FC2ブログ
2019 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 08

【熟女体験談】伯母さんとラブホテルに行き中出しSEX

kage

2019/07/19 (Fri)

昨日、伯母さんとラブホテルに行きました。
俺の想いに応えてくれて内緒でつき合うことをOKしてくれた伯母。

グレーのワンピースを着ていて原田知世似の伯母さんにはとてもよく似合ってました。

部屋に入って少しくつろいでから、ベッドに座って熱いキスを交わします。

唾液の交換をしながら背中のファスナーを下げてベッドに横たえました。
ブラを外すと、弾力を失っていないおっぱいに褐色の乳首があらわになりました。

乳首を甘噛みしつつでパンツの中に手を…そこはすでにビショビショです。
伯母さんのクリや淫唇を舐め、

「幸子さん、すごく濡れてるね」

と言うと、

「ちょうだい、挿れて」

の声。
脚を大きく広げて挿入すると柔らかな襞が吸い付くようにペニスを包み込みます。
10代の少女のような締め付け感です。

「ああ、いいわ、いい!」

「好きだ!ずっと前から大好きだった!」

これまでの思いがこみ上げてきて、我を忘れて激しくピストンしました。

【熟女体験談】仕事先で知り合った人妻インテリ女史との初めてのカーセックス

kage

2019/07/19 (Fri)

職場ではないですが、仕事先で知り合った人妻インテリ女史とお付き合いするようになり、1年半かけた先日、とうとうセックスしました。

気持ちよかったです。

仕事上でメルアドの交換をして、徐々に世間話みたいなやりとりをするようになり、お互いに酒好きと判明。
向こうの職場の人数名(顔見知り)と飲み会をやった。(第一段階)

その後、お昼に俺の会社方面へ来るからと昼食の誘いがあり、頻繁に食事をするようになった。
(第二段階)

何度も会うようになってきたので店で食事をしていると周囲の目もあることから、俺の車の中で軽いランチをとるようになった。
(第三段階)

やがて昼だけでなく、夕方にも会うようになった。冬場は暗くなるのも早く、薄暗い車内に二人きり・・・
それでも妙な事をせず、楽しく話をしたりテイクアウトのコーヒーを飲んだりと楽しく過ごした。
(第四段階)

徐々に手を触れたり、肩に手を掛けたりとスキンシップが多くなってきて・・見つめ合い、
おでこをくっつけたりしているうちに自然な流れでキス・・・そしてギュッと抱きしめあった。
(第五段階)ココまでで約半年・・

それからは会う度に抱き合って貪るようにキスをした。
ただし身体を触ろうとすると手をはね除けられた。

彼女曰く、
「すごく上手で気持ちいいキスだからそれだけでいい」
とのこと。しかし俺のイタズラな手は止まらなく、やがて太ももだけはOKになった・・・
(第六段階)

【熟女体験談】人生初のボーナスで人妻ヘルスに行ったら相手がまさかの叔母さんだったが正常位で激しく突いた

kage

2019/07/19 (Fri)

社会人になって初めてのボーナス。
何を買おうか貯金をしようか考えてました。

でも初めてのボーナスで中途半端な金額だからイマイチ欲しいものが買えない。
そんな時、先輩社員から声がかかりました。

「おまえな?貯金なんてだるい事言ってたらダメだぞ」
「えっ?マズイっすか?」

「男は黙ってフーゾク!これだよ?」

人生初のボーナスの使い道がフーゾク?
ちょっと嫌な感じがしたけど断れないオーラを先輩が発しています。

とても断れない感じなので仕方なく一緒にいくことになりました。
人妻ヘルスに行ったんですが、常連の先輩はテキパキ指名をしています。

「おまえ、分からないんだろ?お前の相手は俺が選んでやる」

頼むから力士だけはよしてくれ…と祈ってました。
店員さんから何枚か写真をもらって吟味している先輩。

なぜぷくっと笑う?

その中から1枚の写真を取り出すと私に見せながら、この人で決めっ!

…。

先輩…写真裏側なんですけど…
反論出来ないままの緊張の30分…