FC2ブログ
2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

【熟女体験談】童貞を捨てようとあせり、経理のおばさんのご機嫌をとって童貞卒業中出し射精

kage

2019/06/30 (Sun)

もう数年前になりますが、クリスマスの思いでを。
すでに25になっていたぼくは早いとこ童貞を捨てようとあせっていました。

当時アルバイトをしていた工場の経理のおばさん(45才)に目を付け、あれこれご機嫌を取り、
おばさんのほうから声をかけてくれるようにまでなったのですが、クリスマスイブに腕時計をプレゼントしたんですよ、7~8千円程度の。

そうしたら怒られまして。

『こんな事されたら困る』って。

でもそれから数日後、、、。
そのおばさんが帰り間際に『私の事好きなんでしょ?』と言って、ぼくの先を歩き始めたんです。

おばさんの後を付いていくと、資材置き場の奥まったところで、『ほら!早くしなさい!』って、スカートを少し持ち上げてみせるんです。

もう無我夢中でおばさんのお尻をむき出してむしゃぶりつきました。
おばさんの蒸れたお尻の割れ目やぐにゅぐにゅのあそこを舐めしゃぶって。

ところがおばさんは『そんな事してないで早くやりなさい!』とすごく急かしました。
まあ場所が場所なのでいつ人が来るかわからない、って言うのもあったのでしょうが。

で、そのまま後ろから。

何の抵抗もなくするっと入ったのですが、『ちゃんと動きなさいよ』と言いながら
自分でゆっくりと前後に腰を動かしてるおばさんを見ていると異常に興奮して来て、押さえ込むようにしがみついてました。

【熟女体験談】すごくおっぱいもお尻も大きいトイレ掃除のおばちゃんを自宅に連れ込み手コキしてもらった

kage

2019/06/30 (Sun)

俺の会社があるビルのトイレを掃除に来るおばさんはすごくおっぱいもお尻も大きい。

いつも決まった時間に掃除をしていることが判り、俺は其の時間にトイレにいくことが楽しみになってしまった。
多分50歳くらいだと思う。

前屈みになって鏡を拭いているとき等なんの警戒心もなく尻を突き出している時などパンティーラインがくっきりと浮いて見える。

毎朝挨拶をするようになってから急速に色々な話すようになった。

ある日いつものように前かがみになって掃除をしていたので後ろからお尻をなでたら、流石にびっくりして、
「あっ・・こんなおばさんのお尻をさわっても仕方ないでしょう?若い彼女を触ったら・・」と云われてしまった。

怒られなかったのに気を良くして便器の前に立ってファスナーを下ろし、小便を我慢していたのでいつも以上に俺の息子は大きくなっていた。

手を添えることなく腰を前に出して出したら上を向いているので「おばさん、見てよ。こんなに元気に上を向いているよ。」

と云ったら反射的にこっちを向いて「若いひとは元気ね」と切り替えされてしまった。
俺は「おばさん、握って出る位置を定めてよ。でないと周りが汚れちゃうよ」と。

でも握ってはくれなかった。

其の日の夕方胸につけている会社名と名前を見ていたので勤め先に電話して呼び出してもらった。

「いつも綺麗にしてくれて、今晩一緒に夕食食べませんか?俺いつも一人で食べてばかりだから・・・」と誘うと以外にもOKしてくれた。

家に帰る途中おばさんと買物をしてアパートに帰った。

万年床の部屋を見て「一人者はこれだから・・掃除なんてしてないんでしょう?」

【熟女体験談】熟女に軽い接触事故を起こされ裸体を趣味のカメラで撮影し、嫌がるのを犯した

kage

2019/06/30 (Sun)

