FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】バイト先で見た、美人若妻とインストラクターのエッチなマッサージ

kage

2016/05/11 (Wed)

田舎のスポーツジムでバイトしてて
プールの担当をしてました

といっても、プロでも体育会水泳部でもない俺は、
インストラクターじゃなくて裏方。


窓口事務とか施設の掃除とか
道具の出し入れとか、言ってしまえば雑用係だった。


うちのクラブ、競技会に出るような
本格的な奴もいたが、
日中は基本的に年寄りと主婦や熟女、
それから妊婦とか乳幼児向けの教室が中心。


夕方になると学校帰りの餓鬼、
夜は会社帰りの勤め人が多かったな。


施設自体は朝から深夜まで開いてて、
裏方バイトは基本的に2交代制。

当時学生だった俺は、
夕方から深夜の時間帯に入ることが多かった。


直前に大学の授業がない日は早めにクラブに行って、
仕事の引き継ぎ時間まで筋トレのマシンで遊んだり、
倉庫で昼寝したりしてた。


俺が愛用してた昼寝スポットが第2倉庫だ。


長椅子とか大型のマットとか普段使わない
器材が収納されてて、それなりに広い。


月1回の記録会とか行事の前じゃないと
人が出入りしないから静か。


室温も一定だし、湿気が多いのと
少し塩素臭いのを我慢すれば昼寝には最適だった。


その日も俺は少し早めに来て、
第2倉庫で寝てた。


記録掲示ボードをパーテーション代わりに
並べて部屋の奥にスペースを作り、
大型マットを何枚か積み上げてベッド代わりにして、
俺なりに快適空間を創出。


いい気分でまどろんでたら倉庫のドアが開いた。


「ん?」

寝ぼけ眼で顔を上げたが、
パーテーションが邪魔で見えない。


「大丈夫ですか?すぐにマット敷きますから」

インストラクターの安倍さんの声だった。


安倍さんは学生時代に国体で
上位入賞の経験もある有力選手だったが、

ケガで一線を退いてインストラクターに転向した。


20代半ばくらいで、
バレーボールの中垣内の現役時代みたいな
イケメン爽やか系スポーツマンの典型。


主婦層を中心に生徒の人気も高かった。


「すいません。

迷惑かけちゃって…」

女の声だ。

寝床のマットで伸び上がり、
掲示ボード越しに覗き込むと、
安倍さんの受け持ちクラスに通ってる生徒さんだった。


名前は覚えてなかったが、
ちょっと目立つ人だから顔は知ってる。


「上戸彩の10年後」って雰囲気の、感じの良い美人若妻さんだ。


その生徒さん…仮に「彩さん」と呼ぶが、推定30代前半。


平日昼間のコースってことは主婦だと思う。


そういや俺が窓口応対した時、
「うちの子が…」とか話してた気もするな。


うちのクラブじゃ水泳中は
スポーツ用メークも遠慮してもらってるんだが、
基本スッピンであれだけ整った顔立ちってことは、
地が美形なんだろう。


その彩さん、肩を借りて部屋に入ると、
安倍さんが敷いたマットに腰を下ろした。


どうやら水泳中に足がつったらしい。


あれって痛いんだよね。


安倍さんは手慣れた感じで
足首を固定するとすっぴん若妻をマッサージを始める。


倉庫にはゴチャゴチャと物が置いてあるから、
パーテーション越しに覗き込む俺に2人とも気付いてないらしい。


「伸ばしますよ。

痛かったら言ってくださいね」


「はい…あつっ!」

白い肌に淡いブルーの
競泳用水着がよく似合う彩さんは、

中肉中背だがメリハリがあって、
なかなかのスタイル。


長く伸びた足は程よいムッチリ感で、
熟女趣味じゃない俺も思わず見入ってしまった。


彩さんは仰向けになって上体を起こし、
脚を投げ出すような姿勢。


その脚の上に安倍さんが腰を下ろして、
柔らかそうな肉をリズミカルに揉んでいく。


スネとふくらはぎ、膝の周辺から太股へ。


太股…というか内股はやけに念入りだな。


「へぇ、あれも役得かぁ」

なんて思いながら息を潜めて眺めてたんだが、
何となく変な雰囲気になってきたのに気が付いた。


「脚の付け根がパンパンに張ってますね。


力を抜いてください」

安倍さんは優しく声を掛けると、
太股の最上部

競泳水着の股の部分を
両手で押さえるようにマッサージ

「はい…」

心なしか上ずった声の彩さん。

白い肌が紅潮してきた。


それにしても、俺の角度から見たら太股を揉む安倍さんの人差し指、
水着越しに彩さんの微妙な部分に当たってるような

股肉を絞り上げるようにしながら、
