FC2ブログ
2019 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 05

【熟女体験談】花見なのに人気のない公園のハズレにいるおばさんが気になり、ナンパセックスしたら処女だった

kage

2019/04/04 (Thu)

東北のS市にいたころの話です。

あの辺りは桜の開花が遅くて大学へ入ってしばらくしたあと、寮の先輩らと花見をした。

俺は一度別の大学を中退した後の再入学だったので、一回生といっても年上だったし寮でも古株の4年以上の先輩らと気が合って、

みんなとは少し離れたところで真っ昼間から酒盛りしてた。

22時を過ぎると、花見用の公園の照明が落ちて暗くなったのでお開きにしたけど、暗くなってもまだまだ周りは盛り上がっていた。

先輩らは他の寮生と一緒に先にどこかへ言ってしまったので、新人らしく片付けをしていたが、ずっと端っこでひとりでいるおばさんが気になっていた。

ここはまぁ桜は一本だけあるけど、斜面でシート引くのも大変で他に飲んでたのは俺らだけだった。つまり人気のない公園のハズレ。

「ひとりっすか?」

おばさんの足元にはビールとワンカップがいくつか転がっていて、けっこうよい感じに出来上がっていた。

暗くてはっきりはわからないけど、近くで見ると思ったより老けてたし、うちの母親と同じか年上で結構ぽっちゃりした感じ。

化粧っけもそんなになくて、近所の奥さんかなと思った。

おばさんも暗くなっても帰る感じではなかったし、なんか寂しそうで、ちょっと心配になって声をかけた。

そんな軽い気持ちで声かけたが、おばさんもひとりで飲んでる割には愛嬌がよくて、

「どうぞどうぞ、ほら、つまみもあるし。そこで飲んでたお兄ちゃんでしょお?」

と隣を譲ってくれた。

【熟女体験談】単身赴任で行った先で不倫目的で知り合った美人妻を淫乱に仕立て上げた

kage

2019/04/04 (Thu)

九州は本当に不倫が直ぐできる。

東京から九州の某都市へ単身赴任で転勤することとなった俺は先のためにはしょうがないと思いつつ、田舎の雰囲気に馴染めずにいた。
九州のあらゆる街を訪問するうちに妙に女の多い地域だと感じた。

地元の人間に聞いて納得した。男が働く場所がなく大都市へ出て行ってしまう。
その事実を知った俺は、もしかすると良いSEXフレンドができるかもしれないと考えた。

営業なので移動時間がたっぷりあったので、早速「性病をうつされたり」、「後々引きずらない」ように人妻狙いで不倫サイトにアクセスし相手を探した!

しかし不倫サイトは桜とヤバそうな女が多く、なかなか見つからないので、一般のメル友サイトで探した。

いるいるウジャウジャ奇麗ごとを言ってもやりたそうな人妻が!年齢が若いと別れてまでとか、
ややこしくなる可能性があるので、興味があったのもあるが30代後半から40代前半の熟女をあたった。

面倒くさい時間を要するが、遊び人の人妻を除き何人かの直メを聞き出し、そのうちのひとりに絞った。
いろいろトラブルがつづいた上に旦那と子供までいるのに数年間つきあった不倫相手にふられ、ボロボロ状態で、癒してほしいという。

約束の平日、昼間しか会えないというので12時に示し合わせた待ち合わせ場所に行って驚いた!
待っていたのは、アパートの修繕を頼んだ内装業者の奥さんだった!

代金を支払いに行った時、応対してくれて、子供がいるわりには、やつれて見えるのに若く見える美人だったからよく覚えている。

やつれて見えたのは仕事や家庭のことで忙しいのだろうと思ってたら、男にふられたせいだったんだ。

下を向いて領収書を書いてるときに、上着の大きく開いた胸元の中に、
大きくもなく、小さくもないCかDカップのブラジャーをつけた美乳がおもいっきりはっきりと除けたので少々アソコが起ってしまったのも覚えている!

そんな、美人妻が抱いてくれと目の前に立っている。
声をかけると覚えていないらしく、驚きもせず初対面の挨拶をしてきた。

【熟女体験談】スナックのママとバツ一従業員の3人で旅行先で3P体験

kage

2019/04/04 (Thu)

先日あるスナックのママと九州へ旅行しました。

従業員の女性も一緒でした。

ママはもう60が近いのですが、色気むんむんの熟女です。

従業員は美奈子と言う33歳のバツ一です。

美人ではありませんが、スタイルが良くて男好きのするタイプです。

実は私は彼女と何回か寝たことがあります。

もちろんママも知っていましたし、だから気軽に誘ってくれたのだと思います。

阿蘇の近くの温泉旅館に到着しました。

部屋は3人同室です。

部屋食で夜は盛り上がりました。

旅の開放感がそうさせたのでしょう。

食事が終わって布団を敷いた後も3人は飲み続けたのです。

ママも美奈子も酔っ払っていました。

「私酔ったからお風呂に言ってくるね!」

ママがそう言っていなくなりました。

私は美奈子を抱き寄せるとキスしました。