FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】出会い系の人妻から逆援助交際を持ちかけられた

kage

2015/10/01 (Thu)

ある日、出会い系で知り合った人妻から、

「セフレを欲しがっている知り合いがいるんだけど、良かったら逢ってみる?40代の人なんだけど、お小遣いくれるってよ。」



当時、女には困っていなかったが、お金につられて1度会う事に。


アドレスを教えてもらい、逢う約束を交わした。


俺は結構ストライクゾーンが広かったので、40代でも全然構わないとその時は思っていた。


約束の当日になり、女性の住むマンションへ向かった。

彼女の名は恵子さん。

40歳。

5年前に旦那さんを亡くしているらしい。


マンションに着いた。

大きく綺麗目なマンション。


オートロックのため、教えられた部屋番号を押す。


恵子さん「はい?」

俺「あっ、メールしていた○○です。」

恵子さん「あっ、今開けますね。」



扉が開いた。

エレベーターで上へあがり、部屋の前へ。





インターフォンを押すと、「はーい」と中から聞こえてきた。


ドアが開いた。

玄関から突然犬が2匹出てきた。


そして中にいた女性はというと、とても40歳には見えない。


どう見ても50代だろう。


外見はマツコデラックスを老けさせた感じ。


足首位まである長めのスカートに、ピチピチのTシャツを着ている。

4段腹が透けている。


正直あり得ない。

街で見かけたら思わず噴き出してしまう位の醜さ。




思わず直ぐに帰ろうかと思ったが、紹介してもらった手前、せめて言い訳位して帰る事にした。




取り敢えず部屋の中に通され、リビングのソファーに座った。


とにかく部屋が汚い。

ソファーも犬が噛んだのか穴だらけ。


そして何より部屋中が臭い。

犬の臭いなのか、恵子の臭いなのか解らないが。




少しすると恵子がビールを持ってきた。

そして挨拶。


俺「あっ、すいません。」

恵子「緊張しなくて良いのよ、リラックスして頂戴。」

俺が断りの言い訳でも話しだそうとすると、

恵子「あっ、これ先に渡しておくね。」と封筒を差し出してきた。


中には10万入っていた。


まさかこんなに貰えるとは思っていなかった俺は少し迷い始めていた。


そして1,2時間我慢するだけで10万貰えるなら・・・。

と抱く決心をした。




つまらない話をしながら、ビールを1本飲み終えると「じゃ、そろそろ良いかしら?」と俺の手を取り、のそのそと寝室へ連れて行かれた。




寝室はあまり日差しが入らず、湿気でジメジメした感じ。

部屋の中にはセミダブルが2個並んだ位の巨大なベッドがあった。

部屋のあちこちにはSM道具的な物も散らばっていた。


いつものセックス前の高揚感は一切なく、恐怖に近い気持ちで一杯だった。


俺が「あの、シャワーは?」と聞くと、恵子は「良いのよ。」と答える。


ベッドの端に座らせられた俺は、1枚1枚服を脱がされ始めた。


恵子は夢中で俺の体を見ている。

そして遂に全裸にされた。


恵子は「じゃ、ベッドに横になって。」と言ってきた。

俺は従った。


ベッドで横になっている俺の手足に、鎖と手錠が一緒になった様なものを装着してきた。



それにはさすがに抵抗した。

起き上がり、「ちょ、ちょっと、何してるんですか?!」

恵子は「私、こうしないと興奮しないの!」と強気で言ってきた。


俺は10万貰った手前、何も言えず恵子の為すがままに・・・。

これが大きな間違いだった。




手足をベッドの4つ角の柱に固定された俺は、大の字になり身動きできずにいた。


その姿を見た恵子はニヤッと笑い、自分の服を脱ぎだした。

実に醜い体。


恵子は服を脱ぎ終えると、俺の腹の上にまたがってきた。

重い・・・。


すると俺の顔へ向かって倒れ、俺の頭を抑え、物凄いディープキスをかましてきた。


「ブチュブチュ、ジュパジュパ、レロレロ」俺の口に吸い付き、唾液を交換させてくる。


恵子の唾液を飲まない様にしていると、俺の口の中が恵子の唾液で溢れてきた。


恵子の口臭はたまらなく臭い。

何を食ったらこんな悪臭になるのだろう。


悪臭のあまり、口の中の恵子の唾液を思いっきり飲み込んでしまった。


何だか長ネギのような臭いと味がして、思わず嘔吐しそうになった。




恵子のディープキスは30分以上続いた。

口だけでなく、顔全体舐められた・・・。


時間が経過するたびに、俺の腹の上にある恵子のマンコから汁が溢れてくるのが解った。


