FC2ブログ
2019 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 04

【熟女体験談】居酒屋で隣の席のおばさん達をナンパしてお持ち帰りした初めての熟女体験

kage

2019/03/13 (Wed)

居酒屋で大学のときの友人と3人で飲んでました。

久々に大学生に戻った気分で、いつもよりも陽気な酒を飲んでいたせいか、隣の席で飲んでいたおばさんたちに絡んで声かけしてしまいました。

ところがおばさんたちもずいぶん陽気な人たちで合流しちゃいました。
互いに三人ということもあって、交互に座ると合コンのように飲みました。

めっちゃくちゃ楽しかった。
40後半~50前半のおばさんたちはすごく気安くて、俺も友人たちもすごく盛り上がった。

一休みしてトイレに行くと、先に来ていた友人の吉田が

「なあ、次どうする?ナミさんとか、すごくいくね?でさ、どっかでバラけようぜ」

と提案してきた。
マジか!?と思いました。

おばさんとホテルに行く気満々ってことですよね。
とはいえこんな風にナンパが上手くいったのも、大学生以来。

もう友人吉田が先に出て戻ると、交代でもう一人の友人、田中も入っていった。

吉田が話してたことを田中に伝えると、めっちゃ笑ってたけど、

「じゃあ、俺はアサミね」

とけっこうノリノリ。
俺もナミさんがいいなと思ってたんですが、こういうのは早いもの勝ちで席に戻ると吉田がナミさんにべったりくっついて話しかけてた。

【熟女体験談】スキューバダイビング知り合った熟女と中出し三昧

kage

2019/03/13 (Wed)

スキューバダイビングが趣味で、毎年GWに沖縄へ行っている。
今年はGWに仕事が入り、その後にひとり寂しくお気に入りのガイド目当てに沖縄へ。

いつもは沢山のダイバーで賑わう島も時期をずらすと静かだった。

夜になり、翌日のスケジュールを確認しに行くと、女優の“りょう”似の熟女がガイドと話していた。

「明日から一緒に潜る美紀さんです。」

とガイドが紹介すると

「よろしく」

と握手を求めてきた。

「MAKOTOっていいます。よろしく」

とドキドキしながら手を差し出した。
翌日のスケジュールを確認し宿へ帰ろうとすると

「せっかくだから、みなさんで一緒に飲みませんか?」

とショップの店長(男)ガイド(女)と4人で飲むことになった。

オリオンビールで乾杯し、泡盛を飲む頃になると

「いくつ?仕事は?彼女いる?」

と美紀さんからの質問攻めに。

【熟女体験談】旦那の浮気に悩むパートの人妻は完全に自信を失っていたので、簡単に中出しSEXできた

kage

2019/03/13 (Wed)

私は都内の某大手スーパーチェーン店の係長をしています。
パートさんやアルバイトさんの面接も担当しています。

パートの女性は基本シフト勤務。それが原因で辞める人も少なくありません。面接は慎重にかつ頻繁に行います。
10代後半から50代くらいまで、いろいろな女性に会います。

面接前に履歴書を送ってもらうので、事前に女性の住所・年齢・学歴・職歴などの状況はわかります。

面接では予定のシフト通りの出勤が可能かどうかを判断することは重要なポイントです。
家庭を持っている女性の場合は子供さんの人数や年齢を聞いて、状況によっては近くにみてもらえる両親などがいるかどうかも聞きます。

4月に面接した雪絵さんは33歳で、小学生の子供を持つ専業ママさん。
子供が小学校の3年生になったので、そろそろ働きに出たいと思って応募したということでした。

子供は毎週火曜日にスイミングスクールに通っていて、その日は送り迎えしないといけないので出勤できないが、
その他の日は近所に住む旦那さんの両親が見てくれるので、時間延長があっても大丈夫ということで、採用には問題ありませんでした。

顔はそれほど見栄えのする美人というわけではありませんが、色が白く清楚で好印象の女性だったので即採用しました。
2週間くらい彼女と一緒に仕事をして観察いていると、遅刻も欠勤もなくテキパキと真面目に仕事をこなしてくれていたので安心しました。

そして観察する中で特に目を引いてしまったのがスタイルのよさです。

胸はそれほど大きくはないものの、高いところの物を取る後ろからみる、切れ上がった股間、形のよいお尻と、引き締まったウエスト・・・。
話をすると爽やかな笑顔が印象的で、とても35歳で小学校の子供がいるママさんには見えません。

面接のときにはあまり美人という印象はなかったのですが、よく見ると派手ではないが品のある顔をしていて、大人の色気が漂っていました。

そんな彼女を見ていると、後ろから抱きつきたくなるような衝動にかられることもありました。
正直言って抱きたくてしょうがなかったです。

私は普段から彼女に何かと話しかけていました。