FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】ハメて果ててを繰り返した人妻たちとの乱交体験談

kage

2016/02/20 (Sat)

高卒で入社した会社の先輩に、パーティに誘われました。


乱交だと言われ、ドキドキしながら参加しました。


着いたのは温泉で、見知らぬ2人と先輩と自分の4人部屋。


まさか男と男で!?


しかし先輩は


「女達は何人ですか?」


と見知らぬ2人に聞いてて常連みたいでした。

「4人らしいが、人妻だから当たり外れはあるかもな」


と話していた。


宴会をするとかで宴会場に行くと、我々4人の他に男性が4人と、女性が4人居ました。


お互い挨拶をし、宴会をしました。


傍から見たら会社の慰安旅行ですから旅館も疑わないのか…。


30代の女性に、

「若いね、いくつ?」

と聞いてきたりされた。


皆酔ってきて、

「宴もたけなわですが…」

と幹事らしい人が紙を配り、2と書いた紙を渡された。


そして

「竹の間に行くように」

と、泊まる隣の部屋に。


既に2人の女性が座っていて、1人は細身で、もう1人はふくよかな巨乳の方でした。


そして、

「主婦の方が好きですね?」

と細身の方の体を触り始め、目隠しをすると、もう1人がふくよかな女性を目隠しした。


自分もふくよかな方の浴衣を脱がし胸を触り、舐め回しました。


「アンッ!アンッ!」

と2人の喘ぎが出て、背後から抱きつく様に言われ胸を背後から触り、もう1人は脚を広げてクンニをしました。


直ぐに濡れてるようでピチャピチャと濡れてる音が響き、

「気持ちいい」

と喘ぎが大きくなる。


そして

「ダメダメダメ!イクッ!」

と、俺に寄りかかった彼女はビクビクビクッと体を痙攣してました。


深い息をし、クンニをしていた男性がペニスを出した。


長いペニスだった。


女性の口にあてがい、女性は口に含むと

「おっきいわ」

とジュポジュポと音を立ててしゃぶりついてました。


俺は背後からオッパイを揉んでサポート。


男性が口を離し、寝かせるよう言われ、寝かされたふくよか女に挿入をしました。


「アアッ!奥に来る!」

と突かれながら声を上げ、

「お前もオッパイを触りなよ」

とハメた男性から言われ、触ってると女性が手を伸ばしてきて、俺のを手で探り出した。


「貴方のも出して」

と言われペニスを出し、彼女はいきなり咥えてきました。


「んっ!んっ!」

と口に含みながら吐息を漏らし、ねっとりしゃぶってくれました。


そして、ハメた男性が

「イクぞ!」


と激しく腰を動かしまし、

「アアッ!ダメぇ!いっちゃう!」

と女が口を離し、絶叫すると

「ウッ!」

とその男性は果てました。


「アアッ!アアッ!気持ちいい」

と女も声を上げていた。


そして、

「次は貴方のも」

と言われ、彼女の脚を開かせると、穴から白濁が溢れていた。


中出し??と思うと興奮し、彼女の中に挿入。


「硬い!凄く硬い!」

と声を上げる彼女に挿入を繰り返しました。


ユサユサ揺れる胸を触りながら、ヌルヌルの中の気持ちよさを味わいました。


「やぁん!鉄の棒みたい!」

と言う彼女に数分で気持ちよくなってしまうと

「アアッ!我慢しなくていいわよ!出してぇ!」

と言われ、俺は激しく打ち付けると彼女の中に精子を放ちました。


「凄い一杯出てる!」

と声を上げる彼女に注いで抜くと、更に白い液体が溢れていた。


寝そべる彼女が目隠しを取ると

「デカチンと硬チンね」

と笑顔でした。


そして隣はバックで突かれて、細身の女性が口で違うペニスを咥えていて、バックで突いてる男が果てました。


そして、咥えて貰ってた男がバックから突くと、俺とふくよかな女性をハメた人が、彼女の口にペニスをあてがい咥えていた。


それを見ていたら

「ねえ~もう1回硬いチンポ欲しい」

とふくよかな女性が誘って来て、フェラをしてもらい、上に乗られて二回目を。


「若いと全然違うわ!」

と上下に腰を動かし俺を射精に導きました。


流石に疲れてお互い横たわっていると、細身で3人の男とした女が

「あたしとしよ」

と誘って来て、フェラをしてくれて彼女ともセックスをした。


「ほんとに硬い!」

と彼女にも注いで果てました。


そして皆で話をしてると、電話がなり

「移動だよ」

と、梅の間に男性が移動し、そこで裸で寝ていた二人の女性に挑みかかりました。


直ぐに脚を開かせてハメて果て、ハメては果て。


気づいたら、朝の四時。


そのまま裸で雑魚寝し、翌朝皆笑顔で朝食を食べて解散。


廊下を歩いていたら、最初にハメた女性に出会い、連絡先を聞かれ、その後二年くらいセフレになりました。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する