俺(45歳)は、本社の人事抗争に巻き込まれ3年前から仙台支店に単身赴任している。

肩書きは統括部長だが閑職に等しく、顧客からのクレームに営業部員と謝りに行くのが唯一の仕事になっている。

赴任当初は毎週末に帰省しては、本社で部下だった社員と新橋で呑み、不満の捌け口を酒と、愚痴と、妻の肉体で紛らわせていた。

1年位で本社へ復帰出来ると思っていたが社内状況は好転しない。経費節減で帰省回数も大きく減らされた。

帰省回数が減ると同時に夫婦生活も疎遠になり、妻も子供中心の生活に浸るようになって2年が過ぎようとしていた昨年春、

俺が運転する社有車が交差点で赤のアルトに軽く接触された。

車から中年女性が降りて来たが、初めての事故なのだろう戸惑うばかりで話にならない。

俺が、警察に連絡しようか?とか住所や名前、保険会社の事を矢継ぎ早に聞いたので最後には泣き出してしまった。

車(マーチ)の凹みも言われなければ判らない程で社有車だし、却って会社に報告すれば俺が面倒になることは明らかだ。

泣き止んだ女性が勤め先(某デパート)の名刺を出したので、俺も名刺にマンションの住所と電話番号を裏書きしてその場を終わりにした。

2日後の土曜日「これからお伺いをさせていただきたい」との丁重な電話の後、アルトに乗ったその女性(恵美子)が菓子折を持って俺のマンションを訪れた。

俺は、玄関で「こんなに丁寧にしなくて良いですよ」と云いながらも、

中年女性特有の色気と甘い香りに「実は、大変だったのですよ」と咄嗟に嘘を云ってしまった。

女性の困惑した顔を見ながら「中で話しませんか?」と声を掛けると、戸惑いながらもパンプスを脱いだ。

【熟女体験談】会社の地下書庫で仕事中に激しい突かれて中出しSEX

kage

2019/06/29 (Sat)

午後3時、職場の中には気だるい雰囲気が漂っています。

ふと目を上げて彼の方を見ると彼は私になにか指サインを送っている。

親指を立て手首を回して下に向ける。

これは今から地下書庫で待つ…のサインです。

私たちは緊急の連絡のためいくつかのサインを決めているのです。

彼は同じ職場の上司38歳、私は今年で35歳。

私とこんな関係(W不倫)になって4年です。

周りの同僚たちに気付かれないようにOKのサインを送り返す…彼は席を立ち部屋を出ていきます。

今日はお昼休みエッチの予定でしたが彼の都合でキャンセルになっていました。

こんな時は大抵、時間中か帰りに会うことになるのです。

私も10分後さりげなく部屋を出る。

敏感な女子社員たちの目をそらすにはこれ位の時間差が必要。

周りに注意しながら地下書庫に降りていきます。

ここは地下駐車場の管理室なのですが、使われていないので書庫として使用されてる。

通路に誰もいないのを確認し素早くドアを開け中に入ると…8畳ほどの広さで真ん中に書架が置いてあります。

彼はドア近くの折り畳み椅子に座り私を待っていました。

【熟女体験談】叔母さんと中出しSEXしてから街中の小太りおばさんでも対象になってきた気がする

kage

2019/06/29 (Sat)

近所に父の妹、叔母さんが住んでいる。

タバコ屋の看板娘と言うわけじゃないが、昔ながらの店頭で販売してる。

最近はタスポの影響でか店先で買う人が増えたとか。

私もいつもそこを利用しているのだが、実家は実は隣町で叔母さんとの付き合いは結構長く続いてる。

もちろん普通の親戚付き合いというわけだが。

そんな私が深い付き合いになったのは、私が手に包帯を巻いてタバコを買いにいったのが始まりだった。

自炊しているので何かと不自由してると言ったら家に来て世話してくれた。

掃除したり洗濯したり普通のお世話だけだったはずなんですが、お風呂でついつい勃起してしまいそれがきっかけで体の関係になった。

風呂に入るのも苦労してると言ったから、洗ってあげる、の流れ。

たぶん叔母さんもどっか期待していたところはあったのだろう。

下着とTシャツだけで浴室に入り洗ってくれたけどもう勃起してたから半笑い。

しょうがないわね、とさすりながら抜いてくれた。

それだけで終わるわけもなく、風呂を上がって叔母さんも軽くシャワー浴びると当然のようにベッドに横になり誘ってきた。

今更断わるわけでも無しに叔母さんの中に入っていった。

旦那さんもいるし娘もいる叔母さん。

【熟女体験談】岸辺で全裸になり妻を後向きにして水の中で挿入

kage

2019/06/29 (Sat)

妻は今年56歳、私は4歳年下で52歳です。

私は初婚、妻は再婚で22年前に結婚しました。

妻は大柄で身長は165cmあり、バストも当時88cm、ヒップは92cmと聞きました。

妻の最初の結婚は24歳の時だったそうです。

しかし2年足らずで旦那の浮気で離婚、以来、男性との付き合いはあったものの結婚には至らず、独身であった。

妻の性格はあけっぴろげで、さばさばとした性格です。

夜の営みもどちらかというと妻主導だったかなと思うくらいです。

若い時の妻は、夏の暑い日の会社の休みの日など

朝、布団の中で、一線を交えた後「今日は、どこにも行かないで、このまま過ごしましょう」と。

二人は全裸のままセックスの余韻を残したままそういうのでした。

2人だけの家庭ですから、家の中ではだれにも見られることはありません。

10時ごろになり、お腹が空いたと言ったら、妻は全裸のまま布団から起き出して、小さなエプロンを前にして、

トーストとハムエッグ、コーヒーを入れてくれ、テーブルに向かい合って食べました。

妻の大きな乳房が身体を動かすたびに揺れています。

【熟女体験談】妻がPTAで一緒になった気に入らないKにレイプされていた

kage

2019/06/28 (Fri)

