FC2ブログ
2019 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 04

【熟女体験談】デブのオバサンっぽい母のタイトスカートに勃起してしまい近親相姦

kage

2019/03/15 (Fri)

従姉の結婚式に出る為に車で行きました。

親父は都合悪かったので母と2人で行ったんですが、普段ほとんど素顔でただのデブのオバサンっぽい母が、厚化粧でスーツを着た姿におもわず勃起しました。

ピチピチのタイトスカートから覗く脚が妙に生々しかった。
椅子に座るとなんとなく奥が見えそうで、見えない。

うわ、おま〇こ触りてえ!心の中で叫んだ俺。

普段風呂上りとか裸っぽい姿で、うろうろする母がキモくてイラついて罵倒していた俺。
俺が照れてると勘違いした母は、「やあねえ。エッチい。」を身をくねらせていた。

帰りの車で、かなりお酒を飲んだ母は助手席で熟睡。
家に着いてもソファでうとうと。

俺は風呂の準備をして母を眺める。
だらしなく開いた脚。そっと太腿の内側を撫でる。

「あ、なあに。」
「キモいんだよ。閉じろよ。」
「もう、、、」

と脚を閉じたが俺は手を差し込んだまま。

「あ、やめてよお。」

と身をくねらせる母。
指先をあそこに。

【熟女体験談】人生はつのボーナスで人妻ヘルスに行ったら相手が叔母さんだった

kage

2019/03/15 (Fri)

社会人になって初めてのボーナス。
何を買おうか貯金をしようか考えてました。

でも初めてのボーナスで中途半端な金額だからイマイチ欲しいものが買えない。
そんな時、先輩社員から声がかかりました。

「おまえな?貯金なんてだるい事言ってたらダメだぞ」
「えっ?マズイっすか?」

「男は黙ってフーゾク!これだよ?」
「もったいね?」

人生初のボーナスの使い道がフーゾク?
ちょっと嫌な感じがしたけど断れないオーラを先輩が発しています。

とても断れない感じなので仕方なく一緒にいくことになりました。
人妻ヘルスに行ったんですが、常連の先輩はテキパキ指名をしています。

「おまえ、分からないんだろ?お前の相手は俺が選んでやる」

頼むから力士だけはよしてくれ…と祈ってました。
店員さんから何枚か写真をもらって吟味している先輩。

なぜぷくっと笑う?

その中から1枚の写真を取り出すと私に見せながら、この人で決めっ!

…。

先輩…写真裏側なんですけど…
反論出来ないままの緊張の30分…

【熟女体験談】出会い系で知り合った熟女にセックスの気持ちよさを教えてあげた

kage

2019/03/15 (Fri)

昨年7月に、山形市郊外に住むE子48歳と出会ったのは出会い系サイトであった。

私のメッセージに返信してきたことからメールの交換が始まった。

良くあるケースであるが、旦那がワンマンで暴力的に抑え込まれてた生活を送り、
子供もようやく手から離れて自分を振り返った時、既に閉経が迫る年代となっていた。

もう女でなくなるのかと焦る気持ちと、今までそれほど楽しみもなかった。子供も手元から離れていこうとする今、これからどう生きていったらよいのか。

そう思う時に、自然と異性を求める行動に程される。彼女も出会い系サイトへのチャレンジを始めたのである。

その時に、私の「大切にしたい」との言葉に引かれて、返信してきたのである。お互いの素直な思いを語り合うのに時間は要さなかった。

旦那とのセックスも一方的で、女としての喜びを知らないことも告白した。女の喜びを知りたいとも語った。
もう二人が出会うのに障害はただ遠距離であることぐらい。

でもそれが彼女自身に遠距離だから一度ぐらいの不倫しても、後は続けなくても消滅出来る。諦めもつくと私との出会いへと走らせたのである。

たまたま旦那が関西方面への出張があり、数日間家を留守にする時を狙って、9月の中旬に山形へと出掛けた。

午前11時に駅前のシティーホテルロビーで待ち合わせる。時間前に黒のタイトスカートに薄いピンクのブラウス姿の小柄で少しポッチャリだが
色気を感じる色白美人が人待ち顔で立っていた。

