FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】15歳のとき、私の初体験の相手は人妻の美容師さんだった

kage

2015/10/22 (Thu)

私の初体験の相手は美容師である人妻だった。


消費税導入に伴い便乗値上げした床屋を替え、美容院に挑戦してみる決意をした事が切欠だった・・・

今から15年程前の話になるだろうか、当時私は15才だった。


腕とか評判とかでは選ばずに単に安い所を探して入った店では、田中美佐子似のスレンダーな女性が迎えてくれた。


当時大人の女性に強い憧れを抱いていた私はこの女性が私の担当になるとも知らずに、その女性に一目惚れしていた。


幾度となく通う事で担当の美容師ともコミニケーションが取れるようになってきて、

また私も女性に強い興味を湧かせている年頃であった頃からも何時から理想の初体験の相手として見るようになった。

ある時、この美容師に駄目元で手紙を書いてみた。

その内容は単刀直入ではなく、付き合って欲しいという内容。


しかし、私が15で相手は24。

当然話も価値観も異なる事からも丁重に断られた。


またその時に彼女が婚約していて直に結婚する予定である事からも私の気持ちには応えられないという理由だった。


手紙の内容から、女をあまり知らないと見抜けたのだろうか・・・

付き合えない替わりに一度限りであれば私の物になってもいいという代案を提案してきた。


無論、私には断る理由もなく、素直に彼女の好意に甘える事にした。


当時私は車もバイクも運転できない年齢で、彼女もアシがなかった。


仕方なく二人して電車に乗り継いで新横浜駅のホテル街に歩いて行った事を覚えている。


歩きながら私にとって初めての女性になる事を告げると、ホテルに着いてから思いっきり甘えさせてくれた。


キスの仕方から胸の揉み方、またアソコの触り方など一通りレクチャーを受けながら、

また、基本的には男がリードするものであるという文化も教えてくれた。


特にお願いした訳ではなかったが彼女からの精一杯の奉仕として黙って体中を舐め回して

スムーズにフェラに移行してくれた時には背筋に電気が走ったかと思うほど衝撃を受けた。


特別遅漏ではないがフェラでは結果逝く事ができず、ほどなくして挿入を試みた。


挿入自体は簡単にできたのだが、腰を動かす度に抜けてしまいその都度入れ直すSEXが続いた。


でも彼女は嫌味一つ言わずに毎回片手で握っては導き直してくれた。


生温かいアソコに埋まり、黒く乱反射する自分のチンコを見てはSEXしている事をかみしめながら堪能した。


無我夢中で突きまくった。


「大きくて奥で当たるから気持ちいい」なんてお世辞を言ってくれたのも今考えてみれば憎い演出だったのだろうか。


安全日という事で生で中出しさせてくれた、というよりは外に出し損ねて中で発射してしまった。


怒られると思いしょげている私にそっとキスをして、チンコを口で綺麗に舐めてくれた。


「君の初めての女になれて嬉しかったわよ。

次回会う機会まで腕を磨いておいてね」

彼女はそう微笑んでくれて、私を大人の世界へ送り出してくれた。


その後幾人もの女性を経験して腕を磨いたものの、私にとって初めての女性となったその女性に対して成果を披露する機会はまだ訪れていない。


3歳年上の姉の親友の智子さんは、中学時代からよく家に遊びに来て家族と一緒に食事をしたり、姉の部屋に泊まったりしていました。

僕は大学に合格したら智子さんにお願いしようと決めていました。


「まーくん。

合格祝い何が欲しい?」と智子さんが聞いてきた時思い切ってお願いしました。


「うーん・・・。」駅前で待ち合わせ、手をつないで北口のホテル街へ行きました。

昼下がりだったので殆ど人通りが無く、小さなホテルへ無事入館。

部屋に入ると、僕は我慢できずに智子さんに抱きつきました。


そのままベッドに倒れこみ、抱き合ったままキス。

智子さんの舌が僕の口の中に唾液と一緒に入ってきました。


チンポはもうビンビンで、ズボンの上から触れられるとそれだけで逝きそうでした。


お互いの服を脱がしあい、裸でまた抱き合いました。


智子さんが体をずらし、いろんな場所にキスしてくれました。


そして最後に、僕の勃起を握り舌でチョロチョロと舐めてくれました。


「あああ・・・、だめ、我慢できない。

出ちゃうよ。」僕がそう言うと

「出してイイよ。」とパクッと咥えてくれました。


どくっどくっと智子さんの口に射精しました。


智子さんはそのまま口に含んだまま、チンポを扱くようにして全部飲んでくれました。


智子さんは口を離して

「今度はマー君の番よ。」と恥ずかしそうに足を広げてくれました。


智子さんの陰毛は淡く、割れ目からお尻の穴までハッキリ見えました。


指で割れ目を広げるようにして舌を伸ばしました。


「優しくね。

あああ。」舌が突起に触れると智子さんは声を出しました。


夢中で舐めていると膣の入り口に粘液が出てきて、それを啜り上げました。


「ああ・、まーくん、上手よ。

あああ・・、恥ずかしい。」

そして、体を上げて智子さんのおまんこにチンポをあてがいゆっくりと入れることが出来ました。


腰を動かすと、うっ、うっと智子さんが反応してくれました。


2回目の射精もあっという間でした。


「郁々・・。」ビュッビュッと精液が出るたび、ぎゅぎゅと締め付けられました。


そのあと一緒にお風呂に入り、もう一回させてもらいました。


今度は恥ずかしがる智子さんを四つん這いにして後ろからしました。


智子さんとはその後も何回かさせてもらいました。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する