FC2ブログ
2019 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2019 03

【熟女体験談】美容師の卵である彼に恋をし、何度も抱かれ幸せを感じる人妻

kage

2019/02/28 (Thu)

一人娘も短大を卒業し、昨年その街で就職しました。

たまに帰って来ては、「ママ、最近綺麗になったね・・」だなんて言います。

「誰かに恋してるの?同じ女だから分かるわ。もしそうだとしたら、いいことよ。
まだ40過ぎだから、恋したって当然よ。私は応援するからね」

娘と買い物に出た時、確かにナンパされたことがあります。
女としては、嬉しいことかな・・・。
娘は、薄々私に男性がいることを感づいているようです。
私はとぼけていますが、ばれているようです。
そう、私は今、恋しています。
彼に・・・。

彼は、私の膝が好きみたいです。
丸くて形がよく、白い肌が大好きだって言ってくれます。
彼は、美容師の卵・・・娘と同い年だなんて・・・。
あまり時間が取れない中でも、必ず毎日、携帯にメールを送ってくれる彼。
私が、彼のヘアーモニターとなって、4ヶ月。

最初にデートしたのは、年明けの初詣。
私の形のいい膝をいつも見たいといって、膝上のスカートを冬の間も履いていました。
それも素足で・・靴下とブーツ姿。
若い子達と同じ姿は、少し照れたりしましたが、彼の好みなら・・とお洒落しました。

3月25日、私の42回目の誕生日。
彼は、休めない美容室の仕事を、何とか休んでくれました。
彼の車で、ドライブ。
公園を散歩し、いつの間にか、どちらからともなく、指を絡ませて歩いていました。
膝上のスカート・・・。

【熟女体験談】義父の自慰行為を見ていとおしくなり、義父が他界するまでお互いに求め続けた熟女

kage

2019/02/28 (Thu)

私は62歳の女性です。
パソコンもどうやらできるようになりました。
昔のことが懐かしく思い出され、投稿します。

私はある田舎の村で生まれ育ちました。
中学を出るとすぐ隣町の紡績工場へ就職し、女性ばかりの職場で働いていましたが、18歳の時に縁談があり親の勧めで婚約しました。
近所のおばさんたちは「かずちゃんは、ぽっちゃりしていて色白だし、気立ても素直だから、きっとでいいお嫁さんになれるよ」などと言われ、
少々太めだった私は恥ずかしさで真っ赤になったことを覚えています。

嫁ぎ先は2人家族で、24歳の夫になる人と、52歳の父親でした。
お母さんという人は5年前に亡くなったそうです。
家は、農家が点在する山間の農家で、親子二人で農業をしていました。

夫はおとなしい性格で決して悪い人ではないのですが、いろいろなことに無気力でちょっと物足りない人で、
なにかというとすぐ義父を頼りにするような人でした。
夜のこととなりますと、夫は夫婦の営みがまったく淡白で始まったと思うとすぐ終わってしまい、恥ずかしいことですが、
その後私はいびきをかいている夫の横で手を下のほうに伸ばし、声が漏れないように布団のすそをかみ締めながら自らを慰めることもしばしばでした。
義父は寡黙な人ですが、私が困っているような時はすぐ力を貸してくれるような人で、
色黒で険しい表情をした一見怖そうな人ですが私はとても頼りにしていました。

ある風雨の強い深夜、夫との味気ない営みが終わっってしばらくした後お手洗いに行き、
部屋へ戻ろうとした時、義父の部屋がまだ薄明るくなっていたのでなんだろうと思いそっと障子の破れ目から部屋の中を覗いてしまいました。
薄明かりに目が慣れて見た光景に私はびっくりしてしまいました。
義父は、寝巻きをはだけ、うつ伏せになって真っ黒な逞しい体を波打たせ、低いうめき声を上げていたのです。
義父の自慰を見てしまったのです。

しかもその声は、確かに「和江、和江」と言っていたのです。

早鐘のように打つ胸を抑えながら自分の寝床に戻り朝まで寝付けませんでした。
性とはまったく関係がないと思ってい義父が、とりつかれたように自慰に耽っている。
しかも、私の名前をささやきながら。
無理もない、お母さんが亡くなってから何年もたつんだからきっと男性として切ないのでしょう。
そう思うと義父がいとおしく、私がお世話をしてあげなければ、と思うようになりました。

【熟女体験談】視姦され、オナニーをして欲しいと望む変態おばさん

kage

2019/02/28 (Thu)

今夜は主人の帰りが遅くなると聞いていたので、さっきまで家から少し離れたショッピングモールに行ってきました。

パートから帰りシャワーを浴び、黒いショーツを履き、ノーブラで黄色のキャミを着て、白いタイトミニを履き、裸足にサンダルという格好で出かけました。
近所の人に見られないよう素早く車に乗りショッピングモールに向かいました。

駐車場に着き車から降りた瞬間から・・・。

(ああ・・・私・・・これから知らない男性達に視姦されるんだ・・・)

勝手にそう思い込み、ドキドキし始めました。

ノーブラで体のラインが分かる格好で私は店内に入っていきます。

平日のせいか空いていました。
歩いていても男性客をほとんど見ませんでした。
でもすれ違う男性の視線は感じました。
(自意識過剰かな?)

エスカレーターに乗ればスカートを覗かれるかなと思い乗りますが、タイミングよく男性は乗ってきません。
少し歩くとブティックに大学生風の若いカップルの姿が見えました。
おまけに男の子は私の好みのタイプです。

(デート中のあの若い男の子に少し意地悪しちゃお・・・)

私はカップルに近づきました。

私は男の子の視界に入るように屈んだりして、胸元が見られるよう期待していました。
最初は男の子は彼女の手前、私をちらりと見ていただけでした。