FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】淫乱未亡人、ペニスを取り替え自由自在に操る

kage

2015/08/01 (Sat)

未亡人って、男の人は特別な目で見てるのね。それって、第一に独身であること。第二にセックスの経験を積んでいること。したがって肉体が熟れていること。つまり、男を喜ばせるテクニックにも通じていると思うわけね。


こんなこと書きだしたのは、あたしが未亡人だからです。そして、そんな男の目に、いつも見られているからなのです。あら、ウヌボレかしら。それはともかく、亡夫と結婚したのが三年ちょっと前、二人とも同じ会社に勤めていたから、社内恋愛を経て社内結婚したわけです。

それが、雨の日にクルマでお得意先へ行く途中、スリップしたダンプに追突されて、すぐ脇のコンクリート塀に激突、即死でした。夫の勤めている会社、いいかえればあたしも前に働いていた会社のおエライさんが同情してくれて、まだ子供のないところから、あたしを復職させてくれたのです。

あたしが勤めていたころとは、若い社員など知らない人もいますが、あたしは抵抗なく職場に帰りました。顔馴染みの人も多く、はじめからチャホヤされて、あたしもつい、ちょっと舞い上がっていました。でも、そんな人たちも、既婚、未婚を問わず、それとなくあたしとのセックスが目的らしいと感じました。

たしかに一度結婚した女は、男のそういう対象にされるのほ、ムリもありません。中には、亡夫と結婚する前に何度かホテルへ行った仲の人もいるのです。亡夫の一周忌の過ぎたころになると生活も落ち着いてきたせいか、あたし自身が、肉体の渇きをガマンできなくなりかけていました。

そんなとき声をかけてきたのが、今は係長になっている今泉さんです。

「どう、久しぶりで、一杯つきあわないか?どうせ、帰っても一人で食事するんだろう!」

金曜日の退社直前でした。ちょうど、あたしは生理前で、カラダがウズウズしている時でしたから、多分ナルヨウニナルナとは思ったのですが、OKしました。本当いえば、今泉さんほ、結婚前に何度かアッタ仲ですから……。

いくみ「和美クンは、スシが好きだったね」ということで、お酒を飲んで、おスシを食べて、その店を出ると、当然のように、二人は、ホテルへ向かったのです。「一緒にシャワー浴びようか」と言われて、あたしは大胆にも、ハダカで今泉さんのあとからバスルームへ入って行きました。

「すっかり熟れて、女盛りって体になったね」

そんなことを言いながら今泉さんはシャワーのノズルを持って、あたしの全身に浴びせてくれました。そのシャワーが、あたしの手を払いのけるようにオヅバイに掛けられたとき、快感が、突き上げてきました。あたし、思わず身ぶるいしてしまいました。

すると今度は、シャワーの強い水洗が、ワレメに降りそそぎます。

「い、いやーっ……ダ、ダメょ、ダメになっもやうーっ…‥」
「ダメになってもらいたいんだ」

そう言うと今泉さんほ、あたしのオッバイを挟みほじめたんです。久しぶりの男の手。共に死なれて1年余のオトコなのです。そして気がつくと、あたしの手は、今泉さんの勃起している肉の棒を摘んでいたのです。シャワーむ止めるのもまだるっこしく、今泉さんは、あたしを抱いてキスしてきました。

と同時に、オッパイを揉んでいた手が下がって、ワレメをクリクリと刺激するのです。
「ダ、ダメ……ね、ね一っ……」訳の分からないことを言うあたしを今泉さんは後ろ向きにすると、バスタブに手を支えさせ、ヒップを突き出した形にあたしをして、後ろから突いてきたのです。

ああ、1年ぶりのセックス、あたしのワレメはグショ濡れだったので、今泉さんの肉棒ほ、ヌルリと根元まで入って来ました。夢中でした。女盛り、セックスに飢えていたあたしは、ヒップを振り立てて今泉さんに応えていました。

「さあ、今度はべットへ行って、ゆっくりやろうよ」
今泉さんは、わたしの体を拭いてくれると、抱きかかえるようにしてベットに連れて行きました。

ベッドに仰向けにされると今泉さんは、あたしのワレメに吸いついてきたのです。クリトリスに舌が当ると、体が思わずビクンと跳ねました。そのあとが大変でした。シックスナインでお互いに舐め合ったり、女上位で髪を振り乱したり、正常位でお互いにアクメったときは、2人ともグッタリとしてしまいました。

今泉さんは、もう結婚しているので外泊の理由がなく、その日は、それで帰りました。でも、一度、男の味を思い出したあたしの肉体ほ、四六時中、火照りっばなしで、止まらなくなってしまいました。

その後、一週間に一回ぐらいは今泉さんとホテルへ行きますが、あたしの肉体はそれでは、収まりません。ついほかの人にも誘いをかけてしまう状態です。そんな中で、今年入社した若いコがいて、ある日、廊下ですれ違った時

「ねえ、きょう、帰りに、ちょっと開いてもらいたいことがあるから……」
と言って約束したのです。

でもカレ、ホテルへ入っても、今どきの若いコに似合わずモジモジしているのです。聞いてみると、未経験だということです。

「じゃ、あたしが手ほどきしてあげるわ」
と言って、まずフェラチオ。若いコのソレは、ちょっと変な匂いがしましたが、あたしはワクワクでした。でも、カレ、すぐに放出。

「はじめはみんな、そうなのよ」と言ってシゴクと、すぐ元気を取り戻しました。ですから、あたしは、カレをベットの上へ仰向けにして、「ほら、ココに入れるのよ」とワレメを指で広げて見せてから上からかぶせて腰を落しました。

でも、カレ、腰を突き上げて来て、あたしがピッチを合わせて二度目の放射です。結局、そのあともう一回ハメて、あたしも満足しました。こうなると、もう止まりません。社員の何人かは〝アナ友達″になることでしょう。そしてあたしは、タップリ、セックスを満足させるだけです。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する