FC2ブログ
2019 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 09

【熟女体験談】普段は飲まない酒に酔い、友人の前でノリノリに乱れた妻

kage

2019/08/23 (Fri)

普段は飲まない妻は、私の友人が持ってきた甘い酒を美味しいと、かなり飲みました。

友人が

「奧さん身体が熱くなってきた?俺が鎮めようかぁ。熱いとこ見せてごらん」

と冗談で言うと

「脱げって言うの?エッチねぇ。濡れてたら舐めてくれるの?」

と妻もノリノリ。

私も調子にのって

「たまぁに俺以外のナニとしてみたら?脱いでここで四つん這いになって使い込まれたナニを見せてやれよ」

と。

「使い込んだのはパパじゃないの。あっ、もしかして使い込んだのは元彼だったりして」

と妻は笑ってました。

私が嫉妬してふてくされると、酔った妻は

「嫉妬してくれたの?嬉しい」

と言い、友人がいるのに抱き付いてきてキスをしてきました。

【熟女体験談】童貞がパートさんにエロ動画を見せられ誘惑までされた結果

kage

2019/08/23 (Fri)

俺の初体験は大学を出て2年目の6月の半ばの会社の休みの日に、俺の職場で働いているパートさんだった。
俺は大学を卒業して、生まれ故郷から2時間半位の地方都市に配属になった。

あまり口上手でない俺は友人もなく、同僚とのそれほど親しくしている人はいなかった。
そんな折、一緒に働いていた礼子さん(しばらくして知ったのですが、俺より一回り程年上で、なんでも離婚したバツ一だと同僚から聞いた。

小柄ですが、明るくて、今まで俺の近くにいた女性では一番口をきいてくれ、内心素敵な人だと思っていた。
正直、一人マスをする時、礼子さんの裸身を想像しながらしてしたのも事実だった。

そんな折、彼女から、

「今度の休み、なにか用事あるの?暇なら私の住まいに来ない。こんなおばさんでもよければ、家庭料理作ってあげるわよ」

とやさしく言ってくれた。
どうせマンションにいて弁当を買って缶ビールを片手に飲むしかなかった俺は、ラッキーと思い快諾した。

行くとコーポの2階の小さな住まいだった。
バス。トイレと4.5畳くらいの台所と6畳位の部屋が2部屋あるようだった。

11時過ぎにお邪魔すると彼女はやさしく笑顔で迎えてくれた。
仕事中と違い、細めのジーンズに白いセーターを着て長い髪を肩まで垂らしていた。

「もうじき用意出来るから・・・」

と鼻歌を歌いながら居間に料理を運んでくれた。
俺の嗜好を知ってかのようにビールも出してくれて「今日は一緒に飲もうよ」と言った。

【熟女体験談】メル友掲示板で知り合った人妻がフェラがとてつもなく下手な非テクニシャンだった

kage

2019/08/23 (Fri)

あれは、俺がまだ10代のとき。

俺って熟女嗜好?なとこがあって30代~40代ぐらいのおばさんに妙な憧れがあった。

17で童貞捨てた俺はメル友掲示板とか出会い系でそれなりに経験人数増やしていってたんだ

そんな時知り合ったのが、美雪(仮)っていう36歳の人妻だった。

メル友系の掲示板の新着で見つけて、同じ県って言う事で積極的にアタックしたんだ。

日記機能があるサイトで美雪は頻繁に書いてたけど、何か暗い内容ばっかりだった。

まーいま思えばメンヘラって一発でわかるけど、当時の俺は変わった女だ、ぐらいにしか思ってなかった。

そのサイト内で数ヶ月やり取りした後、メアド交換⇒メール&電話する仲になっていった。

数ヶ月かかったのは、熟女嗜好でどんぴしゃの年齢だったけど。

人妻ってわかってたしチキンな俺は自分から深い関係は望んでなかったんだ。

だって見つかれば旦那に何されるかわかんねーし、かーちゃんに年近い人妻とセックスしてばれてみろ、人生終わるだろwww

同じ県っていっても車で2時間ぐらい離れたとこだったし、金かけて会いにいくなら近場のセフレとセクロスした方がましって事で、なかなか会うまでに至らなかった。

そんなメル友状態の関係が1ヶ月すぎた頃、美雪がやたら会いたい!っていうようになってきたんだ。

いくらバレタラ!って恐怖があっても熟女嗜好の男が熟女に誘われたら…いくしかねーだろ?www

しかも、初対面で人妻とラブホはまずいと思って、近くのビジネスホテルまでチェックして入念な計画まで立てたww