FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【人妻体験談】わざと妻を寝取らせたら獣のような声をあげて喘いでいたエロ体験談

kage

2016/04/12 (Tue)

私は長野県で酒屋&コンビニをやっているたけちゃんと申します。


昔から細々と父がやっていた酒屋をコンビニにして妻と二人でやっています。


今は父も無くなり二人でコンビニを深夜はやらずに営んでおります。


私は46歳、妻は45歳、子供はおりません。

私の友人からもお客さんからも、


妻は高島礼子にそっくりだと言われています。


男性のお客さんが「好きな人いないなら、付き合って下さい」


と真剣に誘って来る人も多いと聞いています。


妻は貞淑というか堅物というか、お世辞よ と相手にしません。

妻の病気の関係で子供はできなくなりましたが、夫婦仲良くやっております。


夕方から週3~4日入ってもらっている大学生のK君は静岡出身で、


弓道をやっている為か非常に均整のとれた体型で好青年であったため、


普段から妻ともいい子だと話し合っておりました。


いっしょに仕事をしていた時、K君の視線が妻のお尻や胸によく行くことがあったのですが、

それでも若いからこんなおばさんにでも目が行っちゃうのかなと思っておりました。


その後、妻が実家の母に会いに行った時にKくんを誘い、仕事の後家で二人で食事をしていた時のことです。


二人で少し酔っぱらった時のこと、室内に干していた妻の下着にK君が何度も目をやっておりました。


私は「おい、K君!あんなおばさんのブラに興味があるのかい!」とからかい半分で言ったところ、

K君はうつむいて黙り込んでしまいました。

もしやと思い、色々聞き出すと、K君は本当に妻に興味があるようでした。


色々聞き出すと軽く酔っているせいか色々と話し出したのです。


大きな胸の谷間を見たときから、仕事中はついつい妻に目が行ってしまうこと。


家では妻の妄想でオナニーもしているとのこと。


いつもの好青年のイメージが崩れ落ちそうな瞬間でした。


また、これまでにない興奮をしてもおりました。


私の下半身はその時勃起していたのです。


童貞なのかと聞くと、2人と経験はあったそうです。


しかし巨乳との経験は無く、興味が出たとのこと。


ちなみに、妻のバストは95のFです。

ウェストは深くくびれており、よく友人に奥さん、スタイルいいし美人だし・・・

と羨ましがられました。

おまえ、高島礼子とセックスしているみたいだろ と言われます。


しかし私からはそんなに魅力があるようには思えませんでした。


毎日見ているとそんなものになるのかもしれません。


私もその時、悪ガキに戻ったように妻のバストサイズを、洗濯物を干しているブラを外してK君に見せてみました。


K君の目は血走るような感じに見えました。


「そのブラを使ってオナニーしてみてくれよ」

思わずそんなことを口にしてしまいました。

半分冗談でしたが半分本気。

そんな感じでした。


K君は最初当然のように嫌がっておりました。

まあ当たり前の反応だと思いました。


「俺の目の前でオナニーしてくれたら、そのブラやるよ」

さらに悪ふざけを。

するとK君は「マジっすか?」と考えだし、本当にその場でズボンを下ろしたのです。


そしてそんな冗談半分なひとことが、私のようなおっさんの目の前でオナニーになるとは・・・

私はびっくりもしながらも変に冷静になってしまい、K君に「ビデオにとらせてくれ」をお願いしました。


チャンスがあれば、それを妻に見せたいからと・・・

以外にもK君はすんなりOK。

私の興奮は最高潮でした。


K君のマラは私の物と違い、へそにくっつくかというくらい真上に勃起しておりました。


私よりも間違いなく大きいマラでした。

私の仮性包茎とはちがい、ズルむけの立派なものでした。


K君は私が見ているのも忘れたように妻のブラを鼻にあてながらものすごい速さでマラをしごきはじめました。


そんなに早くしたらすぐにいってしまう・・・私の心配は外れ、10分ほど全力でしごいてようやくいったのです。


私ならあんなにしごいたら、1分でいっちゃいそうなのに・・・。


K君は興奮がおさまらないのか、「もう一回いいですか?」とカメラに向かって言うと、

いったばかりのマラを再度しごきだしました。

するとさっき以上に固そうに勃起・・・

