FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】主人との駐在地で主人のクライアントと

kage

2016/08/21 (Sun)

いまは、日本に帰ってきましたが、4年前の帰国まで3年間主人の海外駐在に同行して中東のほうにいました。

いまは、38歳になる人妻です。

主人は、仕事柄出張もおおく、もともと外国人に興味あったこともあり、また結婚まえに、すこし隠れて外人と経験もあったことを思い出して、主人のクライアントのイラン人に脚をひろげていました。

いけない人妻ですよね。

それも、親子で、、父親のほうは、50歳を超えているのに、何度も何度もできるほどで、、

息子さんは、24歳ですが、あそこの大きさ、固さ、、それは、もう病みつきになりました。

いけないとしりながら、、主人が、家をあけることをまって、、そのたびに、、黒光りした肉棒を、、

はじめて主人の取引先の社長のアラブ人の方にお会いしたのは、その方が主催するPARTYでした。

赴任したばかりの主人に同伴してEVENING DRESSで出席しました。

とても大きなおうちで、招かれた人数は、50人以上いたでしょうか。。

PARTYが、進むにしたがってお酒に弱い主人は、仕事のつかれもともなって、ダウンしてしまい、社長の計らいで、2階のゲストルームで休ませてもらうことになり、社長とともに主人をベッドに横にしました。

主人は、一度眠るとなかなか目をさましません。

社長は、英語も堪能で、、会話も上手で、、いまおもえば、最初から私を欲しがっていたようです。

わたしもそのりりしいいでたち、そして、きっとすばらしいとおもう、、あれです。。を想像して会話をしてました。

いけない妻ですね。

社長は、部屋でまっていても退屈でしょうから家を見せましょうと。。

案内をしていただき、2年前に無くなった奥様が、もっていたというドレスのコレクションをみせてくださいました。

おおきなドレスルームで、主人のねむっているゲストルームのとなりにありました。

お部屋の真ん中にソファーが二つもあり、まわりが、ドレスがいっぱいでした。。

気に入ったものあれば、夫人が来ていない新しいものもあるのでプレゼントするといわれ、断りましたが、断るのは、この国でいけないこと、、といわれ、ご想像のように、着てみるようにいわれ、一着真っ赤なドレスをきました。

そのとき、いきない、抱きしめられ、キスを、、そのあとは、もう、、ソファーにすわらせて、、ドレスのすそをあけられ、脚をおおきくわたしが、鏡にうつっていました。。

社長は、わたしのPANTIESの脇から、、汗で濡れた、、そして、液でぬるぬるの、、PUSSYを、、それは、じょうずに、、LICKしてくれました。。

久しぶりの感覚です。

すぐにいってしまいました。

眠っている主人の部屋の隣りで、取引先の外国人の社長さんと。。。

そして、、いったばかりのわたしに、それは、おおきく、かたく、浅黒い、、肉棒を、、社長は、いっきに、、差し込みました。。

その感覚は、いまでも覚えています。。。

そうして、、なんどもなんどもいかされました。。

そのお部屋は、主人の部屋とインドアでつながっていて、、いたずらな社長は、インドアをあけて、主人の寝顔をみせながら、わたしを、、バックから、、すごい快感でした。。。

いけないですね。。

そうして、その方との関係は、はじまりました。。。

そして3年間、、いっぱい、、、


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する