FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

【熟女体験談】取引先のパート巨乳熟女と倉庫の安ソファーでSEX

kage

2019/09/12 (Thu)

取引先のパート42歳のゆりこ。かなりの巨乳で見た目も悪くない。
明るくノリも良いので、取引先で打ち合わせが終わった後にお茶をしながら色んな話をしていた。
(シモネタも軽く)ある時胸が目立つセーターを着ていたので、

「そんなの着てたら痴漢に会うよ」と言ってみたところ、
「そうなのよ~。こないだも電車で触られたわ」と返してくる。

彼女の話はこうだ。

快速電車に乗っていたら(座席は二人がけの椅子)、横に50代くらいの会社員風の男が座った。
彼女は男が横に座った時には警戒してカバンを前に置くようにしているらしい。
男は新聞を開き、彼女側の手の甲を胸の近くに持ってきた。(来たな!)と彼女は思ったらしい。
どこまでしてくるのかと思いながらある程度放っておくと、
その男も大胆になって来て掌で触ってきた。

「で、どうしたの?」と聞くと、
「タイプじゃなかったから睨み付けたらどこかに行っちゃった。」と彼女。

「タイプだったら触らせてたの?」というと、
「タイプだったらねぇ。○○(俺の名前)さんだったらもう少しはね(笑)」
「じゃあ、今度は僕が触りますね~。(笑)」

てな感じでなかなかノリが良い。

ある時、彼女と二人で仕事で倉庫へ車で出かけた。
また彼女は胸の目立つセーターを着ていて、俺は車の中でギンギンだった。

【熟女体験談】バイト先のおばさんに誘われ中出しSEX

kage

2019/09/12 (Thu)

大学時代、スーパーでバイトしていた。
働いているのは近所のおばさんたちが多い。
月に一度呑み会があったが、おばさんの参加が大多数。
母と同年代の40代のおばさんから、50代のおばさんまで。

飲み始めると、やはり下ネタになり、彼女のいない私に対し、
「どうやって処理してるの?」とか「どれくらいオナニーするの?」とか。
一日に何度もオナニーしていたので素直に言うと、「もったいない。」、
「家の主人なんか数ヶ月に1回しかしない。」、「入れてもすぐに萎えちゃって役に立たない。」
なんて言っていた。50代のおばさんが、「おばさんが気持ちよくしてやろうか?」というので、
「お願いします。」と答え、その場はやり過ごした。

2次会でカラオケ屋に行き、そのおばさんが私の隣に座った。

「一緒に帰ろうか?」と私を誘ってきた。

他の人たちに「二人でへんな事しないでよ。」なんてからかわれながら、二人で店を出た。
おばさんは「ホテル行く?気持ちよくなりたいでしょ?」

と誘われ、ホテルへ入った。
おばさんはすぐに私のズボンとパンツを下ろし、即フェラを始めた。
いきそうになるのを告げると、

「私のも気持ちよくして。」

と、おばさんは全裸になり、四つん這いで尻を突き出した。
黒くてデカイビラに、白髪交じりの陰毛、
顔を近づけるとチーズと小便の強烈なマン臭。
思わず「くっせぇー」とつぶやいてしまった。

【熟女体験談】バイトをしていた雀荘仲間の熟女とSEX

kage

2019/09/12 (Thu)

これは俺が二十歳の時の話です。
当時俺は大学生で、雑居ビルの雀荘でアルバイトをしていました。

彼女はそのビルのオーナーさんで、店にも客として遊びに来ていました。
彼女はバツイチの42歳。旦那の浮気で離婚。
慰謝料代わりにブン取ったマンションと雑居ビルの家賃収入で生計を立てているようでした。

垂れ目で、顔だけ見るとやさしそうな印象を受けますが、身体はかなり大柄です。
身長は170近くあり、かなりふくよかな体格をしています。
服は少し派手目の物が多かったですが、ケバケバしい印象はありませんでした。
タレントで言うと斉藤由貴に似てると思います。

その店はSETの客が多いため、彼女の相手はいつも俺の役目でした。
そのうち自然と仲良くなり、晩飯をご馳走になったり、彼女の部屋にも招待されるようになりました。
招待といっても彼女の麻雀仲間の数人も一緒で、
徹夜で麻雀をする為に呼ばれていただけのことなのですが。

その日も彼女がやって来ました。
深夜12時に閉店になるまで打ちましたが、その日の彼女の成績は散々なモノでした。
多少、気性の荒い人なので、かなりのご機嫌ナナメです。
「このままじゃ治まらないから、この後家で続きをしましょう!」
と言うと、すぐに麻雀仲間に連絡しました。当然俺も連れて行かれるわけです。
近くの飲食店で軽く腹ごしらえをし、彼女の部屋に向かいます。

彼女の部屋は3LDKのマンション。1人暮らしには広すぎる間取りです。
麻雀仲間は30代くらいの水商売風の女性Aさんとその友人(ヒモみたいな男20歳後半か30くらい)
の2人です。ほとんど毎回このメンバーです。
2人は彼女の家の中で待っていました。自動ジャン卓に座ると挨拶もそこそこに麻雀が始まりました。
そのまま朝になってしまいました。このメンバーでやるとほとんどの場合朝7時くらいでラストになります。