FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】兄貴の嫁さんとエッチしたが最高だった

kage

2015/09/19 (Sat)

男3人だけの家族で少し年の離れた兄貴が居て

当時、俺は15歳で兄貴が26歳の時に年上の27歳の人と結婚し

同居となった訳ですがむさ苦しい男所帯に兄貴の嫁さん

(加奈子さん)は専業主婦となり家事の殆どをするようになった。


美人で胸が大きくスタイルの良い加奈子さんですが

いつしか俺の性の対象となっていきました。


我が家では風呂上りは必ずと言っていいほど裸で

家の中をウロウロしてました。

それが我が家での習慣であり仕来りでもありました。


裸のまま親父は晩酌したり、みんな寝るまで殆ど裸でいます。


嫁いで来たばかりの加奈子さんはそんな光景に驚いてました。


男がチンコだして家の中をウロウロしてるんですから

見たくなくても自然と目に入ってたと思います。


1年もすると慣れてきたのか加奈子さんも

風呂上りには裸で過ごすようになってました。





加奈子さんの裸を見てるといつも俺のチンコは勃起しまくり

初めは親父も勃起してました。


俺達の勃起したチンコに慣れてきたのかいつしか

チェックするようにもなりました。


「今日も元気ね」と言っては俺のチンコを見て

親父の側に行き

「おとうさん、大丈夫ですか」と声を掛けて

チンコを見ては「体の具合、良くないのかしら」と言う加奈子さんに

「もう、歳だから」と答える親父。


でも、時々親父も加奈子さんの裸で勃起してるらしく

そんな親父を見ると加奈子さんは嬉しそうにしてました。


いつしか加奈子さんの下着にも手を出すようになり

加奈子さんの次に俺が入り

脱衣場の洗濯カゴにある加奈子さんの脱ぎたてのパンティーを手にしては

その場でオナニーをしてました。


入り口を背にしていつもの様にオナニーをしてたら

加奈子さんが来ているのも気がつかず

「何してるの」と言う声に驚き

手にしてたパンティーを隠すように後ろ手にすると

やさしい声で「隠さなくてもいいのよ」

「若い子なら好奇心もあるから」と強引に俺の手から奪うと

「続けましょうね」とチンコを握られオナニーの続きをしてくれました。


その日からオナニーは加奈子さんがしてくれるようになり

勃起したチンコで催促すると家族の目を盗んではトイレに連れて行かれ

後ろからチンコ握られ射精してました。


高校を出ると就職し必然と一人暮らしをするようになり

二十歳の頃まで続けてましたが

流石に大人になった俺に戸惑いも感じているみたいでした。


子供も生まれ加奈子さんの体型にも少し変化がありましたが

一段と色っぽい体つきになっていて

いつまで経っても加奈子さんの前では勃起してました。


「少し尻が垂れてきたんじゃない」と言うと

「そうかなぁ」と尻を手で持ち上げニコニコしてました。


そんなある日久し振りに家に帰った俺は家族の居ない事をいい事に

加奈子さんの入浴中に俺も入って行きました。


驚いた感じもありましたが

普段から裸はお互い見慣れてるので単なる延長程度にしか思ってなく

狭い浴槽に2人で入りながら話をしてました。


背中を洗ってもらい「こっち向いて」と言うと

「今日はまだだったわね」と言うとチンコをシゴキ始めました。


いつもは後ろからしてもらってたので初めてお互い向き合っての処理で

今更ながら何となく恥ずかしさもあり目をそらせていました。


頂点に達し射精すると加奈子さんの体に精子が飛び散り

「沢山出たね」と言って立ち上がりシャワーで流していました。


俺は白々しく「姉さん、尻が垂れてきたね」と言い

初めて加奈子さんの尻を素手でさわり

「何するの、触らなくていいの」と微笑んでいた加奈子さんですが

異変に気がつくと「ちょっ、チョッとやめなさい」

「そんな事しなくていいから」と少し怒り声。


俺は加奈子さんの尻を触るなりオマンコ見たさに

左右の尻肉を思いっきり左右に持ち上げる様に開きました。


シャワーの水が垂れてきている中、念願のオマンコどころか

肛門まで丸見えになり初めて見る加奈子さんのオマンコに

射精を終えたばかりのチンコは再び元気を取り戻してました。


狭い浴室なので逃げようにも逃げられず

ましてや尻を両手で押さえつけてるので身動きも殆ど出来ず

俺のなすがままでした。



マジマジと見つめてる俺に観念したのか

「わかった、わかったから」と

「見たければ見せてやるから変な気起さないで」と言い

浴槽の縁に腰掛けると念を押すかのように

「見るだけよ」と言いながら少しずつ股を開いていきました。


俺は加奈子さんの開いた股の間に入り顔を近づけ直視しました。


生い茂る陰毛の中に半開きの肉厚でイヤらしいオマンコに興奮し

更に足を広げてやるとオマンコはパックリ開いて

『ここが入り口』といわんばかりに挿入口も口を開けていました。


加奈子さんは一番恥ずかしい所見られて恥ずかしいのか

目を閉じ黙っていましたが見てるのも我慢の限界で

とうとうしゃぶり付いてしまいました。


加奈子さんは「止めなさい」「そんな事・・・」「ダメよ」などと

小さい声ながら身動きできない体で拒否してましたが

段々と気持ち良くなってきたのか

「あん、あん、」「あ〜」と気持ち良さそうに喘ぐ声となってました。


暫くしゃぶってましたがそろそろチンコを入れてみたくなり

加奈子さんの体を挿入しやすい体位にすると

嫌がる素振りもせず素直に俺の動きに合わせて体勢を変えてくれました。


気持ちよかったのか息遣いが荒くなってる加奈子さんでしたが

両手を浴槽の縁を掴み尻を俺に突き出した格好になると

ズブリと肉棒を突き刺してしまいました。


敏感になってるオマンコはチンコを吸い込むかのように

ヌルヌルと簡単に奥まで刺さり何とも言えない気持ちよさに

入れてるだけで射精しそうになりました。


「うっ、あぁぁ、イヤァ」と突き刺した瞬間、加奈子さんの声がして

加奈子さんの腰を手で持つと無造作にピストンし始めました。


クチュクチュとオマンコからはスケベな音がして

パンパンと尻の肉に弾ける俺の体。


「ダメ、ダメ、あ〜、あ〜」とヨガる加奈子さん。


そんな行為も長く続かず直ぐに出そうになり速さを増すと

「ダメ、ダメよ、出しちゃダメ」「外で」と加奈子さんが甘い声で

叫ぶのと同時に抜いた瞬間、勢いよく射精してしまいました。


終わると加奈子さんはその場にしゃがみこみ

俺はハァハァ言って初めてのセックスにその場に立ち尽くしていました。


「もう、強引なんだから」「あんなことされちゃ我慢できなくなるわ」と

兄貴と最近してない事、を話してくれました。


短いセックスでしたが久し振りに気持ちよかったと

加奈子さんは笑顔でした。


それからは用もないのに家に帰る事が多くなり

欲望のまま場所を選ばず今でも加奈子さんに挿入してます。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する