FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】妻との最高のセックス初めての海外旅行で

kage

2015/07/16 (Thu)

今は、もう還暦の歳になったが、10年ほど前にワイフと行った海外旅行で。泊まったホテルが30階以上の高さで我々の部屋は32階、窓からは、街の夜景が綺麗でとてもロマンチックなムードでした。

その夜は、いつになくワイフを抱きたくて更にそんなロマンチックな状況が、いっそう心を躍らせて、普段は出来ないsexをしようと考えた。

部屋の明かりを全て消して、窓際に行きキスをしながらバスローブの紐を解くとハラリとバスローブの前が開いてCカップのオッパイが覗いた。唇から首筋、胸へとキスをして、舌で乳首を転がし、吸い付き、また唇へと移動。

バスローブを肩から滑らすとスルリと床に落ちて生まれたままの裸体が現れた。オッパイを揉みながらキスをしてる頃にはワイフは、もう喘ぎ始めていた、私はワイフの背中に回りこみ後ろから抱きしめオッパイを揉みしだきながらワイフを窓ガラスに手を付かせ、片方の手は胸から下に移動させながら繁みにたどり着き、其の中から花びらの芯を探し当てて、それを摘むと「ハアーンッ」と声を発するワイフ。

さらに花びらの中に指を入れて蜜壺の中をかき混ぜ、ワイフの裸身を窓ガラスに押し付けて、まるで外の人にワイフの裸身を見せるようにした。勿論外からは見えるはずは、無いのですが。そのままワイフの腰を引いて蜜で潤んだヴァギナに屹立した一物を宛がうとスルリと亀頭が入った、さらに腰を進めて根元まで、突き入れた。「ウウーッ」と声をあげたワイフの蜜壺は、愛液で満たされいた。それで一物を出し入れさせるとクチュクチュを卑猥な音をたてて一物に絡みつくように蠢いていた。

次第にワイフは、気持ち良さそうな喘ぎ声をあげて私の激しい突きいれを待ってるように腰を振り、私もそれに応えるように一物を出し入れさせてガンガン突きまくった。

ワイフも「アン、アン、」と調子を合わせるように喘ぎ、限界が近づいた私は、更に激しく一物を出し入れさせて、ワイフの「アハーン、アアーッ」と云う声と一緒に思いっきり精汁をワイフの中に噴出させた。少しの間、繋がったまま外の景色を見ていたが、ワイフの蜜壺の中が、ヒクヒクと一物を締めつけていたので、しだいに一物が元気を取り戻してきたから、ベッドに移り2回戦を始めた。


2回目は、いろいろと体位を変えて嵌めまくりワイフの中にタップリと精汁を放出した。一眠りして夜明け前の少し明るくなった頃に、目が覚めてワイフの裸身を触っていると一物がムクムクと元気を取り戻し、三度、身体を重ねゆっくりと一物を挿入し、ワイフを包み込むように抱きしめて残った精汁を絞り出すように彼女の中に放出して一物と精汁で中を一杯にした。今思うとこの時ほど、彼女の膣の中を一杯にさせたことは、無かったと思う。若かったんですね。

関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する