「E子さんですか」と声を掛けると、彼女の顔に緊張が一瞬走ったが、直ぐに優しい微笑みを返して頷いた。

事前の打ち合わせ通り、彼女の車へと二人で向かった。自然と話が続き、何ともうち解けたムードになった。

車に乗り込み、彼女が予約してくれていた郷土料理の店へと向かう車中では、何とも和やかな会話となり、
「ねぇ、初めて会ったなんて感じないよね」と言いつつ顔を見合わせ、私が差し出す手を彼女も自然に握りかえしてきた。

【熟女体験談】出会い系で知り合った熟女と酔った勢いでホテルに直行し、忘れられない一夜限りのSEXをした

kage

2019/03/14 (Thu)

出会い系で知り合った40歳のOL・菜々と待ち合わせ。

プロフィールには「ぽっちゃり」と書かれてはいたものの写メ交換もせず実際にあってみるとかなりのぽっちゃり。

無しかな、と思いながら居酒屋で飲んで酔った勢いでホテルに直行。
部屋に入って即効ディープキス、スカートの中に手を入れるとショーツ越しにビショビショになっているのがわかるほど。

「シャワーは恥ずかしいから一人で」

というので先にシャワーを浴びベッドで待っているとほどなくバスタオルでビッチリガードした彼女が出てきて、
恥ずかしがりながら布団の中に潜り込んできた。

「暗くしてほしい」

というのを無視して布団をはぎとった後はべっとりと舌を絡ませてディープキス。
菜々も嫌いじゃないようで、積極的にベロを絡ませてくる。

お互いのベロを吸いあい、ジュルジュルと唾液を交換。
そのあとは耳から足指まで菜々の全身をくまなく舐めまわす。

ポッチャリ体型には不似合いな小ぶりなオッパイ。
乳首は年相応に黒ずんで口に含む前から硬く突起している。

ゆっくりと口と舌を使って愛撫すると菜々の口から
「はぁ・・・」とため息のような声が漏れる。

オッパイをいじめなが菜々の股間に手を向ける。

【熟女体験談】大学生の頃、熟女とセックスしてお小遣いをもらっていた

kage

2019/03/14 (Thu)

今は地方都市の○校の教師です。
関西の某大学の学生だったとき、同じゼミの同級生に社会人入学の熟女がいました。

その人は○学校の教師でボランティア活動をしていて、よく海外にも行きます。

同じゼミになったのを幸いに、私は最初から狙っていました。私はなぜか若い女性には興味がわきません。

ちょっと見は幼く見えるので、相手にしてくれないというのが本当かもしれません。
この長所を生かして、家庭教師やコンビニのバイトをしたとき、何人かの熟女たちと関係を持ち小遣いも稼いでいました。

「いま少し、困っているの。」と甘えると、大抵は「ハイ。これ」と1万円ぐらいはくれます。
こちらから金額を言わないことがコツです。

趣味と実益を兼ねたバイトのようなものでした。

この熟女教師を落とそうと思い、色々な手を考えました。

初めはゼミのときに横に座る。たわいない話をする。
少し慣れてきたら、他のゼミ生も誘ってお茶や学食に一緒に行く。

もう慣れてきたと思い、半年ほどしてデートを申し込みました。

「私にはあなたと同じぐらいの子どもがいるのよ。もっと若い子と付き合ったら。」

見事に振られました。しかし、身持ちの硬い熟女をベッドの中で

「もっとして。いいのー」

と言わせるのが、面白いのです。ますます闘志を燃やしました。

【熟女体験談】車で寝ている叔母さんでオナニーして顔に射精したらそのままセックスすることになった

kage

2019/03/14 (Thu)

僕は春ごろ、叔母さんと初体験しました。

僕の父は単身赴任で、母さんと2人で暮らしています。ある日、叔母さんがダ・ヴィンチ・コード観に行かないかって誘われて、
母さんは、あまり観る気がないらしく、僕と叔母さんとで観に行きました。