俺(38)・嫁(36)で子供1人の結婚9年目の夫婦。

嫁が今年からPTAで一緒になった40過ぎのKに犯られてた・・・。

前からKは気に入らない存在。

スーパーや授業参観などで合うとKはいつも俺の嫁をガン見してる。

6月に親子参加の奉仕活動で学校の草むしりの時、Kは終始俺の嫁の近くでガン見してやがった。

先週の金曜の夜にPTAがあったが、いつもより嫁の帰りが1時間ほど遅かった。

嫁に聞くと、夏休み前の話し合いが長引いたと説明された。

今日の昼間に嫁が

「○○さん(PTAで一緒の人)のところに書類を貰いに行ってくる」

と言い出かけた。

1時間ほどで帰ってきた。

帰ってくるなり

「外は暑いね、汗かいたからシャワーを」

と言って風呂場へ。

気になり嫁の携帯をカバンから出して中を見ると、LINEのところに受信を知らせる数字が!?

【熟女体験談】人妻合コンで雑魚寝からの4P体験

kage

2019/06/28 (Fri)

当時、20代最後の夏を謳歌したい欲求不満気味だった俺は、生命保険の出入りの兄ちゃんに、合コンセッティングをお願いしまくっていた。

この兄ちゃん(仮にN君)には、何度も合コンを過去にお願いしており、

その都度、期待を大幅に裏切られていたわけだが、それでもN君に再びお願いしてしまうあたりに、俺のルックスの限界が分かるってもんだ。

数日後、N君から吉報が。

どうやら、数少ないコネから合コン相手をなんとか確保したようだ。

聞くと、相手は主婦とのこと。オッケー、オッケー。全然オッケーよ。

でも、一応年齢を確認すると、連絡をとったのは30代後半らしいが、連れはもうちょい若い女性が来るかも、と。

で、問題になるのが、人選。

N君曰く「5人くらいかな~」などとアバウトな返事。

とりあえず、うちの上司T部長(30代中頃)、同僚M(30歳)、俺、N君、N君の上司(推定30代中頃)の5人で出撃することに決定。

土曜日の夜、神奈川県の某駅前に向かった。

到着してすぐ、N君が連絡をとる。

すると、すでに居酒屋で飲み始めているらしい。

電話口では、冷静だった(道順を教えてもらった)ので、まだ始まったばかりと推測。急いで居酒屋へと向かう。

指定された居酒屋の2階へ上ると、なんとそこに!たった2人の女性が。

【熟女体験談】物凄く紳士で極太ペニスな不倫相手と間違いメールで知り合った

kage

2019/06/28 (Fri)

私は43歳の人妻です。

40代にみえないってよく言われるのが自慢なんです。

そんな私にある日、知らないアドレスから携帯に

「何してる?久しぶりだねー元気?」

とメールがきた。

全く見覚えがないアドレスで、検討もつかなかったので

「誰ですか?」と送っても、

それ以降メールが来なく次の日になり携帯を見たら

またあの知らないアドレスからメールが。

「誰ですかって、俺だよwAだよw」仮にAとします。

私はそんな人知らずわからないと言いました。

どうやら間違いメールみたい。

何をどうしたら登録しているアドレスを間違えるのかわかりませんが、

暇だったので、メールを続けてしまった私w

【熟女体験談】母に激似のデリ嬢との疑似近親相姦プレイ

kage

2019/06/27 (Thu)

大学に入ってすぐ、童貞のくせに熟女風俗にハマッた。

俺、高校まで男子校だったんだが、卒業した先輩から「人妻風俗はいいぞ~」と聞かされてて、合格して独り暮らしを始めたら絶対行く!と決めてたんだ。

先輩が愛用してたのは熟女デリヘル。

ただ、下宿に呼ぶのはなんか怖かったから、俺は最初、外で待ち合わせてラブホテルへ行くタイプのにした。
電話するときは、やっぱりドキドキした。

来た嬢は30代半ばくらいかな。
美人でも不細工でもない普通の奥さん風だ。

よく分からんから90分コースを選択。
手コキとフェラと素股で1発ずつ、全部で3発抜いてくれた。

俺が初めてだと知って、いろいろ教えてくれたし、感じも悪くなかった。
貧乳なのは俺的に残念だったけど、最初にしては当たりかな。

出費は痛いけど満足したんで、また頼もうと思った。これが全ての始まりだ。
その2週間くらい後、どうしようもなく溜まって、またデリにお願いしようと決意。

2回目で少し度胸がついたし、ラブホ代ももったいないんで下宿に呼ぶことにした。
前回のデリ嬢も良かったけど、どうせならいろんな人とプレーしたいのが男心。

指名せず、タイプも伝えず店にお任せしたのが間違いだった…のかは分からない。

デリ嬢を待つ間、妙に緊張して部屋を片付けたりする俺も、初々しかったと思う。