FC2ブログ
2019 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 05

【熟女体験談】女性陣のボス的な存在のおばさんOLをドライブに誘い、中にザーメンを思い切り放出した

kage

2019/04/23 (Tue)

会社の同じ部署に四十路の熟女OLがいる。

このおばさんOLは女性陣のボス的な存在で、年上や上司に関係なく平気で怒鳴る怖いイメージだった。

容姿は身長160ぐらい、胸はEカップぐらいで色白でぽっちゃり。

仕事中に子供の話を聞いてあげてるとニコニコしてるのだが、仕事の段取りが悪いと怒られてた。

ある日、俺の隣に車を止めてた熟女と仕事帰りが一緒になり、車に乗り込もうとする熟女に声をかけた。

断られ、怒られるかと思ったらあっさりとOKがでて、近くの喫茶店で色々と話すが熟女の話題は仕事の事ばかり。

熟女の会社に対する不満を散々聞かされウンザリしてたので、気分転換にドライブへ誘った。

でも、帰って家族の晩御飯を作らなきゃと断られた。

2人が食べたケーキ代を割り勘にしようとする熟女に、後日ドライブの約束をして帰った。

それから2週間後の土曜日に熟女を仕事中にドライブに誘うが、少しならとOKという。

元々土曜日は休日出勤のため、仕事は昼過ぎに終わり駐車場で相談し近くの病院の駐車場で待ち合わせ。

俺の愛車は軽四、熟女は普通車のワゴン。

結局ドライブに誘ったのに熟女の車でドライブした。

運転してる熟女の横顔とシートベルトで締め付けられ飛び出ている両バストのパイスラッシュ。

着衣巨乳を助手席から見ながら話題はやっぱり会社の事が多かった。

【熟女体験談】徹夜明けに清掃員のおばちゃんに相手をしてもらい中出しSEX

kage

2019/04/23 (Tue)

会社のビル内清掃をしてくれているおばさんがいて見た目ちょっと太っていてよくありません。

ただ話をしているととても気持ちのいい、しっかりした人だと思いました。

いつのまにか自分の名前を覚えられてしまって、「ショウ君おはよ。」とか言われ、自分はおばさんの名前を知らないので「あ、おはようございます。」

とだけ返してました。

つい最近まで、事務所で徹夜になる事が多く、毎日が眠い日々が続いてました。

なので会うたびに「ショウ君大丈夫?顔色悪いわよ?」とか言ってくれてました。

「なんとか大丈夫です。」

と答えてその場は終わらせてました。

で、この前徹夜明けの早朝5時くらいにふとトイレに行くと早出勤とかでおばさんがきてました。

「あ、ショウ君おはよ。大丈夫?」

いつも通りに自分を気づかってくれて、ここでいつもなら「大丈夫です。」と答えるのに、何を思ったか

「最近徹夜で疲れてくるとチンチン大きいままなんですよね。」

と言ってしまった。

【熟女体験談】友人が事故死したことがきっかけで思い焦がれる叔母と念願のセックス

kage

2019/04/23 (Tue)

大げさに言えば、私の歴史は叔母に思い焦がれる歴史だった。

「叔母とやりたい」という切ない思いにどれだけ苦しめられたことか。

また叔母は、私が「女性」というものを異性とか性欲とかいった目で意識した最初の女性だった。

中学生になってすぐの頃だと思う。

我が家にやってきた叔母。

洗面所でのこと。

(服装を整えていたのだろうか)何かの拍子でスカートがサっとまくりあげられ、叔母の白いパンティの前部が私の目に入ってしまった。

階段から降りてきた私は偶然のタイミングで目にしたのだが。

もの凄い衝撃だった。

(叔母はみられたことを気づいていないふう)私はちょうどオナニーを覚えた頃で、

その叔母のパンチラをえさにオナニーをすると、異常な気持ちよさに襲われた。

クラスの女子の顔を思い浮かべながらオナニーをすることも多かったが、叔母のパンチラ、

叔母のまだ見ぬ裸体を想像しながらオナニーすることが格別に気持ちよかった。

まだセックスの何たるかはわからないが、叔母を思うとビンビンにあそこが起立する。

ただ、叔母と会えるのは年に一~二回だ。