FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

【熟女体験談】義母の下着でオナニーしていた所を義母に見られ、我慢できずにセックス

kage

2019/09/06 (Fri)

臨月を過ぎた嫁。
出産予定日よりも早く緊急入院する事になった。

胎児の命に影響な無いと言うものの心配が尽きない私。

精神疾患に悩んでいた嫁だけに安静が必要との判断からだ。
その間はまだ四十路と若い義母が昼間は病院で看護のお手伝い。

夜は、うちのアパートで過ごすという生活で支援してもらっていた。

素直にありがとうと心の底から思っていた私。
ノーザン業デーの金曜日。

帰宅すると義母の姿が見えない。
7時には帰宅するとの書置きが。

洗濯機に着ていた汗臭いTシャツを放り込むと見慣れない下着を目にしてしまった。
クリーム色のスリップとブラ、そしてグレーのパンティがあった。

それらを取り出して思わず匂いを嗅いでいた。
香水などは一切つけない義母の下着は、洗剤の甘い香りがした。

パンティを裏返して股間に当たる部分を見ると、若干黄色い染みがあった。

鼻を近付け独特の小便臭い匂いに、目眩がするほどの興奮を覚えた。

頭の中は台所に立つ義母の姿で一杯になり、痛いほど勃起した自分のペニスにはスリップを巻き付け、無茶苦茶にシゴいていた。

【熟女体験談】ぶりっ子熟女から淫乱熟女に変わる人妻

kage

2019/09/06 (Fri)

私は53歳で小さい会社を経営しています。

今日はあいにくの天候、暇になりそうなので今一番のお気に入り、39歳の熟女さんに連絡。

少しお話ししてから

「暇だしお茶しに来ない?」

と誘ってみた。

「まだお茶碗洗っていないし~」

人妻ならではのお返事。

「帰ってから洗えば良いじゃん」

「う~ん、じゃパッと洗って行くね」

と嬉しい返事。

30分後くらいにジーンズに薄手のTシャツ姿のお気にの熟女がご来店。

他には誰も居ません。

お客様用のテーブルを指して

「此処で良い、それとも事務所が良いかな?」

とお客様用には座らせる気も無いのに聞いてみる。

【熟女体験談】欲求不満な巨乳人妻の童貞狩り

kage

2019/09/06 (Fri)

夫と職場結婚し、5年目になる主婦です。

今も部署は違うものの、夫と同じ会社で働いています。

見かけは地味でとても大人しそうに見えるのですが、胸がFカップと大きいため、よく痴漢やセクハラをされていました。

それを助けてくれたのが、今の夫なのです。

でも、どんどん私の体は開発されてきてしまったようです。

真面目一筋で子作り以外のSEXにはまったく興味ない夫。

全然満足しなくて毎日、物足りない感じです。

不倫をしようにも、夫がいる同じ会社の人とでは絶対無理。

かといって三十路もすぎるとなかなか新しい出会いもありません。

出会い系の男性もいまいち信用できないし。

ですから、通勤で使う電車の中でかわいい童貞の男の子を物色しては逆ナンしてしまうんです。

生理前など欲求不満になると、電車の中やホームで好みの男の子を探します。

誰でもいいというわけではないのですが、欲しくて欲しくてしょうがない時は、もう見境なくなってしまいます。

でも、なるべくカワイイ子を選びますね。