おびただしい量。

おそらく俺の腹上はビショビショだろう。




ようやくディープキスが終了すると、恵子の舌は俺の乳首を舐め始めた。


全く持って感じない。

俺は乳首結構感じる方なのに・・・。


顔に続き、乳首を恵子の唾液でビショビショにされ、もうどうでも良くなった。




その後、恵子は俺の全く反応していないチンポを鷲掴みにし、こう言い放った。


「ちょっと大きくなってきたわね〜。

エッチ。」


殺したくなった。




恵子は鷲掴みにした俺のチンポをそのまま口に頬張った。


ジュポジュポ音をたてながら吸引している。

チンポがあっという間に唾液まみれ。




「気、気持ち良い・・・・・・・・・。」



恵子のフェラの上手さには正直驚かされた。


間違いなく今まで味わったフェラではNo.1。

何より、恵子の顔が見えないのが効果的。


あまりの気持ち良さに俺のチンポはフル勃起。


思わず発射しそうになると、恵子はフェラを止め、「まだ駄目。」と一言。




そしてチンポから口を離し、恐ろしい事に俺の顔の上にまたがってきた。

すでに臭い。


ゆっくり恵子のマンコが俺の顔へ近づいてくる。

ぽたぽた液体が顔に垂れる。


真上にある恵子のマンコは、何ともグロテスクだった。

黒々とした肉の塊。


目の前まで来ると“モアーン”とした熱気。

とにかく凄い悪臭。


俺は首を振って嫌がったが、頭を手で抑えつけられ、口と鼻にマンコを押し付けてきた。


息を止めて抵抗したが、あまりの激臭に狂いそうになった。


例えて言うなら真夏の生ごみを数段強烈にした感じ。


俺の顔に恵子のビチョビチョの臭マンが擦りつけられる。




恵子の唾液臭だった俺の顔は、マン汁の臭いとブレンドされ、恐ろしい臭いになっていた。


恵子は俺の頭を掴み、腰を振りながら「舌を出して舐めなさい!!」と命令。


俺は無視して口を閉ざしていた。


すると恵子はベッドから降り、下に転がっていた極太バイブを手に取った。

嫌な予感。


何も言わずローションをバイブに塗り付け、俺のアナルに突き刺してきた。


「ズ、ズブブブブ。」

俺はあまりの激痛にのた打ち回った。

間違いなく肛門が切れた。




俺は「ふざけんな!何してんだよ!!」と激怒。


恵子は「お金払ったんだから私の言う事は絶対に聞きなさい。

もう一度入れる?」

と言いながら、再度俺の顔の上に乗ってきた。


俺の頭を押さえつけ、顔面に臭マンを押し付ける。


俺は怖くなり、舌を出し恵子のマンコを舐めた。


恵子は「そう、そうよ。

上手。

もっと激しく舐めなさい!」と腰を振り続ける。


俺は必死に舐め続けた。

何度も吐きそうになった。

約1時間舐め続けた・・・。


恵子はその間、何度も絶頂を迎えていた。




ようやく臭マンのクンニから解放された俺は、放心状態。

味覚も嗅覚も崩壊していた。


恵子はグッタリしている俺のチンポをフェラ始めた。

相変わらずのテクニック。


あまりの上手さに5分もしないうちに、フル勃起。




恵子はすぐさま騎上位で挿入した。

生で。

自慢のチンポがズブズブ臭マンに入っていった。


恵子「あっは〜。

いいわ〜。

もっと、もっと!!」

と大声で気持ち悪い喘ぎ声を発しながら、物凄い勢いで腰を振っている。


意外に名器。

太っているからかチンポが良い感じに肉に挟まれ、何気に気持ち良い。


俺は限界が近づき「や、やばい。

出そう。」と呟くと、

恵子「良いわよー。

私の中にいっぱい出しなさい。」とさらに激しく腰を振りだした。


俺は我慢できず、「あっ〜!出る!!」と大量発射。


恵子「うわ〜。

すっごい出てるのがわかるわ〜。」と射精している感覚を楽しんでいる。




俺はやっと終わったと思っていたが、とんでもなかった。


恵子は再度腰を振りだし、「何回でもイって良いのよ。」と終わる様子は無い。


1回イッタ俺のチンポは敏感になっていて、とにかく抜きたくて仕方なかった。


俺は「恵子さん、ちょっと休憩しましょう!」と叫んだが、聞く耳を持たない。


汗とヨダレをダラダラ垂らしながら、腰を振り続けていた。




あれから何回イカされたのだろう。


途中、恵子さんも疲れて休憩もあったが、約12時間犯され続けた。


夕方18:00に恵子の家に行った俺は、翌日の朝7:00に解放された。


体中が恵子臭になった俺は、逃げ帰るように恵子宅を飛び出した。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する