FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】手コキ体験 その2

kage

2015/06/29 (Mon)

今日も行ってきた。本当にヒマな俺だ。
10時15分、某百貨店の婦人服売場フロア・男性トイレへ。
昨日よりの少し遅めの出勤だ。昨日も結局はこの時間だったからな。
入口に立てられた「清掃中」の札を目にする俺。この緊張感、表現する言葉が見当たらない。
中に入る。…居たっ!!八木アナウンサー、いつもの掃除のおばちゃんの格好だが、今日はちょっと化粧が濃くないかい?

さっそく勃起してきた俺のチンコ。童貞じゃないのに、なんてこった。

俺「あ、どうも。いいですか?」
八木「あ、ええ(クスッ)。毎日なんですね。もうたまっちゃんたんですか?」
俺「ええ、まあ」
八木「出て行った方がいいですよね」
俺「い、いえ!仕事続けてください」

出て行かれたら意味ないじゃん。八木アナ、男の生理が分かっていないようだ。
小便器の前に立つ俺。ポジションは、小便器よりも2歩後ろ。
見せつけるには絶好の位置。チンポを出す。今日はスムーズにほじくり出せた。

右手で握る。ゆっくりと動かし始める。左足はオープンスタンス。
そう、種田のバッティングフォームのように。
八木アナは、俺の左側。洗面の下のほうにある、ゴミ箱を処理していた。
こっちを見ようとしない。そこで俺はチンポをしこりながら話し掛けてみた。

俺「掃除の人って普通はおばちゃんだけど、ここは若いですね。ビックリしちゃった」
八木「そう?私だっておばちゃんよ」
俺「いやー、まだまだお姉さんですよ」

一生懸命会話を繋げる俺だが、八木アナは仕事の手を離そうとせず、こちらを向いてくれない。
今日でこのシチュエーションは3日目だ。
さすがに俺のチンポも慣れてきた。やはり、こちらを向いてもらわないと絶頂に導けない。
俺は一か八か、はっきり言うことにした。

俺「あのー、こっちを見て欲しいんですけど」
八木「えっ!だってアソコが見えるよ」
俺「見てもらう方が、出しやすいんです」
八木「毎日出してるからぁ、本当はたまってないんでしょ?」

八木アナは長い目のモップを取り出し、男性トイレの入口に立てかけた。
誰も入ってこれないようにしてくれたのだ。

八木「見るだけだよ。でもこんなオバサンに見られても楽しくないでしょ?」
俺「いえいえ、オバサンじゃないですって。綺麗なお姉さんですよ」

左手を伸ばせば届きそうな至近距離に、八木アナは立っている。
八木アナの視線は少し落とし加減。俺のチンポを見てるような、見ていないような。
俺は右手の上下運動のピッチを上げつつあったのだが、このまま果てるのはもったいないような気がしてきた。

俺「あのー、ちょっと触ってみてくれませんか?」
八木「ええっ!そんなぁ」
俺「いいから、いいから。僕の後ろに回ってくれます?」

俺は小便器に近づき、八木アナには俺の後ろの少し右側に立ってもらうよう指示をした。

八木「ここでいいの?」

俺は八木アナの右手の手首を掴み、チンポに導いた。

八木「あ、あつい…」

それが俺のチンポを握った時の八木アナの第一声だった。

俺「動かしてみてください」
八木「えっ、どうすればいいの?」

おいおい、イマドキ、女子中学生でもそんなことは知ってるぜ。このオバサン、演技をしてくれているのか?
それとも本当にウブなのか?

俺「ご主人にしてあげるようにすればいいんです」
八木「主人とはもう何年もそんな関係じゃないから、よくわからなくって」

おいおい、マジかよ!セックスレス夫婦かよ!うーん、確かに手コキは上手じゃない。
まあ俺の場合、比較対象は風俗嬢だから、比べる方が間違いか。
何分が経過したのだろう。お互い、ずっと無言だ。
八木アナの動かし方は下手とは言え、徐々に俺の気持ちは高まってきた。

俺「もう少し強く握って、早く動かしてくれますか?」
八木「こう?」俺「そうそう。うっ、うっ」

八木アナの肩に俺の身体をあずけ、彼女の耳元に吐息を吹きかけながら、俺は最後の瞬間を迎えようとしていた。
シャンプーのいい香りだ。

俺「いきますよ、見ててください!」
八木「え!」

彼女のシャンプーのいい香りを目いっぱい吸い込み、思いっきりぶちまけようとした。
俺「あ、で、出る!」ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ~白い液は小便器に飛び散った。
八木アナの手にも少しついたようだ。

俺「ご、ごめんなさい。手にもかかっちゃたね」
八木「ううん。たまってたのは本当だったのね。あ、ちょっと待ってね」

八木アナはポケットからティッシュを取り出し、チンポを拭いてくれた。
なんか、むず痒い。

俺「あ、もう後は自分でしますから」
俺は洗面の方に行き、手を洗った。

八木「でもスゴイね、久しぶりに見ちゃった」
ほのかに赤くなってる八木アナの顔は、まるで少女のようだった。

八木「ウチ、娘2人だから、こういうのよく分からなくって」
俺「ほんとにありがとうございます。また来ていいですか?」
八木「うーん。これ以上エスカレートしちゃだめよ」

今日も満足感いっぱいで、男性トイレを後にした。明日の朝が待ち遠しい。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する