しさ、男やもめの男性の性欲を語った。

「男性ってそうなんですね。

可愛そう。

俺は考えていた言葉を彼女の目を見つめていった。

「俺が買い物に行く日はどうしても我慢出来ず、精子が溜まりきった時、F恵さんとスーパーで少しお話して、その時のF恵さんのボデーを想像しながら、布団に入り一人、いろんな妄想をしながら、オナニーをしています。」

と言うと、彼女はびっくりして

「えっ?私をですか?・・・本当?」



「正直に言います。

俺、是非F恵さんを抱きたい。

もっと正直にいえばその短パン、セーターに隠れているF恵さんの裸を思い切り愛したい」

と言った。

彼女はしばらく黙っていた。

そして・・

「判ったわ。

・・・行きましょう」

と言ってくれた。

俺は車を発車させた。

妄想を来る返していた、念願のホテルに車を入れた。

ドアを開けると大きなダブルベットと怪しいばかりのライトがともっていた。

俺はF恵さんを抱きしめ唇を奪った。

F恵さんは俺に身体をあずけるようにもたれかかって来た。

舌を入れた。

F恵さんは俺の背中に両手を廻し、小さく喘ぎ声を発した。

俺はF恵さんにシャワーを浴びて来るように言った。

時を見計らって俺は全裸になって浴室のドアを開けた。

F恵さんはシャワーを浴びていた。

大きなお白とおっぱいが目に入った。

F恵さんは身体を小さくして恥ずかしそうにしていた。

俺のペニスをすでにピンピンになっている。

それをあえてF恵さんに告げた。

「ここが一番正直になっているでしょう?握って・・」

というと黙って軽く握ってくれた。

俺は腰を突きだした。

彼女は黙っていた。

俺は無言で彼女を浴室の壁に後ろ向きに立たせ、俺は後ろに回り、両手で彼女の腰に手を当てお尻を突き出すように引いた。

彼女も俺の真意が判ったのかお尻を突き出してくれタ。

股間から陰毛が見えた。

俺は彼女の秘部にペニスの先端をあてがい腰を口出した。

するりと根元まで挿入された。

彼女は、

「はあ・・」

と声にならない呻きを言った。

俺はピストンを始めた。

次第に彼女はお尻を突き出して来た。

逝く寸前には

「いいよ。

すごい。

気持ちいい。

もっと奥まで・・もっと突っ込んで・・・気持ちいい・・」

とはっきりした口調で言った。

それがスイッチになったかのようになんども射精をした。

ドクドクとそそぎこまれる俺の精液。

自然に彼女のなかから俺のペニスを押し出されると、彼女は俺の前にしゃがんでソープで洗ってくれた後パクリと咥えてくれた。

ギンギンになった時

「続きはベットでして・・・」

と。

ベットに仰向けになってM字に両足を開いてもらうと彼女の陰毛には何本か白髪が交じっていた。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する