FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】某アプリで知り合った熟女が俺の現地妻になった話

kage

2016/02/07 (Sun)

携帯アプリでゲームをし、その中のゲームをしていて知り合った岩手の女。


メール機能で送って見たら、かなり食い付きが良かった。


岩手にも復興の仕事でいったりしてたので、地元の食材とかの話をしたら、


「凄いね」


と送ってきたりした。


そして、しばらくやり取りしてるうちに彼女は39歳の理恵という人妻だという事が判った。


自分も33歳だと紹介して、毎日やり取りするように…そして、1ヶ月位して仕事で仙台にいく事になった。

その話をすると、


「近いねー」


とメールされて、金曜日に終われば週末は自由だ。


「仙台からただ帰るのも勿体無いし、理恵さんに会おうかな」


とメールすると、

「明日?」

とメールが来て、いいかと返すと、

「明日仕事なんだよね?」

と。


「じゃあまた今度だね」

メールして、仙台を離れようとした時、

「明日午後でもいい?」

とメールが来た。


「大丈夫だよ」

と返すと彼女は、休日出勤だとかで、昼には終わるんだとか。


「でも40手前のおばさんでいいの?」

と聞かれ

「年上の女性好きだから大丈夫だよ」

と返すと、彼女が明日昼前にメールをする事に。


そして、翌日出発し某市内に。


昼前になると

「今終わった!何処にいるの?」

と聞かれ、場所を話すと

「判った!30分掛かるよ!」

と言われた。


そして現れた理恵は、見た目は若いし、目がパッチリした美人だった。


髪は茶髪のロングで体系はちょいムッちりか?

想定外の美人だった。


ちょっと緊張気味で、話ながらまだ昼御飯は食べてないらしく、知ってる店に。


「よく知ってるね」

と言われながら料理を食べて話したら娘はもう来年20歳。


ビックリしながら話を聞き、彼女を乗せて車を走らせた。


何時まで大丈夫か聞いたら、18時か19時には帰らないとと言われたが、それならまだまだ十分。


「温泉いこっか?」

と話すと

「最近は全然行ってないからいいかも♪」

と話し、温泉に。


素泊まりで部屋を借りて、お互い温泉に。


上がって浴衣姿の理恵は、見た目派手だが浴衣姿はまた違う感じで色っぽい。


「凄い綺麗な景色だよね」

と話すと

「凄いね、地元なのに知らなかった」

と窓際から眺める彼女に近寄り、ゆっくりと肩を抱いたら

「やだぁ…40手前のおばさんだからつまんないよ」


と言われ

「凄い綺麗な人でドキドキしたよ」

と背後から抱き締めた。


抵抗もなく、ゆっくりと座らせてキスをし、襟元から手を潜り込ませて胸をまさぐると、乳首は立ち反応もいい。


腰ひもをほどき、ゆっくり脱がすと

「布団敷いた方が」

と言われ、布団を敷き、理恵を寝かせて首筋から素肌を味わいました。


「おっぱい小さいよ?」

と言われ

「形が綺麗な方が好きだよ」

と小降りな胸に吸い付くと

「あっ…いゃん」

と反応抜群だった。


ちょい太目なウエストを舐め回し、ムッちりした太ももを味わいながら、脚を開かせ、少し濃いめなラフの中を舐め回した。


「アンッ!気持ちいい!」

と体をくねらせて反応してくる。


ちょっとしか舐めてないのにヌルヌルで、酸味が強いエキスがたっぷり溢れてくる。


クリトリスは特に弱く

「イクッ!」

と体を浮かし果てました。


再び攻めたらまたすぐに果てる理恵に

「ダメ…」

と起き上がると俺の浴衣を脱がし、トランクスを脱がされ咥えてきた。


正直上手くはなかったが、一生懸命にされて、理恵を寝かせて中へ滑り込ませた。


ヌメヌメとしたなかは潤滑が抜群で、理恵も

「硬い!」

と声を上げて感じてました。


ビチョ、ヌチョッと出し入れすると音が出ていやらしい。


「アンッ!アンッ!気持ちいい!」

と最初の緊張気味の姿はなく、突き入れると鋭い反応だった。


「理恵さんの中ヌルヌルだよ」

と話すと

「だって超硬くて気持ちいいんだもん」

と。


「俺も堪んない」

と理恵の中に打ち付けた。


「ホントに気持ちいい!」

と顔を歪ませて感じていて、隣に聞こえるくらい声が出ている。


「祐一くん…イッちゃうかも」

と言われ

「いいよ!」

と理恵に打ち付けたら

「アッ!」

と声を上げて体に電気が走ったかのような反応だった。


「大丈夫?」

と聞くと頷く理恵に再び打ち付けていった。


「ダメ…またイクッ!」

声を上げてる理恵に

「俺も!」

と話すと

「いいよ!一緒にいこう!」

と言われ理恵に激しく侵入した。


「壊れちゃう!」

としがみつく理恵に奥まで入り込むと溜まっていたものを俺は放出させた。


「アンッ!イクッ!」

とビクビクビクっと理恵も体が痙攣しながら果てました。


お互い荒い息をしながら抱き合い、理恵の体に倒れ込みました。


「凄いよ…久しぶりにイッちゃった」

と話す理恵に

「俺も久しぶりにエッチしたから燃えちゃった」

と話すと笑ってました。


一線終えて休みながら、理恵は旦那とは同じ職場で息苦しさを感じていて、夜も半年はないらしかった。


「こんなに綺麗なのに勿体無い」

と大きめなヒップを触るとムラムラしてきた。


「もう一回しよ?」

とお尻をつき出させてバックから。


「アンッ!アンッ!アンッ!」

と理恵は声を上げて感じ、2回戦を交わりました。


夕方になり帰りに

「此方には暫く来ないの?」

と聞かれ

「復興の仕事が増えるから、ちょくちょく来るとは思う」

と話すと

「そっか、その時は教えて?なるべく時間作るから」

と。


了解して別れました。


そして、先週数ヵ月隣県への出張になる可能性が高くなり、その事を話すと

「マジで!絶対連絡して!」

とメールが来た。


上手くすると、現地妻が出来そうで辞令を待ってます。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する