股間に触れた人差し指がクイクイッと動いてるし。


そのたび彩さんは顔を背けて耐えてる風だが、
嫌がってるわけじゃなさそうだ。


ここで『ども~っ』とか言いながら出ていったら

なんて野暮はしない。


部屋の奥で俺が息を殺して見てるとも知らないで、
安倍さんは反対側の脚に乗り換えると
同じようにマッサージを始める。


今度は体の陰になってよく見えないが、手が太股の部分に来ると、
やっぱり彩さんは頬を赤らめて大きく息を吐いてた。


「じゃあ、簡単なストレッチしますね。

横になって」
「あ、はい…」
マットに仰向けに横たわった彩さんが片足を折り曲げ、
それを抱え込むように安倍さんが体重をかける。


伸ばして曲げてと何度か繰り返すうち、彩さんがモジモジしてるのが分かった。


何してんだ?ここからじゃ安倍さんの体が邪魔で見えない。


安倍さんて身長が185センチくらいあるし、
今もガチガチに鍛えてるから肩幅も半端なく広いんだよな。


反対側の脚のストレッチになって、ようやく見えた。


彩さんの脚を抱えて体重をかけながら、安倍さんの手は彼女の股間にフィット。


「はい、息を吐いて…」なんて言いながら、水着越しに股間を愛撫してた。


親指、人差し指、中指の3本で摘むような押し込むような感じで揉むと、
彩さんは言われた通り(?)に「ああ…はぁ~ん」と甘い息を吐く。


「じゃあ、今度は足を伸ばしてストレッチいきます」
彩さんは仰向けのまま、安倍さんは彼女の伸ばした足を抱えるように開脚ストレッチ。


さすが女は体が柔らかい。

俺だと裏腿の筋が3本くらい切れそう(笑)。


安倍さんが軽く体重をかけると、彩さんが顔を小さく左右に振って「ああぁぁ…」。


ん??と思ったら、これも反対側の脚に移った時に事情が分かった。


安倍さん、体重をかけながら体を支える振りして、
仰向けになった彩さんの胸にごく自然に(?)手を置くと、
指の横腹で水着越しに乳首のあたりを擦るように刺激してた。


広げた股間はといえば、安倍さんが自分の下腹部を押し当てて微妙にグラインド。


そのたび彩さんの口から切なげな声が漏れる。


安倍さんも競泳用水着だったが、ブーメランの前ははち切れそうに膨らんでた。


水着越しにも分かる膨らみで股間を擦られた彩さんは、快感と興奮で恍惚の表情。


体勢だけなら松葉崩しか何かでハメてるように見える。


熟女趣味はないと言った俺も、この光景にはさすがに勃起したわ。


「仕上げに上半身もマッサージしましょう」
彩さんをマットに座らせると、安倍さんが背後に回って肩や腕を揉み始めた。


彩さんはまだ息が荒くて、頬も紅潮してる。


普通にマッサージしたり腕を後ろに回してストレッチしたりしながら、
安倍さんは硬くなった自分の股間を彩さんの背中や肩に押し付ける。


彩さんは嫌がる素振りもなく、うっとりした表情だ。


「水着、邪魔だから肩だけ外しましょうか」
「え…でも…」
彩さんがチラリとドアの方に目をやる。

安倍さんは小さく頷くとドアの内鍵をかけた。


これで完全に密室…というか俺がいたけどな。


安倍さんは水着の肩ストラップに手をかけると、手早く彩さんの腕を抜く。


両肩むき出しの彩さんは、恥ずかしそうに下を向いたままだ。


安倍さんは慣れた手つきで腕を揉み上げながら、もう一方の手を彩さんの胸元に。


最初は水着越しに全体を撫でたり乳首のあたりをクリクリしたりしてたが、
やがて指先を水着に差し込み、そのままペロリと上半身の布地をめくり下げた。


あまりに自然なんで、覗いてる俺も「えっ?」って感じだったな。


彩さんも「キャッ」なんて言いながら、水着を直そうともしなかったし。


上半身裸でマッサージ(というか愛撫)に身を委ねる彩さん、
競泳用水着越しにも大きめと分かる胸だったが、実際の生乳も迫力十分だ。


大きさはDかEだと思うが、いい感じの熟れ具合というか、
丸くて柔らかそうなオッパイの先端で微妙な色合いの乳首がツンと上を向いてる。


安倍さんが背後から乳房を揉みながら乳首を指先で摘んで刺激すると、
彩さんも完全にその気になったらしく「ああ…あああぁ」と声にならない声を漏らす。


安倍さんの水着の腹の部分からは黒くて長い棒がニョッキリと顔を出してた。


彩さんは手探りで勃起を握ると、くるりと向き直ってブーメラン水着をずり下げ、テカテカ黒光りする亀頭をゆっくり口に含んだ。


安倍さんのチンコ、何というか…立派だったな。


長さ自体は20センチに足りないくらいだと思うが、太くて人並み外れたカリ高。


しかも角度が凄いし。