先程の自分の精子をマラに絡ませながら、30分ほどオナニーしておりました。


若さ所以なのか分りませんが、私にとってはあまりにもすごい性欲にただ黙ってカメラを回し続けておりました。


一言も言葉を発することができないまま・・・

2回目の射精が終わりました。

2回目でもかなりの量です。


私は男に興味が湧いてしまったのかと勘違いするほど興奮しておりました。


終わった後、「まだできそうなくらい興奮してます」と、2回いったにも関わらず勃起したマラをしごきながらカメラに向かって・・・

そのマラをズームにしたときに、60分テープ全て撮り終えました。


私のパンツの中はこの年になって先走りでまるでおもらしをしたように濡れておりました。


テープが止まったあと、二人ともかなりの興奮も合わさって酔いがさめ、急にお互い恥ずかしくなってしまいました。


そそくさと片づけをはじめました。

急になんだか恥ずかしくなったのか、結局ブラを持って帰ることをせずにK君はアパートに帰って行きました。


K君が帰った後、妻のブラを見ているだけで私のマラが普段以上に勃起して、結局私も2回その後オナニーをしました。


次の日、K君とコンビニで仕事をいっしょにしている際はお互いはずかしい反面、同じことを共有できた感があり、

年は離れておりますが友達のように仲良くなることができました。


妻の乳輪の大きさの話をしたら、「今日はその妄想でオナニーします」とか言ってくれて。


本当におバカなおっさんとの関係だと思いますよ。


しかし、以前は妻とは月に1回するかしないかだったのが、週に2~3回に増えておりました。


おそらくK君との関係が私を少し若返らせてくれたんではないかと思いました。


「最近どうしたの?もしかして今までは浮気でもしてたんじゃあないの?」と妻から話を振ってきました。


K君の話をするなら今しかないと思い、切り出すことにしたのです。


K君は妻の巨乳に興味があり、仕事中目線がいってしまうこと、大きなお尻が魅力的だと思っていること、

妻のことを考えて家でオナニーしていることを伝えました。

また、そんな話をしていると私も興奮してしまい、

最近妻の体を求めてしまっていることを話しました。


妻はK君に好感を持ってもらっていることを知ると、「若いから私でも興味もっちゃうんだ」と言いながらも、

「あなたはそれで興奮しちゃうんだ」と、予想外ではありましたが笑っておりました。


その日はそれ以上話が膨らむことはありませんでした。


しかし、翌日からの妻は、明らかにK君を意識したものでした。


ほとんど化粧をしなかった妻が、うっすらではありますが化粧をしだしたこと。


また、より胸を強調できるような服装になったこと。

そんな状態で2週間くらい経ちました。


K君が「最近、奥さん一段と色っぽくなりましたよね。」と、レジに二人でいたときに話を切り出しました。


その日の妻は、物を陳列していると胸の谷間がのぞけるような服装をしており、K君はそのことがうれしくてしかたがなかったらしく、

私に話しだしました。

「ああ、たまんないですよ。

店長がうらやましいです。

俺、奥さんとだったら5回位やっちゃいますよ」

普通ならとんでもない会話ですよね。

夫の私にそんな話をするなんて。


以前のオナニー以来、K君とはお互い高校生のような話をするようになり、

K君の話を聞くたびに私が興奮し、その話を妻に話すことで妻も興奮する、そんな関係になっておりました。


その後も妻は年甲斐もなくミニスカートをはいたりして、K君の視線を楽しんでおりました。


さらに妻は大胆な行動に出たのです。


Kくんが興奮したように私に話しかけてきました。


「奥さんの胸元、ガン見しちゃいましたよ」

どういうことかわからず、K君に聞いてみると、どうやら妻が肩こりをK君に相談した際にK君が

「もしよかったら、ちょっと肩もみしますか?」と言ったそうです。


その時の妻のエプロンの下は胸元を強調した長袖のシャツで、肩をもんでいた際に胸元を後ろから眺めながらやっていたとのことだったのです。


そのことを想像すると、私のマラがかたくなっていくのを抑えることができませんでした。


「時間がある時またもんでやってくれよ。

俺は握力が弱いからすぐに疲れちゃって・・・」

Kくんはうれしそうに即答してくれました。


その日、仕事が終わってからK君を食事に誘いました。