部活の関係で、4時ごろからのを観ることになりました。
映画自体、僕的にはまぁまぁだと思いましたが、叔母さんはすごく面白かったらしいです。

映画を観終わって、6時ごろだったので、マクドナルドでご飯を済ませて帰ることにしました。
僕の家は結構、田舎で最寄の映画館まで、片道1時間くらいかかります。

途中、山の中の道で、叔母さんが、「ごはん食べたら、眠くなってきちゃった。少し、寝てもいい?」と訊いてきました。

僕は連れてきてもらっているわけだし、駄目などとは言えず(まぁ、別に早く帰りたいわけでもないので)「どうぞ、どうぞ」と言いました。
叔母さんは「ありがと。30分したら起してね」と言ってすぐ寝始めました。

そういえば、昨日仕事が大変だったとか言っていたのを思い出しながらPSPを取り出して、イヤホンつけてゲームをやってました。

30分経ったので、叔母さんを起そうと、肩をゆすってもなかなか起きません。
依然として叔母さんは両手をお腹の上において寝ています。

その時の叔母さんの格好が白のブラウスに黒の上着で、下はベルトなしのGパンでした。

僕はやめときゃいいのに(今となっては良かったけど)叔母さんのブラウスのボタンを外していきました。
罪悪感よりも、好奇心の方が勝っていたと思います。

叔母さんのブラが見えてきて、ビンビンになっていたチンコを出して、叔母さんのブラを見て、いじり始めました。
しかも、だんだんエスカレートして、Gパンのファスナーをおろして、ぱんてぃーも見ました。

【熟女体験談】居酒屋で隣の席のおばさん達をナンパしてお持ち帰りした初めての熟女体験

kage

2019/03/13 (Wed)

居酒屋で大学のときの友人と3人で飲んでました。

久々に大学生に戻った気分で、いつもよりも陽気な酒を飲んでいたせいか、隣の席で飲んでいたおばさんたちに絡んで声かけしてしまいました。

ところがおばさんたちもずいぶん陽気な人たちで合流しちゃいました。
互いに三人ということもあって、交互に座ると合コンのように飲みました。

めっちゃくちゃ楽しかった。
40後半~50前半のおばさんたちはすごく気安くて、俺も友人たちもすごく盛り上がった。

一休みしてトイレに行くと、先に来ていた友人の吉田が

「なあ、次どうする?ナミさんとか、すごくいくね?でさ、どっかでバラけようぜ」

と提案してきた。
マジか!?と思いました。

おばさんとホテルに行く気満々ってことですよね。
とはいえこんな風にナンパが上手くいったのも、大学生以来。

もう友人吉田が先に出て戻ると、交代でもう一人の友人、田中も入っていった。

吉田が話してたことを田中に伝えると、めっちゃ笑ってたけど、

「じゃあ、俺はアサミね」

とけっこうノリノリ。
俺もナミさんがいいなと思ってたんですが、こういうのは早いもの勝ちで席に戻ると吉田がナミさんにべったりくっついて話しかけてた。

【熟女体験談】スキューバダイビング知り合った熟女と中出し三昧

kage

2019/03/13 (Wed)

スキューバダイビングが趣味で、毎年GWに沖縄へ行っている。
今年はGWに仕事が入り、その後にひとり寂しくお気に入りのガイド目当てに沖縄へ。

いつもは沢山のダイバーで賑わう島も時期をずらすと静かだった。

夜になり、翌日のスケジュールを確認しに行くと、女優の“りょう”似の熟女がガイドと話していた。

「明日から一緒に潜る美紀さんです。」

とガイドが紹介すると

「よろしく」

と握手を求めてきた。

「MAKOTOっていいます。よろしく」

とドキドキしながら手を差し出した。
翌日のスケジュールを確認し宿へ帰ろうとすると

「せっかくだから、みなさんで一緒に飲みませんか?」

とショップの店長(男)ガイド(女)と4人で飲むことになった。

オリオンビールで乾杯し、泡盛を飲む頃になると

「いくつ?仕事は?彼女いる?」

と美紀さんからの質問攻めに。

【熟女体験談】旦那の浮気に悩むパートの人妻は完全に自信を失っていたので、簡単に中出しSEXできた

kage

2019/03/13 (Wed)

