FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】6年前に知り合い疎遠になった美形の女性と会う口実ができ・・・

kage

2016/09/12 (Mon)

僕は30歳の妻帯者。

いま付き合ってるSFは志保子という48歳の○○生命の保険外交員。

旦那も、独立した子供もいるオバさんだけど、顔とスタイルが坂口良子似で熟女好きにはたまらない。

知り合ったのは6年前。

もともと僕は彼女の友人・優子(志保子と同い年、バツ1)とSF関係で、紹介で保険に入ったりした。

当時は志保子にも別のSFがいたりして4人で何度か遊んだりしていたが、その頃から美形の志保子のことが気になっていたしひそかに狙ってた。

時が経ち僕達は別れ優子は別の男と再婚、僕も今のカミさんと結婚。

志保子とも縁遠くなっていたが、好機が訪れた。

優子から携帯になんどかTELが入ってきた。

再婚相手と折り合いが悪くそれに僕のことが(エッチが)忘れられないから会ってくれという。

正直めいわくな話だったが、これは志保子に会える良い口実ができた。

早速○○保険にいる志保子にTELし相談に乗ってもらいたいと頼む。

志保子はすでに優子から相談を受けていたようで、しきりに優子と会うよう説得してきたが僕は頑として会わないという。

僕と優子の間に志保子が入ったおかげで志保子とお茶する機会がもてた。

『優子に一度会ってあげてよ。』

「やだ。もう彼女とはおわったし、今の彼女には会えない」

『結婚したから浮気はしないってこと?』

「相手によるって事だよ。ところで志保子さんはもうしてないの」

『いまは旦那だけ。もう相手してくれる人もいないよ』

「そんなことないでしょ。志保子さん綺麗なとこ全然かわらないし・・・」

言葉を選んで志保子を持ち上げ、やりたい光線を出しながら本心をさぐる。

まんざらでもない様子。

誘いをかける。

「志保子さん、これからドライブでもどう?もっと話ししたいし」

すると

『いいよ。』

の返事。

この時ほぼ確信した、ヤレる。

僕の車に乗りどこへいきたいと尋ねる。

すると

『どこでも良いよ』。

すぐに応えた

「俺、ホテルいきたい」

少し驚いたそぶりを見せたが

『大人だもんね』

と笑顔でこたえた。

キスは濃厚だった。

舌と舌とを絡め息もできないほど味わった。

すでに志保子の瞳はウルウル。

スカートだけ脱がせパンティーの上から触ったオまんこはビチョビチョ。

しかも今まで嗅いだことの無いような強烈な刺激臭を発していた。

グチョグチョと音も凄い。

「志保子の臭いオまんこからいっぱい汁が出てる。部屋中におってるよ」

『あぁ~、やめて。恥ずかしい。でもやめないで~。』

スキモノだ。

しかもMっ気もありそう。

SEXは調教じみた感じにもなった。

クンニはせずにフェラをやらせる。

年のワリには下手。

歯が亀頭にあたって痛いがMの僕には余計いい。

そして挿入。

僕はチロウなのでさまざまな体位でとにかくつきまくった。

志保子のあえぎ声は綺麗ではない。

うめき声に近いがすこし苦しんでいるような恍惚の表情が、6年かかってやっと手に入れた獲物、という充実感でたまらない。

僕が1度イクまでに志保子は4回イッタ。

風呂に入って浴槽内で彼女が1回、出てきて更なるプレイで2回いった。

見かけの派手な彼女だが男性経験は旦那を入れて過去4人、その中でも僕は群を抜いて良いそうで、僕もSEXの相性がこれほど合う女はいなかった。

翌日、電話が入り優子には僕のことをあきらめるよう説得したそうだ。

そしてこう言った。

『ねぇ、今度いつあえるの?』

ぼくも志保子のからだにはまった。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する