妻にはあらかじめK君の食事を頼んでおきました。


すでに妻はお風呂からあがっており、パジャマに着替えておりました。


軽くお酒を飲んで食事を済ませた後、妻に「K君にまた肩もんでもらったらどうだ?」と話を振りました。


「え?」という妻の反応でした。

というのも、妻はお風呂上がりはブラをつけないのです。


K君が来るということで、パジャマの上から薄いカーディガンを羽織っていたのです。


私はそのことを承知でマッサージをさせようと思ったのです。


「疲れているのに悪いわよ」と妻。

なんだかんだいっても、妻はまだちょっと抵抗があると見えました。


が、K君は疲れていない、若いからとの言葉に半分仕方なくお願いすることにしました。


妻はカーディガンを取ると、K君に背を向け座布団に座りました。


「お願いね、Kくん」

妻は軽く下を向き、目を閉じました。

K君は妻の後ろから肩をもみ始めました。


上から肩のツボを押すようにしながらも、K君は時折手を止め、下着をつけていない妻の胸元に食い入るように見ておりました。


妻は目は閉じているのですが、肩をもんでもらいながら逆に緊張している様でした。


K君は肩から肩甲骨に向かってマッサージを続けました。

少しづつではありますが、

妻もリラックスしてきたようで気持ちよさそうになってきておりました。


しかし、K君は妻の肩をもみながらも興奮していたようです。


「ありがとう、きもちよかったわ」

妻はそう言ってK君にお礼を言うと立ち上がり、食事の片づけを始めました。


泊って行くようにK君に言ったのですが、帰ってやることがあるとかえってしまいました。


帰った後、妻は「泊っていったらいいのに」と言っておりました。


「さっきK君に肩もんでもらった時、K君はお前の胸見てたの知ってたか?」と聞くと

「なんとなくね。

だから目を閉じて気付かないようにしてたの」と妻。


「帰ってたぶん、速攻でK君はオナニーしてるぞ。

きっと。

相当興奮してたから。」

そういって、私もそのまま妻を抱きました。

お互い興奮していたのか、2回した後で

「K君のことどう思ってる?最近のおまえの服装見てると、おまえもまんざらじゃあないんだろ?」というと、

「かわいいんだよね。

でもそれだけだよ。

K君も憧れ程度だよ。」というので、

「いやいや、K君はお前とエッチしたいんだよ。

相当お前の体に興味あるぞ。」と言った後、

「実はK君、前にお前のブラに顔をうずめながらオナニーしたんだよ」と伝えました。


妻はあっけにとられた後、「いつ?なんで?」といってきたのでその時のいきさつを説明。

すると、

「その時のビデオって本当にあるの?」というので、妻に見せることにしました。


妻はテレビを食い入るように見ていました。

K君の激しいオナニーと、私よりも大きいマラに間違いなく興奮しているのが分りました。


見終わった後、私は1日に3回目といういままでにしたことないエッチをしました。

妻はいつも以上に興奮しておりました。


「一度K君を交えて3人でエッチしよう。

駄目か?」の問いに、妻はしばらく黙っていましたが、少し経って「いいよ」と返事してくれました。


妻もビデオに興奮してしまったようでした。


次の日、K君が来る前から私も妻も相当興奮しておりました。

妻には事務所のロッカーにいったん隠れさせました。


K君は来るや否や私に「先日、奥さんの胸に興奮しちゃって興奮しちゃって。

思い出すたびにオナニーしてましたよ。」

との報告してきました。

オナニーの回数や時間、どれくらい興奮したかK君に話をさせました。


K君がレジに行った後、妻はロッカーから出てきました。

相当興奮いたのを覚えています。


「本当に私なんかで興奮しちゃってるんだ」

妻は改めて実感しているようでした。


「だろ?お前のことを本気で女として見ているのがわかっただろ?」

「うん・・・もう、話聞いているだけで体中K君に触れられている気分になっちゃった・・・」

妻は両手で自分を抱き締めるようにしながら言いました。


「店長、あ奥さん、先日はごちそうさまでした。

ちょっといいですか?」

「うん、すぐにいくよ」

K君はいつものように妻の前ではさわやかな青年でした。


「今日、K君を家に誘うからね」

妻がうなずいたのを見て、私はK君の元に向かいました。


お客さんが掃けた時、レジでK君についに話を切り出しました。


