FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】家政婦はダメというが、本当は気持ちよくてたまらないようだ

kage

2016/01/31 (Sun)

俺の家には昔から家政婦がいて、入れ代わり立ち代わりしている。


今家に来ている家政婦は、沙織という名前で年齢は30代半ば。


結婚しており、顔は可愛い感じで胸は多分Dカップくらいはありそう。


両親は忙しいので夜21時半頃までは帰る事はない。


だから日曜日以外の夕食は毎回家政婦さんが用意してくれている。


俺が大学1年の時の夏のある日、大学が休みで家にいると10時頃に家政婦さんが家に来た。


以後、家政婦=沙織さん。

沙織さんは玄関を開け


「おはようございます」


と言って靴を脱ぎ、家の中に入ってた。


沙織さんは白いTシャツを着て、茶色のミニスカートを穿いていた。


俺は11時頃になり

「出かけてくる」

と沙織さんに言って出かけた。


それから16時頃に帰宅すると、沙織さんは

「お帰りなさい」

と言い、俺は

「ただいま」

と返して2階の部屋に行った。


それから1時間ほどして1階に降りると、沙織さんは夕食の準備をしていた。


俺はテレビを見ながら沙織さんの後ろ姿を時々見たりしていると、白いTシャツからブラのラインが透けているのが分かった。


水色のブラジャーだ。


そうなると、健康男子の俺は息子が勃起し始めてきた。


俺は沙織さんに近付いて後ろから胸を鷲掴みにした。


沙織はいきなりの事で驚いたようで、ヤメてくださいと言ってた。


俺は胸の柔らかさに興奮して揉みほぐした。


「いやっだめです!やめてっ」

と言う沙織さんを無視してTシャツを捲り、ブラの上から揉んだ。


沙織さんは

「ダメです…やめて…お願いですからやめてください」

構わずブラを上にずらし、直接胸を揉み、乳首を指で摘み転がした。


胸を揉みしだき、乳首を愛撫されている間に沙織さんは

「やめて…うっ…あぁ…」

と、徐々にだが感じているように見えた。


気づけば沙織さんの乳首は勃起してビンビンになっていた。


俺は堪らなくなって沙織さんのスカートを捲り、パンティの上からアソコをなぞった。


沙織さんは身体をイヤイヤ言いながらも体をビクビクさせ、既に濡れていたのかパンティは湿っていた。


その頃になると抵抗はほとんど無くなっていたので、俺の方に体を向かせてパンティを脱がせた

俺は沙織さんの脚を開き、クリを指で刺激すると、"あぁ…だめ…"と喘いでいた。


既に濡れているアソコに指をあてがい、2本挿入してアソコを掻き回しながらクリを舐めると沙織さんは

「あっあっあっ…ダメ…っ…い…くっ」

快感に抗っていたが、耐え切れなかったようで体を震わせながらイッていた。


俺はズボンとパンツを脱ぎ、勃起した息子を沙織さんのアソコに挿入した。


イッたばかりで息も絶え絶えだった沙織さんは

「あっ…う…まだダメ…動かないで…」

沙織さんのお願いを無視し、何度も激しく沙織さんのマンコを突いた。


その度に沙織さんのマンコは締め付けて息子を誘惑してくる。


俺も我慢の限界になり、今まで以上に激しく腰を動かした。


沙織さんも

「あぁっ…ダメなのに…あ、あ、うぅ…いく…いっちゃ…うっ」

と言いながら再度イッていた。


俺も沙織さんの絶頂と同時に膣内に精液を発射した。


沙織さんのアソコから息子を引き抜くと精液が溢れてきた。


沙織さんは

「もう…○○(俺)さんったら…でも久しぶりで気持ちよかった」

と言っていた。


その日以来、沙織さんとは両親が帰ってくるまでに週2、3回はセックスしている。


沙織さんが家政婦を辞めるまでは関係は続きそうだ。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する