FC2ブログ
2019 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 05

【熟女体験談】元AV女優のド淫乱な叔母さん達に童貞を奪われてしまった

kage

2019/04/11 (Thu)

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも言えない時のことである。

私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。
しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。

男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、問題も多かった。
金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。

両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなったらしい。
母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。

それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませることが出来た。

その後が最大の問題だった。
私は、一人でも大丈夫だと思った。

でもそんな私の考えなど聞くわけも無く、私をどうするかと積極的に意見するものが出てきた。
そう、この人たちは私に恩を売ろうと考えていたのだった。

父はそれなりの遺産を私に残していた。
そしてそれには幾つかの条件があったらしい。

暫くすると、表から一人の女性が家を訪ねてきた。
黒いスーツ姿の女性としては長身の人だった。

彼女は突然家を訪ね、私の母の妹つまり叔母だと言った。
彼女は死んだ父に頼まれ私を引き取りに来たという。

彼女は自分が私の叔母であることを証明し、色々説明し反対する人間を言葉でねじ伏せ私を引き取る決定をした。

【熟女体験談】ムッチリとした体の欲求不満な義母にお風呂で全裸を見られ犯してやった

kage

2019/04/11 (Thu)

大学病院で働く妻(21歳)は、夜勤もあり多忙である。
そんな事もあり、結婚2年を迎えるが未だ子供も居ない。

父が海外勤務で単身赴任している事もあり、私達夫婦は妻の家族と暮らす事になったのだ。
妻の家は代々お金持ちなのか?大きな家に住んでいた。
(2階は私達夫婦用の2世帯作り)

妻は、昼夜を問わず仕事に出掛けるので、俺とはすれ違いな生活。
いつも、俺の世話は義母が行ってくれた。

義母(40歳)とても若く!まさに美女だ。

ムッチリとした体に、ボンと張り出した胸(Fカップあるそうだ)、ムチッとしたお尻にムチムチした太腿が堪らない。
でも腰はクビレが大きく、透ける様な肌だった。

妻も美人ではあったが、スレンダーで、胸もBカップと物足りない。何と表現していいか分からないが色気が全然違った。
俺が3年の時、妻(1年)が告白をしてきて、付き合った。

初めて妻の母を見た時は、正直驚いた。エロ本から出て来たんじゃないか?と思わせる魅力だった。

話は戻りますが、義母と過ごす時間が長くなると益々義母の魅力に憑りつかれていった。
特に、義母の風呂上りは溜まりません。

濡れた髪をタオルで拭きながら、薄手のワンピース姿でソファーに座ると、俺の股間はギンギンになります。
義母の股の奥が見えそうで見えない、男心を擽って来るんです。

毎日、犯したくなる気持ちを抑えるのが大変でした。

そんなある日、妻も夜勤で出かけたので、俺は風呂に浸かり上がろうと風呂の戸を開けた瞬間でした。
義母もタイミング悪く脱衣場へ入って来て、バッティングしたんです。

【熟女体験談】出会い系で知り合った熟女はとんでもない淫乱女だった

kage

2019/04/11 (Thu)

出会い系サイトを利用していて、48歳の女性からコンタクトがありました。

彼女は僕の顔がタイプらしく、車を持っているということにも魅力を感じてくれたようです。

正直それまで熟女にはあまり興味が無かったのですが、彼女が美人だったこともありやり取りをしてみることにしました。

しかし彼女と出会ったことにより、僕は熟女の魅力にとりつかれていくことになります。

彼女はバツイチになったばかりらしく、出会い系サイトで相手を探していたみたいです。

打ち解けてくると彼女からエッチな内容のメールが届き始め、ムラムラせずにはいられませんでした。

お互い会いたい気持ちが強くなっていたので、メールを始めてから10日後に会ってみることになりました。

彼女のリクエストで、僕の車でドライブデートをすることに。

待ち合わせ場所にやって来た彼女は、写メで見たよりもはるかに美しい女性です。

笑顔で車に乗り込んできた彼女に、心臓が飛び出しそうなほどドキドキしてしまいました。

彼女は近くの山頂にある展望台で、素晴らしい景色を見たいそうです。

そこに向かって車を走らせている中、彼女はエロい話ばかりしてきます。

性欲が溜まり過ぎてしまっているのかなと思ったほどです。

そんな彼女のエロトークが刺激的過ぎて、つい僕は運転しながら勃起してしまいました。

彼女は僕の膨らみを見逃しはしません。