「K君、今日も家においでよ。

明日学校休みでしょ?何か用事ある?」

「何も無いですけど、どうしたんですか?」

「びっくりしないで聞いてくれよ。

実は、K君の以前撮ったビデオ、妻に見せたんだよ。」

K君はかなりびっくりしたのか絶句した状態でした。


「大丈夫。

妻は最初驚いていたけど、悪い気はしていなかったみたいなんだよ。

だから、

今日は肩以外にもマッサージしてほしいんだよ。

全身マッサージ。

妻にはそういってあるんだ。」

K君は何も返事をせず、ただただ私の話を聞いておりました。


「妻はどこまで考えているかは分らないが、全身マッサージをOKしているから・・・ね、K君。」

K君はようやく「店長、いいんですか?」というので、

「僕は今日、途中で家あけるから。

妻には3人で今日も食事してそのあと全身マッサージって言ってあるけどね。」

K君はすでにズボンをふくらませているのがわかりました。


それを見てわたしも異常なほど興奮したのです。


店を閉め、K君は一旦着替えを取りに行くと家に帰りました。


私は家に帰ると、妻にK君に君がビデオを見たことなどを報告しました。

そして今日は君の全身をマッサージしに来ることも伝えました。


妻は何も感じていないふりをしておりましたが、明らかに緊張しているのが感じ取れました。


30分ほどしてK君はやってきました。

まだ食事の準備が終わっていないので先にお風呂に入るように伝えました。


先に妻がお風呂に入っておりましたので、

K君がより興奮するように私は洗濯物の中から妻がタオルに包んで隠してあった下着をあらかじめ脱衣場の洗濯物かごの一番上に置いておきました。


K君がお風呂から出た後、私も続いてお風呂に入りに行きました。

目論見通り、下着の位置は変わっておりました。


お風呂からあがると、K君と妻は先に食事を始めておりました。


食事の時から、K君は先程の下着のこともあってか妻の胸元をちらちらと見ておりました。


妻もなんとなくK君の視線に気づいていたようです。


それでも表面上はたのしく食事をして、一息ついたところでK君に

「K君、今日も悪いけどマッサージやってくれよ、こいつに」

妻もK君も私の一言にそれまでとは違って一瞬で何もしゃべらなくなってしまいました。


私は座敷に敷布団を敷きました。

妻を呼び、先に私が少しマッサージをして、

「K君、つかれちゃったから交代してくれ」と呼び寄せました。


K君は上はタンクトップ、下はジャージだったのですが、

すでに勃起しておりズボンとはちがってかなりもりあがっているのがわかりました。

K君は少し前かがみ気味で来たのですが、ふと妻を見ると、K君のその盛り上がりに目が行っているのが分りました。


妻をうつ伏せにして、K君と交代し私は再びダイニングへと向かいました。


K君は妻の肩甲骨から始め、腰へと手を伸ばしました。


妻は興奮の為か敏感になっているようで、腰に触れられただけでビクンと反応しておりました。


しばらく腰をもみ、K君は妻の下半身へと移動しました。


妻はその日足を簡単に露出出来るスカート一体型みたいなパジャマを着ていたのですが、

K君は足をマッサージしながら足を露出するようにずらして行きました。


足の先から徐々にマッサージをして太ももをマッサージし始めると、妻は少しずつ息が荒くなっていきました。

徐々に感じ始めていたようです

K君もかなり興奮した様子で、手は足の付け根近くまできておりました。


私は自分で携帯の着信音を鳴らし、電話で喋っているふりをしておりました。


そして、妻に

「ちょっとJさんに呼ばれちゃったから出かけてくるわ。

K君わるいけどたのむわ」

と一方的に話すと出かけるふりをして玄関の戸をあけ、内側からカギをかけました。


そして、隣の部屋に移動しました。


私の音が聞こえにくくなるようにテレビの音を大きめにしておきました。


隣の部屋のふすまをあらかじめ少しあけておいたので、そこから私は覗き込むように妻たちの様子を見ておりました。


妻はかなり興奮しているらしく、徐々にお尻を少し上げた状態になっておりました。


それを見たK君は手を妻のお尻に移動させました。

妻は「あぁっ」と感じた声をあげました。


K君は右手で妻のお尻を円を描くようになでまわすと、妻はお尻を完全に上げていきました。


K君は妻の下着の中に手を入れ、妻のあそこに手を伸ばしていき、そして妻を仰向けにしました。