彩さんもデカい亀頭を咥えるのが精一杯って感じだ。


根元にぶら下がってる玉袋もずっしり重量感がありそうだった。


安倍さんは再び彩さんをマットに横たえると、
手早く水着を引き下げ、サポーターと一緒に脚から抜いた。


彩さんの体のライン、全裸でもきれいというかエロかった。


シモの毛は手入れしてるのか、中央部分に行儀良く生えそろってる。


マット上で抱き合って濃厚なキスを交わす全裸の2人。


さっきまで受け身だった彩さんの方が、積極的に舌を絡めてる感じだ。


安倍さんはプリンのようにフルフル揺れるオッパイを味わいながら、
彩さんの股間に指を這わせる。


「いや…ああん」と悶えながら、自分から股間を指に押し付ける彩さん。


指を出し入れすると、ピチャピチャとエロい音がここまで聞こえてきそうだ。


「ねえ…どうして欲しい?」
安倍さんの意地悪な問いに、彩さんは口を半開きにしたまま顔を横に振る。


にこりと笑った(こっちからは見えなかったが)安倍さんは、
正常位の体勢になって彩さんの両脚をグイッと広げ、そのまま黒い棒を挿し込んだ。


「あ”あぁぁ~」悲鳴にも似た彩さんの声。


この倉庫、プールサイドの事務スペースと反対側にあって、
前を通る人はほとんどいないんだが、それでも外に聞こえやしないか、
覗いてる俺が心配になった。


マットの上で全裸になって股を広げる清楚で妖艶な美人妻に、
巨大チンコを挿入してダイナミックに腰を振る筋肉インストラクター。


他人のセックスを生で見る機会なんてそうないが、安倍さんのは迫力満点だった。


とにかくガタイがあるし筋骨隆々だし、動きの一つ一つが「体育会」。


あれを見たらAV男優なんて、少なくとも見た目は小人のお遊びだな。


彩さんも決して小柄じゃない(163センチくらい)のに、
座位になって激しく腰を上下させながら、首にぶら下がるように唇を求める姿は、
完全に「支配下に置かれた牝犬」って感じだ。


いつもの清楚なイメージからは想像もつかないわ。


座位と正常位でイカされまくって放心状態の彩さん。


しなやかな肢体をくるりと裏返して四つん這いにさせると、
安倍さんは尻を高く持ち上げ、今度は後背位でズブリ。


いや、彩さんのヒップ、白くて丸くて可愛いんだわ。


あれが30代の尻なら、熟女趣味に転向してもいいなと思ったくらい。


ギンギンのチンコを挿し込まれた瞬間、彩さんは「ヒイイッ!」と声を上げる。


両乳房を捕んで乳首を刺激しながら、腰をガンガン打ち付ける安倍さん。


彩さんは泣いてるような笑ってるような、白目を剥いて正気を失ったような表情だ。


「奥さん…イキますよ!」
「来てぇ…ちょうだい!」

確かに正気じゃない。


安倍さんが腰の動きを早める。


すっぴんの彩さんはマットに
突っ伏すような体勢で背筋を弓なりに反らし(←変な表現)、

「クゥーン」と犬のような声を上げて全身を何度も痙攣させた。


彩さんの尻を両手で抱えたまま、安倍さんの筋肉質の尻がビクンと脈動する。


『うわあ、中出しだよ』俺は激しく興奮しながら感心してた。


それから5分くらい、彩さんは四つん這いのまま精根尽き果てた感じだった。


時間にしてエッチだけなら30分くらい、
マッサージを入れても45分かそこらだと思うが、完全に陶酔状態だったな。


股間からドロリと流れ出る愛液とザーメンがエロさを増幅する。


安倍さんに「さ、そろそろ行きましょうか」と声を掛けられて、
ようやくけだるそうに水着を着けた彩さん。


部屋を出る時に彼女の方から安倍さんに抱きついて、
無茶苦茶エロいキスをしてたのが印象的だった。


俺はと言えば、覗きながらその場で音を立てるわけにもいかないんで、
2人が部屋を出てからトイレに駆け込んで2発ほど抜いたのは言うまでもない。


おかげで引き継ぎに少し遅刻しちまった。


引き継ぎを終えて窓口に入ったら、着替えを済ませ、
化粧をした彩さんが帰るところだった。


化粧した顔を改めて見たら、
確かに清楚な美人若妻だわ。


いつも通り「お疲れ様でした」とあくまでも事務的に声を掛けたら、
にっこり微笑んで「どうも」と会釈してくれた。


目が少し潤んで、頬が赤かったのは俺の気のせいだろう。


安倍さんはといえば、普段と全く同じように夜のコースの指導に入ってた。


あれだけ激しくハメたら、俺だったら1時間は動けないところだが、
さすがに鍛えてるんだな、と感心した


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する