FC2ブログ
2019 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 08

【熟女体験談】出会い系で返事がきた欲求不満な人妻をいろんな体位でハメてやった

kage

2019/07/12 (Fri)

ボクも女性といいことがしてみたくて、出会い系に
「割り切った交際相手募集。特に人妻さん希望」みたいな書き込みをしたところ、数人の方から返事がきました。

その中から、

「31歳の人妻です。主人とは何年もなくて欲求不満で、もう限界です。年上ですけど、何回も出来る人ならお願いしたいです」

という方と何度かメールのやり取りをしてから会うことになりました。
昨日の昼間、彼女の指定した場所まで行くと、なかなかの美人の人が待っていました。

人違いかもと思ってメールすると、ズバリ、その人でした。
あまり期待してなかったけど、美人な上にスタイルもよくて、この妻を抱かない旦那が憎くなるほどでした。

「誰かに見られると恥ずかしいし、早くしたいから」

といった彼女に手を引かれてホテルに行きました。
部屋に入ると、

「こういうの初めてで緊張してるけど、いい人そうでよかった」

と、いきなり抱きついてきました。
少し緊張していたけど、チンコはもうビンビンに興奮していたので、たまらなくなってボクも抱き締め返しました。

彼女は目を閉じてアゴを上げるのでキスをしました。舌を入れて、絡めて吸いました。
タイトスカートの上からお尻を撫でると、こんもりと柔らかな感触が手のひらに広がってきて、思わず指に力を入れて揉みしだきました。

スカートをまくり上げてパンストの上から肌触りと感触を楽しむように撫で回してから、尻の割れ目から前の方へと指を滑らせました。
彼女のアソコはもうすでにじっとりと濡れていて、熱くむにゅむにゅとしたいやらしい弾力が伝わってきました。

【熟女体験談】寮母の綺麗な乳首に勃起し、手コキしてもらった

kage

2019/07/12 (Fri)

俺の会社は田舎にあって、某地方都市から数キロ離れた辺鄙な場所にある。

年齢は25歳のサラリーマンで会社の近くにある寮住まい。

当然まわりには、遊ぶところはない。

うらぶれた飲み屋が何軒かあるだけだ。

だから休みになるとみんな寮からいなくなる。

ほとんどの奴は土曜の夜は外泊し、日曜の夜に、これから収監される犯人のような顔で寮に帰ってくる。

しかし、俺だけはいつも寮に残っている。

俺は世間でいうところの「テツ」

「鉄ちゃん」と言われる鉄道お宅で日本全国の路線を制覇するための金を貯めているからだ。

寮には塩崎さんという寮母がいる。

塩崎さんは五十路のほっそりしていた普通のおばちゃん。

強いて言えば余貴美子に似てる。

寮母と言っても住み込みではなく近くから通って、食事の用意と寮の掃除をしてくれる。

土曜と日曜は寮の欠食日で食事は作らなくてよいが、土曜日は掃除だけをすることになっている。

俺は金曜日の夜はよく上司に誘われて(もちろん上司のおごり)、うらぶれた飲み屋へ行くので風呂に入るのが面倒になり、土曜の朝にシャワーをあびる。

それがちょうど塩崎さんの風呂掃除の時間に当たり、しょっちゅう塩崎さんに裸を見られている。

【熟女体験談】彼女の母親の浮気を目撃し、ダメもとで頼んだらセックスをさせてくれ、今は交互に親子丼を楽しんでいる

kage

2019/07/12 (Fri)

俺は高校2年。サッカー部に所属し1つ先輩のマネージャーである香奈先輩と付き合っています。
香奈先輩は美人で明るく、ほとんどの先輩が狙っていて人気の的でした。

そんな香奈先輩から付き合ってほしいと言われ、俺は優越感でいっぱいでした。
付き合っている事は皆には内緒にしてほしいと香奈先輩に言われたので、
俺達はこっそり会っていて、それがまたドキドキしてなんとも言えない気分でした。

付き合って3ヵ月くらいして、SEXをしました。
お互い初めてでしたが、その感動は今でも忘れられません。

やりたい盛りの頃でしたので、その後は会うたびにやりまくってました。
半年くらい付き合った頃、はじめて香奈先輩の家に行きました。

香奈先輩の家はかなり立派で、賃貸住まいの俺にはうらやましいかぎりの家でした。
家族はおばあちゃん、父母、妹(当時、小6)、それと犬が3匹いました。

はじめておじゃました時は、おばあちゃんがいてお茶やお菓子をだしてくれました。
何度か家にいっている内に、香奈先輩の部屋でエッチするようになりました。

香奈先輩の部屋は2階で鍵も付いていたので最初はドキドキしましたが、そのうち平気で何度もやりまくりました。
両親はいつも留守で、父親には一度もあいませんでした。

そんなある日、休日デートをした後、香奈先輩の家にいつものようにいきました。
その時、初めて香奈先輩の母親がいて、あまりにいい女なので緊張してうまく話せませんでした。

母親は美香さんといい、歳は40才前半だったと思います。
髪は長く、ちょっと茶色に染めていて、かと言ってケバくはなく、背は165センチくらいで、細身の高橋恵子に似ている人でした。