FC2ブログ
2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

【熟女体験談】中2の童貞を逆レイプで奪った女教師

kage

2019/06/06 (Thu)

小学校の教師になり、もう17年になります。

結婚はしていません。

かれこれ10年以上彼氏という存在もいませんし、かといってセックスフレンドのような人もいませんので慢性的な欲求不満に陥っていました。

そんな私がある日を境に元生徒とイケナイ関係を続けているのです。

それはちょうど春休み中のことでした。

ある日、私の受け持ったクラスの生徒たちが、ちょうど彼らが中学2年生に昇級したときに小学校のときのクラス会をやろうということになり

担任だった私も呼ばれました。

その生徒たちの中で当時、内向的でクラスではさほど目立たないおとなしいタイプで手のかからないとてもいい子がいました。

何となく当時は線が細いし優しすぎて心配な生徒だったのですが、立派に中学生らしく振舞っているのを見て素直に嬉しい気持ちになりました。

そしてクラス会もお開きになり、たまたまその彼と帰り道が一緒だったのですが、そのまま彼を私のマンションに誘い、

部屋に入るなり彼に体の関係を迫ると、困った顔をして、躊躇し、動揺していましたが、

私がじれったくなってしまい彼をベッドに押し倒して半分犯すようなセックスで彼の童貞を奪いました。

やっぱり童貞です。

挿入してすぐに私の膣内で射精してしまいました。

それで私が満足するはずもなく、またすぐに復活した彼のペニスを再度、

騎上位で挿入してちょっと腰を振るとまた射精してしまい、結局3回ほど上に跨って挿入しては中出しさせました。

【熟女体験談】スナックのママと若いデブの女の子とセックスで結構楽しませてもらった

kage

2019/06/06 (Thu)

俺がスナックデビューしたのは、就職したての頃。

赴任先の街で彼女もいなかったので勇気を出して1人でスナックに行ってみた。

40代のママと、若いけどデブの女の子でやってる店で、可愛くないのが幸いというのだろうか、何度か通ううちにリラックスして飲める場所になった。

帰宅途中に駅の側の定食屋or居酒屋で晩飯を食った後、その場末のスナックに週1くらいで通っていた。

けして客も多くはない店だったので、俺はあっという間にそこの大常連になっていた。

そのうちにカウンターの中に立ったり、たまに団体が入ったりすると、店員のようになってる時もあったり、いいようにこき使われて、

それをネタに俺も逆襲してタダで飲ませてもらったり、今思い出しても楽しい時間だった。

ママと女の子(ルミちゃん)は正直美人では無かったが、何よりも明るく下品な人たちだった。

仲良くなりすぎるとエロな事が逆にタブーになったりする事もあるけど、俺は根っからのスケベしかも酒が入ると加速するタイプだったので、

仲良くなったのをいいことに、ママにもルミにもよくお触りしていた。

しかも当時俺は24歳w

このスナックでは、オヤジ化しすぎる俺w

向こうも平気で「ドエロ」とか言ってたんで、お互いに後腐れ無しって感じなのも最高。

「ま~た、はじまったよwエロオヤジがw」

「うるせえwちょっとこっち来いってww」

てな感じで、乳揉みは日常化してたね。

【熟女体験談】父の葬儀で不謹慎にも母の女のフェロモンに勃起してしまい、夕食も食べず母と愛し合ってしまった

kage

2019/06/06 (Thu)

父が亡くなる前、看病とかでやつれていたと思う。

傍で見守るようにしていて、母の悲しそうな顔を見るのがつらかった。

いまにも崩れそうな雰囲気があり、叔母から注意を受けていた。

葬儀の当日、僕は母の喪服姿に女の母を見た。

不謹慎と思う人もいると思いますが、その喪服姿は僕をゾクっとさせた。

自分の母親なのに、こんな女の香りが漂う様な母を見たのも初めてだった。

常に母に寄り添う様にして、母からは淡いコロンの香りと、なんとも言えない、母の女のフェロモンなんでしょうか。

僕は母に恋をしてしまったのか、母から離れることもなく近くにいた。

葬儀が済み、家に帰ると母から呼ばれた。

『ねえ、喪服を脱ぎたいの手伝って』

え!と思った、脱ぐのを手伝う?

『お母さんを見ていたのね解っていたわ、ありがとう、嬉しかったわ、あなたが見守っていてくれたなんて』

『見守るなんてしてないよ』

母が喪服の紐を解くのを手伝いながら、僕のペニスが勃起を始めていた。