FC2ブログ
2019 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 06

【熟女体験談】酔った勢いで叔母のマンションに寄って、ビール飲んでマッサージごっこして、フェラしてもらう生活

kage

2019/05/08 (Wed)

私45歳。母方の伯父の嫁、つまり義理の叔母58歳。

叔母は5年前に伯父と死別、子供も独立してマンションに独り暮らし。

そのマンションは、私の最寄駅からの帰り道の途中。

叔母が近くに独りで暮らしていることは忘れていた。

が、昨年の年賀状のやりとりで気づく。

昔の叔母の印象。

私が高校生の頃、隣の家に間借りしていた叔母は30歳代。

その頃に若干のエピソード。

私はその頃、父親の転勤に伴って兄との二人暮らし。よく叔母に晩ご飯を食べさせてもらっていた。

あまり記憶が定かでないが、ある日の出来事。

夜に何かの用事で叔母の家に。玄関で。

私「○○おばさん、いる~?」

叔母「なーにー。ご飯食べる?」と玄関に。

私「・・・・」

叔母は、ネグリジェでノーブラ。

【熟女体験談】叔母と10年振り再会し、叔母との激しいセックスが病み付きになった

kage

2019/05/08 (Wed)

私は大学に進学をするために上京しました。故郷を離れてから、もうすぐ15年ほど経ちます。

私の田舎は東北の北部の内陸に位置しています。駅からは車で30分も離れているような山間部の僻地で、

それが足を遠のかせる要因となり、帰郷する事は滅多にありません。

しかし、半年前に伯父さんが亡くなった時は葬儀に出席する為、久しぶりに帰郷する機会がありました。

帰郷は5年前に兄が結婚式を行って以来ですので、久々の故郷は懐かしいものでした。特に旧友や親戚との再会は、とても有意義な時間となりました。

私は都会の喧騒を忘れて、静かに葬儀の準備をしていましたが、予想もしていなかった出来事が起きます。それは、叔母とセックスしてしまった事です

叔母は今年で45歳になります。子供は居らず、旦那さんとは3年前に離婚しました。原因は旦那さんの度重なる浮気のようです。

叔母はアメリカ人と国際結婚していたので、ロサンゼルスで生活を送っていましたが、離婚と同時に帰国したそうです。

その為、叔母と再会するのは10年振りになります。

私の子供の頃に叔母は学生でした。勤勉で成績が非常に優秀でしたので、あまり遊んでもらった記憶がありません。

それでも、叔母は宝塚歌劇団で男役を演じれるぐらい端正な顔立ちをしていましたので、綺麗なお姉さんの印象が強く記憶に残っており、憧れの存在でした。

そんな、叔母と久々の対面は、葬儀の準備をしている時でした。

叔母は着物に着替える準備をしていたのですが、そこに私が葬儀の荷物を取りに踏み込んでしまいました。

叔母は乳房を丸出しでTバック姿でしたが、驚く素振りもなく堂々としていました。

私は咄嗟に目を逸らしましたが、叔母は久々の再会に素直に感情を表し、目を丸くしてにこやかに挨拶をしてきました。

【熟女体験談】整体師の友人にお願いし、母に性感マッサージをしてもらって覗き見した

kage

2019/05/08 (Wed)

高校時代の部活仲間の友人は4年前に整体師に転職してある近所の施設で整体師として働いてます。

彼の自慢は夫婦向けの掲示板サイトで「マッサージから性感に」との募集をして応募のあった夫婦に出向き
旦那さんの前で奥さんを逝かせるという遊びを趣味としているというものです。

当初僕はそんな話を信じられなかったのですが実際に彼の携帯メールには問い合わせや、
待ち合わせの時間場所の内容が入っている以上嘘とは思えず内容を詳しく聞いていると、
旦那さんとの事前の打ち合わせで様々な嗜好に彼の生真面目な性格らしく親切に対応していることがわかりました。

僕はこのサイトを見ながら自分の母親の性に対しての異常な?までの興味があったので彼に自分の母親に対しての施術を頼みました。

彼も趣味であるなら簡単にうけてくれると思ったのですが、彼いわく

「自分の奥さんが他人に感じさせられてるときの旦那さんの嫉妬と、
奥さんが旦那の前で感じないように我慢しているのを突破して大声を上げる瞬間に満足感がある」

とのことで乗り気とは到底言えない反応に意外な感じをうけました。
しかし僕は自分の母親に対する性的な思いを打ち明けたことで彼は彼が言う「事前打ち合わせ」をすることにしました。

打ち合わせは飲みながらとはいうものの、彼らしく真面目に細かいところまで言って来ましたが
概略は母に事前に整体施術のことを話しておくことと、
強引なことはしないで流れでいけるところまでにするということでした。

事前打ち合わせ通り、偶然水曜日は彼も僕も仕事が休みで父のいない昼の時間に整体師の友人がくることで昼食の準備と肩こりで悩んでる母に友人に
相談してみることを勧めました。

当日はリビングで昼食後母のいる前で肩こりの話題にもっていきました。
友人は母の肩を押さえながら肩こりの原因について背骨や骨盤の歪みの話題になり何気に母を触る姿を見た僕はすでに勃起して平静を装うのに苦労
しました。