FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】立ちションしている所を美人のアラフォー奥様に見られた結果…

kage

2015/08/17 (Mon)

俺もおばさんに見られた事あるなぁー。(これ本当に去年の冬あった事実)

寒い冬の夜マラソンしてた時、急におしっこがしたくなった。

近くに便所がないから、周りに人がいないのを確認して、近くの駐車場で小便をした。

小便中、後ろの方から「ジャリジャリ」と音がしたので振り返ってみるとテニスラケット

を持った40代前半のおばさん(森口ひろこが少し老けた感じ)が駐車場に入ってきていた。

夜の11時頃、人も全く来そうにない場で小便してる俺と、おばさんと二人だけ・・

この緊張感がなんともいえない。

自分は一番端の車の後ろの方で小便をしていたが、なんとそのおばさんがこっちの

方向に近づいてきた。

どうやらおばさんはテニスラケットを車のトランクにしまいにきたらしい。

おばさんの車は自分が立っている、車の隣の車らしく、トランクの方へ近づいてきた!

そしてトランクのところまでやってきたおばさんは、チラッと自分の姿を見た。

おばさん「すいませんね、すぐ終わりますから。」

自分「・・・、こちらこそすいません。」

自分「どうしても我慢できなかったんで。」

おばさん「ここら辺は、おトイレないですからね。」

段々俺のチンポが勃ってきてしまった。この時点で小便も出きっていた。

でも居心地のよさにその場から離れられず、小便をしている風を装った。

俺とおばさんの距離は1,2mくらいだったかな。

おばさんは多少恥ずかしそうな感じで、荷物をしまい始めた。

俺はいつのまにかチンポをしごきはじめていた。

おばさんもそれに気づいていたっぽかった。そして・・

俺「すごく緊張します、こんなキレイなお姉さんの横で小便するなんて。」

おばさん「別に気にしないでいいですよ。」

俺「気にしちゃいます。」

おばさん「なんかうれしいわね。」

俺はつい図に乗ってしまい、「勃ってきちゃいましたよ。」というと、

おばさん「うふふ。(実際に声は聞こえないが、そんな仕草)」

俺は我慢できなくなり、

自分「ここで出しちゃってもいいですか?」

おばさん「何をだすんですか?」

自分「白いのです。」

おばさん「どうぞご自由に。(多少笑いながら)」

俺は、手の動きのピッチをあげ始めた。でもこのままイクのはもったいないと思い、

自分「本当に申し訳ないんですが、自分のしてる所を見てもらえませんか?」というと、

おばさん「えっ!?でも見られてもうれしくないでしょ?」

自分「全然です!お願いできませんか?」

というと、おばさんは自分の方へ近づいてきて、

おばさん「そこまでいうならしかたないわね。でもあまり長い時間は見ていられないわよ。」

といい、その場にしゃがみこんで自分のチンポを覗き込むように見てくれた。



そして、

おばさん「若い子は元気ね。すぐ硬くなっちゃうの?」

自分「はい。」

おばさん「でも、男の子がこんな事してる所はじめて見たわ。」

自分「そうですか。でも本当にうれしいです。」

と会話をした。でも折角ここまできたのにそのまま発射するのはもったいないと思い、

ダメもとで、

自分「触ってくれはしないですよね?」

と聞くと、

おばさん「ちょっと興味あるなぁー、本当に触っちゃうわよ。」

といわれ、

自分「ぜひぜひ、お願いします。」

そして、おばさんは人差し指と中指を鬼頭の部分にちょんと触れた。

おばさん「もうカチカチじゃない。でも温かいわね。」

俺はもう我慢できず、

自分「握って、今やってるみたいに手を動かしてもらえませんか?」

おばさん「じゃぁ本当に特別だけど、サービスしてあげる」

といってくれました。

おばさんは俺のパンパンに張ったチンポを握り、

おばさん「本当に温かい。ホカロンみたいね。私の手は冷たくない?」

自分「冷たくて気持ちいいです」

そしておばさんは俺のチンポを上下に動かし始めた。あまり手コキは上手そうではないが、

すんごく気持ちよかった。

自分「すごく気持ちいいです。」

おばさん「ごめんね、こういうことほとんど知らないから。でも喜んで貰えてうれしいわ。」

俺は段々イキそうになり、おばさんの手コキのピッチがかわらないので、

自分「早く動かしてください。」

というと、おばさんは一生懸命にチンポをしごいてくれました。





やがて・・

自分「あっ、イキそうです。」

おばさん「ほんとに?」

そして・・・ドク、ドク、ドク〜

するとおばさんは白いジャージのポケットからハンカチを出して、くたくたチンポを拭いてくれました。

自分「本当に気持ちよかったです。有難うございました。」

おばさん「それはよかったわ。でもおばちゃん手でやった事はじめてだから、勉強になったわ。」

自分「また、僕の物でよかったら、勉強してください。」

おばさん「機会があったらヨロシクネ。」

といってくれた。

そして自分は深くお辞儀をし駐車場をあとにしました。

それ以来あのおばさんに会ってないが、またいつか会いたいと思った。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する