FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】幼稚園の懇親会の送迎をしたときに妻のママ友に対して送り狼になってしまった

kage

2015/11/25 (Wed)

嫁が幼稚園の定例懇親会に出席した際に、その帰りの送迎でクラスの奥さんと知り合いました。


零時過ぎにお迎えのコールがあり、三次会のシダックスの駐車場で待つこと暫し、ハイテンションでどこから見ても酔っ払いの嫁達が出てきました。


タクシーやお迎えでそれぞれ家路につくなか、嫁が4人のママ達とやってきました。


「パァパァ~、みんな送ってくれるぅ~?」

「お願いしまぁ~すぅ」


嫁が助手席に乗り、シートを3列使い搭乗が完了すると、酔っ払いに難儀しながら住所を聞きナビに経由地をインプットしました。

自宅より遠いママが一人いたので、かなり遠回りになりそうでした。

車内は奇声と笑い声、酒と化粧と女の香りで充満していて、検問されたら変な集団かと思われそうでした。

「今日の〇〇ママのお化粧、濃すぎでしょ~」


「ここだけの話△△ママ、彼がいるみたいよ~」


女性はこの手の話が好きみたいです。


3人目のママを降ろして自宅付近に来ると、嫁が気持ち悪いと言いだしました。酔って車内であれだけ騒げば当然と思い、あと一人だから我慢しろと言いましたが、どうやら真剣みたいで青白い顔です。


少し思案し、嫁を先に降ろすことにしました。


「●●ママごめんねぇ~、先に降りるねぇ~、うぷっおつかれ~、うぷっ」


ヘロヘロな嫁を他のママと二人で玄関に入れると、車に戻り残ったママを助手席に乗せ発車しました。


しばらく話をしながら運転していると、奥さんの返答がとぎれとぎれになっているのに気付きました。


奥さんを見ると頭がカクッとなって、必死に睡魔と戦っているみたいでした。


「疲れたでしょう、寝てしまってもいいですよ。着いたら起こしますから。」


「いいえ、送って頂いているのに悪いですよ。」


それから数分は頑張っていたみたいな感じでしたが、信号で停止した時に横を見ると、すでに顔を外に向けて眠っていました。


普段はあまり他のママ達を凝視したりしませんが、この時は誰もいないので何度もチラ見をしていました。


胸が結構大きくて路面の段差のショックに合わせて揺れていました。谷間を通るシートベルトが乳房を強調させていました。


両手は下腹部の前でハンドバッグを持った形で、膝丈のスカートから脚が伸びていました。


明るい交差点で停止した時に、差し込んだ照明でブラウスのボタンとボタンの隙間から、刺繍が施されたブラが見えました。


「●●さん?」


声をかけましたが、反応はなく寝息だけが聞こえました。今度は左手で肩をトントンとしながら呼び掛けましたが同じでした。


その状況と雰囲気が大胆というか、理性を無くさせたのか私は運転しながら胸に手を伸ばしました。


ブラウスの上から手の平で軽く触ると、サラサラとしたブラウスの感触の下に、やわらかな乳房とブラの刺繍の凹凸がありました。


反応が無いので手の平を軽く押し付けるようにして揉んでみると、乳房のムニュっとした感触と体温を感じました。


その時、奥さんの息が少し乱れたので、咄嗟に手を引きました。


もう止めておこうと思いましたが、どうしても生乳が触りたくなってしまいました。


慎重を期さなければならないので、運転を止めて自販機がたくさん並んでいる場所に停車しました。


シートベルトを外し奥さんの方へ向いて、緊張した右手の指先を自販機からの明かりで見えるブラウスの隙間に侵入させました。指先がやわらかくさらっとした肌に触れました。


撫でるように乳房の感触を堪能し、指先をブラの縁から入れゆっくりと乳首に向かわせました。


指先が乳輪をとらえて、その中心にある小さめなコロッとした乳首に触れました。本当は指でつまんでみたかったのですが、そっと指先で転がしただけで満足しました。


ゆっくりブラウスから指を引き抜き、また運転に戻ろうとしましたがスカートからのぞく膝頭が目に入りました。


ストッキングが照明でテラテラと光っていました。さらなる誘惑に負け、膝の間から手を入れてストッキングのサラサラした感触とムッチリした太ももを手の平で楽しみました。


その瞬間、奥さんに手首をガシッと掴まれてしまいました。


私はやっぱりおっぱいで止めておけばと後悔しました。頭の中はどう弁解しようと、この現状をどうしようとの考えが交錯してパニック状態です。

そして右手は、奥さんに掴まれたままフリーズ状態です。


沈黙の中、何か言わないとと思いながらもうまく言葉が出ずにいました。

口火を切ったのは奥さんでした。


「ダメっ!」


「ご、ごめんなさい!」


「ダメっ!」


「本当ごめんなさい!つ、つい、い、いけないと思ったんだけど」


しどろもどろになり必死に弁解をしようとしていると、奥さんは私の手首を強く握りながら信じられない事を言ってきました。


「今日はダメっ!」


「……?」

私の前頭葉にいるはずの脳細胞は、かなりのショックを受けてダウンしてしまっているので、奥さんの言葉を理解できずにいました。


「だから、今日はダメ!アノ日なの、ここまでね」


「??………??」


予想外の形勢逆転!地獄から天国!死刑から無罪!


ここは畳み掛けて地位保全をしてしまわねばと、立ち上がりかけた脳細胞を総動員して、奥さんの言葉を急ピッチで咀嚼する私の口から何とか出た言葉は


「じゃあ、明日?」


笑いながら奥さんは


「そんなに早く終わらないでしょ!来週末!」


何とか地位保全措置を!


「え~、じゃあおっぱいだけもう一回!」


「ダメ!」


「お願いっ!」


「も~、※※ママに言っちゃうよ~」


と言いながらも奥さんは、ブラウスのボタンを二つ外しておっぱいを触らせてくれた。ブラの中で乳房を持ち上げるように揉んで、硬くなった乳首を指でつまみました。


携番とアドを交換すると、そそくさとシートベルトをして、奥さんの家に向かいました。


ここでいいと、家の少し手前で車を止めると奥さんはシートベルトを外し、キスをしてきました。


「じゃあ明日にでも、メールするから!送ってくれてありがとう!」


奥さんを見届けると、私は浮かれたハンドルさばきで自宅に向かいました。


自宅に入ると嫁がソファーにもたれていました。


「おかえりぃ~」


また、飲んでるしっ!


「さっき●●ママからメールあったよ~」


どきっ!


「途中で寝ちゃったてぇ~謝ってたよ~!パパ変な事しなかったでしょうねぇ~?」


「……;」


それから奥さんとは、月に1、2回の頻度で会っている。会えばセックスする仲だけど、食事やショッピング、ドライブで終わる時もある。


最初のうちは安全日には生でした事もあったけど、最近はお互い凄く気が合っていい関係でいる。

だから妊娠とかでごたごたしたくないのでセックスはゴム着用です。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する