FC2ブログ
2019 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 05

【熟女体験談】スナックで働き始めた妻が寝取られまくり、熟女のセックス処理器になっていた

kage

2019/04/14 (Sun)

私の愛する妻、24歳で結婚してもう20年、中学生の子供が2人いる。

丸みを帯びた豊満な体は熟女と呼ぶに相応しく、いい感じに女らしくなった。

そんな妻に、「スナックで働きたい」と言われたのは、8ヶ月前。

親しいママに是非にと請われたようで、自分の年齢など考えてずっと断っていたのだが、

「童顔だし、人気が出るのは間違いないわよ。私を助けると思って・・・」

と言われて根負けし、私に相談したのだった。

ちょうど倦怠期だった私達は、ちょっとした刺激を求めていたこともあり、つい許してしまった。

「お前が他の男に取られたらどうしよう?」なんて言いながら、「少し期待もしてる」なんて軽口を言ってたと思う。

妻も「給料も結構はずんでくれるようだし、ママも期待していたみたいだし」と乗り気だった。

ママは妻に、お店用の洋服を何着も買って用意してくれた。

でもその服装は、やっぱり水商売だけあってエロいものだった。

ワンピースというか、ボディコンというか・・・。

家で着てみてくれたのだが、豊満な妻の身体にピチピチで、座って接客すればパンティはまず見えてしまうだろうというミニスカ。

オッパイもはみ出さんばかりの胸元に、ヒールを履けばもうイケイケの女に見える。

ユサユサと揺れる谷間を作ったオッパイの先端に、舐めてくれと言わんばかりの大きな乳輪と、

吸ってくれと言わんばかりのデカ乳首があるのを知ったら、客たちはどう思うだろう?

【熟女体験談】父が亡くなって男遊びが激しくなった母を押し倒してみたら抵抗もなく、そのまま近親相姦中出しSEXをしてしまった

kage

2019/04/14 (Sun)

現在母55才、俺25才。
姉が嫁ぎ、父が亡くなった三年ほど前から母は遊びが激しくなった。

母は仕事が終わっても帰ってこないということもしばしば。
男と遊んでることが簡単に想像できた。

父の闘病看病と仕事の生活から解放されたのだから、仕方ないと思っていたが、
母と同居してても自分で夕食の支度をしたりと半分一人暮らしみたいな生活に嫌気がさしていた。

家を出ようと思ったとき、普段普通のオバサンの母が、どんな風に男と絡み合うのかなんて想像をした。

家を出る前に、母を押し倒してみようか、軽い気持ちだった。
抵抗されてハイ終わりなはずだった。

例によって朝帰りした母を後ろから抱きしめてみた。
驚いていた。

リビングのソファーに押し倒してみた。
そこからは俺の予想が大きく狂った。

驚いてはいたが抵抗は全くなく、なすがままに脱がされていく母は、むしろ協力的と言えた。
ブラとパンティ姿になったときに母は待ったをかけた。

そこから母は立ち上がり、自らブラとパンティを脱ぎ捨てた。

ムッチリした身体に大きな胸と尻、当時彼女いない歴一年になろうとしていた俺は、困惑しながらも母の身体に勃起した。

【熟女体験談】出張マッサージで延長したら熟女に生中出しさせてもらえた

kage

2019/04/14 (Sun)

つい先日の事です。40歳のサラリーマンですが、東京に出張で行き、立ち仕事だった為ホテルでマッサージを頼みました。

フロントにTELし、時間とマネーを確認した所「40分4,320円になり、年配の女性が施術します」との返答。
施術時間まで30分位有り、シャワーを浴びパンツ1枚で待ってました。

暫くすると、コンコンとノックする音が。扉を開けると、見た目60歳は確実に過ぎているであろうマッサージ師が立っておりました。
年配には間違いないけど…と、ちょっと期待した自分にショックを受け、招き入れました。

「お兄さん若いね。今日は何処が辛いの?」
「立ち仕事だったので、腰から足が辛いんです」

などと、淡いもない会話をしながら全身マッサージをして貰いました。マッサージが気持ち良く、不覚にもJr.が元気になってきた時に

「股関節をほぐすから仰向けになって」

と…チンポジを直しつつ仰向けになると、

「あら、こんな、おばぁちゃんに何、元気になって」

とパンツの上から撫でられてしまいました。

「お兄さん、体デカイから40分じゃ足りないよ。サービスするから60分にしなさい。」

と、時間変更を要求され期待しつつ変更。俺のイタズラ心も出始め、マッサージ師が変更のTELををしてる最中にパンツを脱いで全裸に