FC2ブログ
2019 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 09

【熟女体験談】温泉で知らないおばさんとSEXしたことに怒った母とも近親相姦SEXをした

kage

2019/08/07 (Wed)

僕は大学に入って一人暮らしを始めた。
一人暮らしも3年目、彼女もいなく毎日暇を持て余していた。

訪問客と言えば月に一回訪れる母のみだ。
ある日のこと母が僕の部屋へやってきた。

連休が取れるため、久しぶりに親子2人で旅行へ行かないかと言われた。
まぁ毎日暇してるから断る理由がなかったから、もちろん行くことにした。

母が旅行代理店で働いているから激安で行ける温泉旅行だった。
そして、まさか温泉旅行で母とあんな事になるなんて・・・

物語はここから始まる

僕「いい旅館だね」
母「そうでしょ、お客さんの人気投票で一位の場所よ」

僕「さすが!」
母「まかしてよ」

僕「やっぱり割引なの?」
母「あたりまえじゃないの」

僕「建物だけじゃなく、部屋も綺麗だね」
母「温泉も最高なのよ」

僕「へぇー」
母「もちろん、混浴もあるわよ」

【熟女体験談】隣の夫婦とのスワッピングでを相手に腰を振る嫁の姿に嫉妬と興奮が交じり合い中出し

kage

2019/08/07 (Wed)

子供を嫁(嫁)のお姉さんに預けて隣のご夫婦と家で鍋パーティしました。

以前から4人で飲むとセックスの話になり、嫁を除く3人はノリノリでした。

俺と隣の旦那Iさんはノリノリで、今回はしようと決めていました。

が、嫁次第。

嫁に“子供をお姉さんに預けよう”というと何も言わずに預けたので覚悟したのかもしれません。

鍋を食べ、酒を飲みながら嫁をひざの間に座らせて胸をなではじめました。

嫁は少し恥ずかしそうに手をよけようとします。

IさんはKちゃん(Iさんの嫁)を同じように座らせ、スカートに手を入れています。

KちゃんはIさんにキスを求めながら声を漏らしはじめました。

俺たちはそんな二人を見ながらキスしたり胸を触ったり。

スカートに手を入れようとすると首を振ります。

しばらくすると、IさんがKちゃんのスカートをめくりました。

彼女はノーパンでした。

足を広げ、Kちゃんのアソコを見せ付けられます。

【熟女体験談】出会い系で知り合った熟女とはお互いのものを全部さらけ出したいい交際だった

kage

2019/08/07 (Wed)

最近まで出会い系で知り合った年上の女性(当時53歳)と、一年半のあいだおつきあいをしていました。

旦那さんは亡くなって子供さん三人と暮らしていて、若い頃は薬師丸ひろ子似だったようなすっきりとした顔立ちで話も合いました。

何度か居酒屋デートして、その日盛り上がったのでラブホテルに誘ってみると、向こうも待っていたようですんなりといきました。

ホテルに入るときゅっと抱きしめて、長いキスをしました。彼女もキスが好きなようで、ベッドに倒れこみながら激しく舌を吸い込んできます。

彼女は「ああ、ああ」と何かものすごく興奮したようすで体をくねらす感じです。
バストを揉むより先に、スカートの中に手を入れました。

相当濡れていました。クリトリスに指先をあてて持ち上げるようになでると彼女は「ふーう」と興奮した声を上げました。

キスをしたまま、まずスカートを脱がし下半身を裸にして、そのあと上半身の衣服を脱がせてあげました。

僕はネクタイ姿ですが、彼女はすっ裸の状態です。おっぱいは小さめですが、

先っぽがツンと出て指でつまむとこりこりといい感触です。キスを中止して立ち上がると、彼女の両足を思いきり開きました。

彼女は「明かり消して」といいましたが、お構いなしで濡れた貝を開きました。

ビラビラもそんなにめくれた感じはなく、濡れていいにおいがしていました。

クリちゃんをなめながら、指を出し入れしすると「いい、いい」と大きな声をたてます。
「だめいく」といって挿入をせがんできました。

僕は衣服を脱いで、69の形になりました。
バナナのようにそそり立ったオチンチンを彼女の顔に近づけると、彼女はそれに吸い付きました。