FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】痴女人妻3人組と肝試しして青姦セックスを楽しみました

kage

2016/02/04 (Thu)

6月にキャンプ場にいった時、隣に家族連れの人が居ました。


パパさんらしい人が子供達を連れ、釣りに行った様子だった。


自分達はと言うと、友達と3人でテントを張り、夕飯は焼きそばにでもしようかと話していた。


家族連れの3人の女性が現れて


「すいません?胡椒ありますか?」


と聞かれて貸してあげました。


30代半ばの女性か、ホットパンツやデニムの短いスカートを穿いてて、タンクトップやキャミソールで露出度が高い。

ライターも旦那さんが持っていったらしくて、火をつけてあげたが、女性が屈むと際どい所まで丸見えでした。


チラ見しながら友達と火を起こし、女性にお礼を言われて戻ったけど、もう1人の友達は違うママさんと話し込んでいた。


帰って来ると

「おっぱい見させてもらったけど、ノーブラじゃねぇか?」

と言ってた。


それからはあのママさんがデカそうだとか、おっぱい談義で盛り上がりました。


夕飯は焼きそばにし、3人で食べ始めたらそのママさん達がお酒を持ってきて、皆で食べました。


時折女性が屈むと覗けて拝まして貰いながら。


夕飯は暗くなる前に終わり、ママさん達も洗うのを手伝ってくれ、気がつけば辺りは暗くなり、旦那さん達が帰って来ました。


隣ではカレーのようでした。


自分達3人で飲んでて、隣は花火を始めて眺めていました。


そして、友達がトイレに行ってしばらく帰って来ずに帰って来たら

「胆試ししないか?」

と言われて、

「どういう事?」

と思うと、

「さっきの3人の1人から、夜に3対3で行かないかって」

と言われて、もちろん参加。


22時くらいに待ち合わせる事にして、それまで時間を潰しました。


時間前に少し離れた場所にあるベンチがある休憩所に居ると

「こんばんわ♪」

と3人が現れた。


「大丈夫なんですか?」

と聞くと

「大丈夫だよ?3人で来たから」

と。


そして、そこで話をして公園を1周する事に。


男女ペアになり、俺は髪の長い細めな由紀子さんとペアになりました。


5分ずつ遅らせてそれぞれのペアがスタートしました。


俺達は最後になり、由紀子さんと歩いていきました。


気がつけば辺りは薄暗く、時折灯りがあるだけだった。


「やっぱり恐い…」

と由紀子さんが言いながらついてきて、しばらくするとガサガサと音がした。


鳥のようでしたが、

「恐い!」

と腕を組まれた。


ムニュッとした胸の柔かな感触を楽しみながら歩いていきました。


すると、コースから離れた休憩所があり、なんか呻き声が聞こえる。


近くに行こうとしたら、またもや由紀子さんが

「恐い」

と言いながらも由紀子さんはついてきて、休憩所前に灯りがあり、少し覗きました。


すると、そこには人影が2つ。


「ウンッ…ンッ…ンッ」

と、どうやら吐息らしい。


暗闇に目が慣れて見てみると、それは友達と一緒に行った真紀さんだった。


「おっぱい舐めて…」

と話している。


じっと見てたら

「真紀さんたら…」

と由紀子さんが話した。


そして、跪いたと思ったら、

「ジュルルジュルル」

と音がした。


そしてその影が立ち上がると重なるようになり、

「おっきい!」

と声がして、ギシギシとベンチが軋み、

「アンッ…アンッ…アンッ…イャン」

と女性が喘いでいた。


「離れよう…」

と由紀子さんに言われて、歩くとまたもや…もう誰だか分かりました。


最初に行った友達と真恵さん。


立ちバックだった。


そして、由紀子さんと少し歩くと由紀子さんが

「あそこで休もうよ」

とコースから離れた場所にあるベンチに。


2人で向かうとムラムラした俺はゆっくり肩を抱きました。


「私でいいかな?」

と言われて頷くと、由紀子さんから

「したくなった」

とキスされ、由紀子さんとやりました。


おっぱいをまさぐると、硬いものがなく、勿論ノーブラ。


捲りあげて見たらおっぱいが現れ、舐めさせてくれました。


「ンッ…ンッ…ンッ…」

と息を殺しながら吐息を漏らしてきて、由紀子さんも俺のを撫で回してきた。


スカートの中は濡れ濡れで、由紀子さんはパンティを脱ぎ出した。


「上になっていいかな?」

と言われ、ズボンを脱ぐと由紀子さんがベンチに座る俺の上に乗っかり、

「アンッ!」

と声を上げると一気に飲み込みました。


何もしてないのにヌルッとして滑らかに包んでくれました。


「アンッ…アンッ…アンッ…」

と由紀子さんは動きながら声を上げていました。


柔かなおっぱいをまさぐり、舐めながら支えてしました。


汗だくになりながら由紀子さんが動き、疲れたみたいなので起き上がり、テーブルに手をつかせ後ろから。


「奥にくる」

と由紀子さんは声を上げていました。


ムッチリしたお尻を掴み突き上げていったら、高まりが来て、フィニッシュに近くなる。


「中はダメだよ?」

と言われて、由紀子さんに激しく突き上げて、フィニッシュ直前に抜いたら、由紀子さんが跪いてきたので、口の中に由紀子さんは含むとフィニッシュ。


舌の上に放出しました。


口を離す由紀子さんは口を閉じ、笑いながらしばらくすると

「濃かったよ…ヤバイ」

と飲み干してしまったみたい。


「気持ち良かった?」

と聞かれ頷くと

「あたしも他の久しぶりだったから良かった!」

と。


服を着直して、2人で最初にいた場所に戻ると、他の2組も居ました。


時間をずらして帰らないとヤバいと言われ、彼女達が先に帰り、俺達は感想を言い合っていた。


1人は立ちバックでお尻にかけたらしく、もう1人も口に出したらしい。


「エロかったなぁ…」

と口々に話をしてテントに帰り、翌朝起きたら9時を過ぎていた。


起きてテントを出たらもう昨日の3組は居なくなり、俺立ちは昼前に帰りました。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する