FC2ブログ
2019 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 05

【熟女体験談】お風呂でのぼせた叔母の体を拭きながら蜜壺を触ってみた

kage

2019/04/15 (Mon)

僕は高校生で、夏に予備校の夏期講習を受けるため、叔父夫婦の家にお世話になっています。

叔父は、40代で、サラリーマンです。

この景気の悪いときに、叔父は仕事が忙しいらしく、家に帰ってくるのは、いつも11時を過ぎ。

叔母は、38才で子供はいません。

美人ではないけど、背が高くスタイルは良いです。

ちょうど江角マキコのような感じの美人な叔母です僕がまだ小学生の頃は、よく叔母と一緒に風呂に入りました。

でも今は、叔母の裸が、どんなんだったかは、憶えていません。

(1日目)予定より1時間早く駅着いたので、叔母に迎えに来てもらおうと電話をしたけど、あいにく留守でした。

僕は、時間を潰しがてら歩いて行くことにしました。

真夏の日射しは、厳しく叔母の家につく頃には、汗びっしょりとなっていました。

叔母の家に着くと、叔母は、すでに帰っていました。

汗びっしょりの僕を見て、

「どうしたの、こんなびしょびしょになって。電話をすれば、迎えにいったのに」

「予定より1時間早く着いたんだ。電話はしたけど留守だったんだ。それで、時間つぶしも兼ねて歩いてきたんだけど、こんなに暑いとは思わなかったよ」

【熟女体験談】電気工事で訪問した高齢熟女とセフレ関係になった

kage

2019/04/15 (Mon)

自分は28歳ですが五十路半ばの高齢熟女とセフレの関係にあるんです。

このおばさんとの馴れ初めは、1年前に仕事(電気工事)で訪問した時の事です。

旦那(婿養子)とは離婚し、息子は仕事の都合で他県に住んでいて一人暮らしの五十路の熟女でした。

ちなみにその熟女との関係の始まりは、初訪問時仕事が片付いてから、お茶を頂いてるとき部屋にピンクのパンティー、

ブラが干して有り、自分がその下着を見ていると熟女は

「あらこんなオバサンの下着みても嬉しくないでしょ?」

なんて言うので、自分は

「いいえ!そんな事無いですよ!」

と言いながら携帯を弄ったりしてごまかしいると、偶然にも熟女と同じボーダフォンの携帯だったので、熟女が

「あら私もボーダフォンなのよ!」

と言ってきました。

自分は熟女にボーダフォンは

「電話番号でメールが出来る」

等の話を振ると熟女は携帯の番号を聞いてきたんで、教えてしまいました。

【熟女体験談】パチンコ屋のトイレ掃除をしているおばちゃんに見せつけるようにオナニーをした

kage

2019/04/15 (Mon)

仕事終わりに良く行くパチンコ屋がある。
その店には灰皿やトイレなどを掃除するおばちゃんがいる。

おばちゃんの年齢は40後半〜50前半位。
特に綺麗なわけではない。

いたって普通のおばちゃんだ。
街で見かけても意識すらしないだろう。

俺も最初は全く意識しなかった。
おばちゃんは毎日20:00になるとトイレ掃除を始める。

男子トイレであってもお客が小便してようが関係無しに入ってくる。
トイレの入り口に清掃中の札を出すわけでもないのでお客は普通に入ってくる。

昨日、小便をしていたらおばちゃんが掃除に入ってきた。
トイレには俺一人。

その日はボロ負けして風俗に行けなくなった事もありむしゃくしゃしていた。
俺は洗面台を掃除しているおばちゃんにわざと見える様に1歩後ろに下がり小便した。

もう小便も終わっているのに、チンポをブラブラ振りおばちゃんにアピール。

興奮してきて勃起し始めた。