FC2ブログ
2019 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2019 03

【熟女体験談】叔母との初めての近親相姦は襲ったことから始まったが、おそらく挑発されていた

kage

2019/02/11 (Mon)

叔母と関係するようになってもう6年になる。

最初は俺が襲い掛かってやちゃたみたいな感じだったんだけど、

それから今までのことを考えると多分だけど叔母は俺がそうするのを見越して挑発したんじゃないかと思う。

それから6年間ずるずると続いている。

初めて関係を持ったのは俺が高校1年の時で、俺にとって初めての女性だった。

叔母は真知子と言う名前で当時39歳だったかな、母の妹で顔かたちも背格好もよく似ている。

しかし不思議なもので、俺は色気づいてからこの叔母のことが好きで好きで、オナニーのオカズもいつも叔母だったのだが、

そっくりな母親に対しては一度もそんな感情を持ったことが無いし考えるだけでも気持ちが悪い。

叔母は既婚で夫婦仲も悪くはないと思うが子供は無く、不妊治療も考えたが早々に諦めたそうだ。

そのためか、俺が小さい頃から暇だと俺の家に来ては甥の俺を自分の子みたいにかわいがってくれた。

うちの親は夫婦共稼ぎで、忙しい時には叔母が母の代わりに面倒を見に来てくれていた。

叔母の家に預けられたり、叔母が家に来たり、小学3年生くらいまでは一緒に風呂に入ったり同じ布団で寝たりしていた。

俺が10歳になった頃からは、さすがに風呂も寝床も一緒にすることは無くなったが、

それでも相変わらず親が忙しい時には母に変わって俺の面倒を見てくれていた。

あれは高校1年の年末のことだった。

【熟女体験談】出会い系で知り合った清楚でスレンダーな熟女に色んなテクニックを使い、何度もアクメを味わってもらった

kage

2019/02/11 (Mon)

出会い系で知り合った美佐子と梅田のシティーホテルで落ち合った。

フロント前の椅子にスレンダーな身体で、茶系のスカートに濃紺のサマージャケットを着た美佐子が座っていた。

美佐子は44歳。清楚で綺麗な奥様で、緊張した面持ちであった。

私は隣の椅子に座りそっと「美佐子さんですか?」と囁くと、「はい」と軽く頷いた。

チェックインの手続きだけ済ませ、ティーラウンジでお茶をしながらたわいもない話で彼女の気持ちを落ち着かせた。

本当に見れば見るほど浮気などしそうにない奥さんである。

込み入った話は人目をはばかるからと、用意した部屋へ誘うと、暫く沈黙して下を向いていたが、意を決したように「ええ」と返事をした。

私は直ぐに立ち上がり、彼女も私に促され、後に続いた。

エレベータの中でも少し私から離れて立って、伏し目がちで後に付いてきた。

部屋に私が先に入り、意を決したように彼女が続いた。

ドアロックをして部屋の奥を向くと、17階の窓から見える景色をボーッと立ったままで見ている彼女の後ろ姿が目に飛び込んできた。

私はスーッと傍により抱き締めた。

彼女の柔らかい身体の感触と、ほのかな香が鼻をくすぐった。

暫く身体を密着させて抱き締め、肩を掴んで私の方を向かせて顎に手を当て上を向かせてキスをした。

かすかなたじろぎはあったが抵抗ではなかった。

【熟女体験談】社員旅行で実質混浴の温泉に入ったことでムラムラして、寝ている同僚の隣でSEX

kage

2019/02/11 (Mon)

入社5年目の時

ちょうど定年退職する人の送別会を地元の旅館でやった

部署単位での送別会だったんで参加者は少なく

メンバーは退職する部長(男)そして課長(男)と係長(男)と僕

女子はA子主任(32)、B子(31)の計5人

A子主任の方は

仕事は真面目でよく働くんで尊敬してる。

ちょっとぽっちゃりだけど、可愛らしく

松たか子似なんで今後松さん(仮)と呼びます。

B子の方は

松さんとは性格が真逆でおっちょこちょい。

見た目も可愛い系の松さんとは真逆で細身のきれい系です。

矢田さん(仮)にしときます。

ちなみにどちらも既婚。僕はもちろん独身

送別会も一段落し、男部屋、女部屋へとそれぞれ戻ります。