妻をK君はしばらく目を合わせ、濃厚なキスをし始めました。


テレビの音と妻の感じる声が大きく、私の多少の物音など二人には全く聞こえていない様子でした。


しばらくK君は右手で妻の下腹部を愛撫した後、妻のパジャマをぬがし、両手で妻の大きな胸をもみながら乳首に吸いつき始めました。


妻は乳首を吸われた位では普段はあまり感じないのですが、その時は声をあげて感じているようでした。


妻は両手をK君の背中にまわして抱きしめながら感じておりました。

しばらくして、K君は妻から一度離れ、

服をすばやく脱ぎ捨てました。

K君のマラは以前見たとき以上に大きく見えました。


妻はK君に奉仕することなく一方的にK君に攻められておりました。

K君は妻の背中から下腹部へと舌を這わせ舌だけで15分位は攻め続けました。


妻はK君の激しい舌技に大きくいってしまうのがわかりました。


仰向けになっていったばかりの妻の足を広げると、K君の大きなマラが妻の中に少しずつ挿入されていきました。


「あああ!おおきい!すごい!あああ!」妻は大きな声を上げた後K君はオナニーの時と違い、かなりゆっくりなペースでピストンし始めました。


それでもいったばかりの妻は相当気持ちいのかシーツを握りしめてもだえておりました。


K君の腰の動きが速くなってきました。

かなりのスピードで動かし始めました。

妻は私の時以上にかなり大きい声をあげて感じておりました。


私ならもう射精しているはずなのに、K君は一向に腰のスピードを緩める感じがありません。


私なら疲れて根をあげそうな動きで妻を乱暴なくらい突きあげました。


「ああ!だめ!ああ!こわれちゃう!ああ!」妻はのけぞるようになりながらK君に訴えておりました。


K君は風呂に入った際に2回オナニーを妻の下着でしていたそうです。


そのせいもあってか、K君は最初の挿入から30分位、ほぼ休憩なく妻を突き続けました。


途中、妻は意識が無くなった様子があったのですが、K君の激しい突き上げでかすぐにまた意識をとりもどしたらしく、

ついにKくんは妻のおなかに射精したのでした。


妻は激しく息をして、仰向けのままK君が離れたにもかかわらず、

K君に突かれているときと同じようにビクビクっと感じた状態が続いておりました。

私はそんな妻をみたことがありませんでした。


K君は台所に何か飲みに行ったらしく、すぐに戻ってきました。

戻ってきたK君のマラはすでに臨戦態勢になっておりました。


妻の胸に右手を触れただけで妻はのけぞっておりました。

体が相当敏感なのか、手で愛撫されるだけで声がでておりました。


「ちょっとやすませて・・・本当に死んじゃう・・・」

逆にK君はその言葉に興奮した様子でした。


妻に再度挿入した後、K君は妻を抱えて上にしました。


あまりにも妻がいきすぎていたので、妻はK君に倒れかかるようになりましたが、

K君は妻を抱き締めるとそのまま腰を前後上下に動かし始めました。


妻は顔を仰向けにし、「もうだめ・・・あああ・・・」ともだえておりました。


K君はその妻の乳首を吸い出しているようで、妻は声にならない状態で顔だけを左右に振っておりました。


その状態で執拗に30分ほどK君は妻を攻め、そのあとぐったりした妻を強引に後ろから突こうとしました。


妻は自らの手で体を支えることができず、K君にバックで激しく突かれている間布団に顔をくっつけた状態でおりました。


「あ・・あ・・あ・・」K君は激しく腰を動かし長いストロークで妻を突き続けました。

その後一度K君が妻からマラを抜き、

妻を再び仰向けにしたのですが、かなりマラが大きくなっているように見えました。

私が興奮しすぎていたからかもしれませんが、

相当大きく見えました。


その後、妻を再び激しく突きあげ続け、妻の声は獣のようになっていきました。


「あああ・・あおお・・おお・・」

K君は再び妻のおなかに射精しました。

妻は痙攣したように、しばらく声を出し続けました。


貞淑な妻が、こんなに簡単にK君とセックスして、しかも溺れることになろうとは、思ってもいませんでした。

妻を試した私は敗北したのです。

私が見ていたことは妻にも彼にも言えないことです。

妻が身繕いした後に戻った私に、妻は何も言いませんでした。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する