FC2ブログ
2019 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 09

【熟女体験談】出会い系で見つけたポッチャリ熟女と中出しセックスを堪能

kage

2019/08/09 (Fri)

先に自分の性的好みをお伝えしておきますが、自分ポッチャリした人か熟れ熟れの人が好みなのです。

ちょくちょくその旨を掲示板に書き込んで募集していましたが、まあ、宴の話や希望とずれたふざけた返信が多くなかなか見つかりません。

あわよくばって言う感じでもやっとしたときに気まぐれに書き込み続けていると、44歳から返信が。

条件とかを確認していくと希望からは若干ずれるものの、妥協範囲。

しかも他と違って宴の話もない。

おっこれはと思ったのですが、即座にアドレス交換の要望が。

うわぁ、業者かなぁと思いつつ、まあ拒否すればいいかと思いアドレスを教えると普通に返信が。

予想外だったのですが、そこからのやり取りも普通で途絶えることなく近日中にアポまで取れた。

当日、危ない人たち潜伏の可能性も危惧して、電車で行くと伝えて車で現地へ。

その車も近くの飲食店の駐車場に止めて待ち合わせ場所に行きました。

そして約束の時間になって当人から連絡が入り、近くにいるとのこと。

よくよくあたりを見渡すがそれらしい人は・・いない。

それもそのはず、今まで会ったことのある人の経験上からで先入観があったんですが、私が探したのは熟女で太目(大柄)の人だったんです。

おかしいとおもい、服装とかの特徴もあわせて探すと、もしやという人がいました。

ただし自分の胸元ぐらいまでの背丈の小柄の熟女が・・

【熟女体験談】深夜の温泉に入ってくるで女将や仲居頭とのエッチな体験談

kage

2019/08/09 (Fri)

年に四、五回ですが、温泉宿に泊まって、深夜温泉に入っていると、女性が入ってくる事があります。

私自身は女性用の温泉かとびっくりしますが、勿論、入ってきた女性の方も驚いています。

その女性は女将か仲居頭です。

男性用の温泉の方も、不定期に確認しないと清掃などに手抜きがあったりするようで、深夜に抜き打ちで点検するらしいです。

温泉の点検ですから当然全裸ですが、少し温まってからいろいろな箇所を確認しています。

私にとっては、全裸の女将や仲居頭を見る良い機会ですから、のんびりと時間を過ごします。

確認が主ですから、場合によっては後ろからアソコが丸見えになることもあります。

点検が終ると、また温泉に入ってきます。

一仕事おわったせいか、大体そばに来てくれて話しかけてくれます。

深夜の温泉で男女ですから、興奮します。

だから、すぐ勃起状態です。

日本の温泉は、白濁している所は少なく、透明のところが多いですから、そばにきた女将や仲居頭はすぐ気づきます。

話しながら私の股間の方をチラチラ見ますから分かります。

そんな時には、急に立ち上がり「シャンプーをしてきます」と言います。

勃起状態の股間をごく近くで女将や仲居頭は見ることになります。

構わず、洗い場にいって頭を洗います。

【熟女体験談】花見の公園で出会った処女おばさんに中出しSEXし、妊娠させた

kage

2019/08/09 (Fri)

東北のS市にいたころの話です。

あの辺りは桜の開花が遅くて大学へ入ってしばらくしたあと、寮の先輩らと花見をした。

俺は一度別の大学を中退した後の再入学だったので、一回生といっても年上だったし寮でも古株の4年以上の先輩らと気が合って、

みんなとは少し離れたところで真っ昼間から酒盛りしてた。

22時を過ぎると、花見用の公園の照明が落ちて暗くなったのでお開きにしたけど、暗くなってもまだまだ周りは盛り上がっていた。

先輩らは他の寮生と一緒に先にどこかへ言ってしまったので、新人らしく片付けをしていたが、ずっと端っこでひとりでいるおばさんが気になっていた。

ここはまぁ桜は一本だけあるけど、斜面でシート引くのも大変で他に飲んでたのは俺らだけだった。つまり人気のない公園のハズレ。

「ひとりっすか?」

おばさんの足元にはビールとワンカップがいくつか転がっていて、けっこうよい感じに出来上がっていた。

暗くてはっきりはわからないけど、近くで見ると思ったより老けてたし、うちの母親と同じか年上で結構ぽっちゃりした感じ。

化粧っけもそんなになくて、近所の奥さんかなと思った。

おばさんも暗くなっても帰る感じではなかったし、なんか寂しそうで、ちょっと心配になって声をかけた。

そんな軽い気持ちで声かけたが、おばさんもひとりで飲んでる割には愛嬌がよくて、

「どうぞどうぞ、ほら、つまみもあるし。そこで飲んでたお兄ちゃんでしょお?」

と隣を譲ってくれた。