私は都内の某大手スーパーチェーン店の係長をしています。
パートさんやアルバイトさんの面接も担当しています。

パートの女性は基本シフト勤務。それが原因で辞める人も少なくありません。面接は慎重にかつ頻繁に行います。
10代後半から50代くらいまで、いろいろな女性に会います。

面接前に履歴書を送ってもらうので、事前に女性の住所・年齢・学歴・職歴などの状況はわかります。

面接では予定のシフト通りの出勤が可能かどうかを判断することは重要なポイントです。
家庭を持っている女性の場合は子供さんの人数や年齢を聞いて、状況によっては近くにみてもらえる両親などがいるかどうかも聞きます。

4月に面接した雪絵さんは33歳で、小学生の子供を持つ専業ママさん。
子供が小学校の3年生になったので、そろそろ働きに出たいと思って応募したということでした。

子供は毎週火曜日にスイミングスクールに通っていて、その日は送り迎えしないといけないので出勤できないが、
その他の日は近所に住む旦那さんの両親が見てくれるので、時間延長があっても大丈夫ということで、採用には問題ありませんでした。

顔はそれほど見栄えのする美人というわけではありませんが、色が白く清楚で好印象の女性だったので即採用しました。
2週間くらい彼女と一緒に仕事をして観察いていると、遅刻も欠勤もなくテキパキと真面目に仕事をこなしてくれていたので安心しました。

そして観察する中で特に目を引いてしまったのがスタイルのよさです。

胸はそれほど大きくはないものの、高いところの物を取る後ろからみる、切れ上がった股間、形のよいお尻と、引き締まったウエスト・・・。
話をすると爽やかな笑顔が印象的で、とても35歳で小学校の子供がいるママさんには見えません。

面接のときにはあまり美人という印象はなかったのですが、よく見ると派手ではないが品のある顔をしていて、大人の色気が漂っていました。

そんな彼女を見ていると、後ろから抱きつきたくなるような衝動にかられることもありました。
正直言って抱きたくてしょうがなかったです。

私は普段から彼女に何かと話しかけていました。

【熟女体験談】友人の母親に中出しレイプしてやった

kage

2019/03/12 (Tue)

ちょうど俺が中学生だったころのこと。
あの頃はまだまだバンド全盛のころだった。

近所の兄さんの影響でランディ・ローズにあこがれて、小学5年生のころからギターを弾いていた。
だから、中学3年生のころにはそこそこギターを弾けるようになっていた。

で、ギターをやっていたおかげで、指がよく動くようになったんだ。
こうやってパソコンのキーボードをたたいていても、左のほうが広範囲でキーボードをカバーしている。

ま、なまじな男の右手よりも繊細かつ器用に動くから、左手の指マンはちょっとした、俺の特技となっている。
右手でガシガシやったって、女の子にとっちゃぁ痛いだけじゃん?

「指マンは痛くて嫌」

ってな女の子も、俺の左手だったら感じてくれる。
別にこれは自慢でもなんでもないよ。
うそだと思ったら、まずは自分でギターでもマスターしてみ。

今にして思えば、きっとそれが幸いしていたんだろうな。
ヒロキの母親のあそこは、言ってみれば俺の「黄金の左手」の、デビューでもあったわけだ。

ガキのすることだから的確に性感帯を捉えていたとも思えないし、たくみな技巧というほどでもなく、
無我夢中にいじり倒していただけだったが、それでもたまんなかったんだよな。

シーツをぎゅっと握り締め、白い首をのけぞらせて、脳天と足のつまさきで全身を支えるように、弓なりに硬直しちまったんだからさ。
そしてビクンビクン、子宮のあたりを中心に全身を痙攣させていっちまったんだから。

涙で濡れの目をかっと見開いてさ。