FC2ブログ
2019 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 04

【熟女体験談】出会い系で知り合った熟女と酔った勢いでホテルに直行し、忘れられない一夜限りのSEXをした

kage

2019/03/14 (Thu)

出会い系で知り合った40歳のOL・菜々と待ち合わせ。

プロフィールには「ぽっちゃり」と書かれてはいたものの写メ交換もせず実際にあってみるとかなりのぽっちゃり。

無しかな、と思いながら居酒屋で飲んで酔った勢いでホテルに直行。
部屋に入って即効ディープキス、スカートの中に手を入れるとショーツ越しにビショビショになっているのがわかるほど。

「シャワーは恥ずかしいから一人で」

というので先にシャワーを浴びベッドで待っているとほどなくバスタオルでビッチリガードした彼女が出てきて、
恥ずかしがりながら布団の中に潜り込んできた。

「暗くしてほしい」

というのを無視して布団をはぎとった後はべっとりと舌を絡ませてディープキス。
菜々も嫌いじゃないようで、積極的にベロを絡ませてくる。

お互いのベロを吸いあい、ジュルジュルと唾液を交換。
そのあとは耳から足指まで菜々の全身をくまなく舐めまわす。

ポッチャリ体型には不似合いな小ぶりなオッパイ。
乳首は年相応に黒ずんで口に含む前から硬く突起している。

ゆっくりと口と舌を使って愛撫すると菜々の口から
「はぁ・・・」とため息のような声が漏れる。

オッパイをいじめなが菜々の股間に手を向ける。

【熟女体験談】大学生の頃、熟女とセックスしてお小遣いをもらっていた

kage

2019/03/14 (Thu)

今は地方都市の○校の教師です。
関西の某大学の学生だったとき、同じゼミの同級生に社会人入学の熟女がいました。

その人は○学校の教師でボランティア活動をしていて、よく海外にも行きます。

同じゼミになったのを幸いに、私は最初から狙っていました。私はなぜか若い女性には興味がわきません。

ちょっと見は幼く見えるので、相手にしてくれないというのが本当かもしれません。
この長所を生かして、家庭教師やコンビニのバイトをしたとき、何人かの熟女たちと関係を持ち小遣いも稼いでいました。

「いま少し、困っているの。」と甘えると、大抵は「ハイ。これ」と1万円ぐらいはくれます。
こちらから金額を言わないことがコツです。

趣味と実益を兼ねたバイトのようなものでした。

この熟女教師を落とそうと思い、色々な手を考えました。

初めはゼミのときに横に座る。たわいない話をする。
少し慣れてきたら、他のゼミ生も誘ってお茶や学食に一緒に行く。

もう慣れてきたと思い、半年ほどしてデートを申し込みました。

「私にはあなたと同じぐらいの子どもがいるのよ。もっと若い子と付き合ったら。」

見事に振られました。しかし、身持ちの硬い熟女をベッドの中で

「もっとして。いいのー」

と言わせるのが、面白いのです。ますます闘志を燃やしました。

【熟女体験談】車で寝ている叔母さんでオナニーして顔に射精したらそのままセックスすることになった

kage

2019/03/14 (Thu)

僕は春ごろ、叔母さんと初体験しました。

僕の父は単身赴任で、母さんと2人で暮らしています。ある日、叔母さんがダ・ヴィンチ・コード観に行かないかって誘われて、
母さんは、あまり観る気がないらしく、僕と叔母さんとで観に行きました。

部活の関係で、4時ごろからのを観ることになりました。
映画自体、僕的にはまぁまぁだと思いましたが、叔母さんはすごく面白かったらしいです。

映画を観終わって、6時ごろだったので、マクドナルドでご飯を済ませて帰ることにしました。
僕の家は結構、田舎で最寄の映画館まで、片道1時間くらいかかります。

途中、山の中の道で、叔母さんが、「ごはん食べたら、眠くなってきちゃった。少し、寝てもいい?」と訊いてきました。

僕は連れてきてもらっているわけだし、駄目などとは言えず(まぁ、別に早く帰りたいわけでもないので)「どうぞ、どうぞ」と言いました。
叔母さんは「ありがと。30分したら起してね」と言ってすぐ寝始めました。

そういえば、昨日仕事が大変だったとか言っていたのを思い出しながらPSPを取り出して、イヤホンつけてゲームをやってました。

30分経ったので、叔母さんを起そうと、肩をゆすってもなかなか起きません。
依然として叔母さんは両手をお腹の上において寝ています。

その時の叔母さんの格好が白のブラウスに黒の上着で、下はベルトなしのGパンでした。

僕はやめときゃいいのに(今となっては良かったけど)叔母さんのブラウスのボタンを外していきました。
罪悪感よりも、好奇心の方が勝っていたと思います。

叔母さんのブラが見えてきて、ビンビンになっていたチンコを出して、叔母さんのブラを見て、いじり始めました。
しかも、だんだんエスカレートして、Gパンのファスナーをおろして、ぱんてぃーも見ました。