FC2ブログ
2019 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2019 03

【熟女体験談】新しく配属してきた美人な人妻とSEXをして、本気で惚れてしまった既婚者のおっさん

kage

2019/02/02 (Sat)

生まれも育ちも広島育ちで
勤めいている会社で部署が移動し、
配属されたのは超激務部署。

超忙しいのだが何人もの派遣さんが入り混じり
活気のある部署だった

そんな中に新しく配属してきた人妻のM子さん。

既婚での30歳のスーパー美人な人妻で
綺麗なだけじゃなく、色気も兼ね備えた美魔女だった。

おちゃらけ担当のわしは即効、
小手先の笑いで挨拶をすませ、4日間位は朝晩の挨拶程度。

そしてついに人生、最高で最悪の幕開けが始まった。

商談先の会社へ訪問前、
上司から美女人妻のM子さんを同行させ、
仕事内容を勉強させてとの事、
ちょっと大きな取引話だったんで、

「一瞬マズイと思ったが、
まあバリット決めていい所見せよう」

と楽な気でOK

車の中で初日以来の会話、
まあ仕事の話や家庭の話やったと思う。

【熟女体験談】人妻合コンで会った女性の自宅でエッチするのが気持ちよすぎて半端無い量を口の中に放出した

kage

2019/02/02 (Sat)

その日友達3人と人妻3人とのランチ合コン
俺達はナンパや出会い系そしてジムや教室など
ありとあらえる手段を使ってネタをまわしていた

熟女バー、人妻サークル、人妻クローバー、若妻快楽世界など
人妻や熟女の溜まり場をあさりまくっていた

若い女に飽きた俺達は人妻や熟女がはやっていて
やっと都合が会う機会ができたので
念願の合コンを迎える事ができた

人妻は夜出るのが難しいらしい

僕は支度に手間取ってしまい、車で行くより電車の方が早いと判断。

電車に飛び乗り、会場のカフェへ。

食事も始まり、気が付くとワインボトルが4,5本空いている

人妻という響きに、いろんな事を想像して挑んだ合コンもいいお友達のできあがり

みんなで仲良くアド交換して解散

駅に向かう為来た道を戻る

そこを1台の車が通りすぎて停車

横を通り過ぎようとした時
「A君!」赤いプジョープジョーの中から呼び止められる

「あっ!Bさんじゃないっすかびっくりしたー!」
Bさんはさっきの合コンに参加していた、僕の8つ年上の人妻さん

【熟女体験談】酔っ払ってしまい、上司にレイプされた妻を男の肉棒を受け止める女して開花させた

kage

2019/02/02 (Sat)

43歳の会社員をしている智です。
妻は40歳で友子といいます。
結婚して10年たちましたが子供には恵まれませんでした。

最近、子供のいない私達にとってセックスは快感を得るためのプレイになっていました。
ソフトSMや野外で露出をさせての撮影等を楽しんでいたのです。
M性の強い妻は私の要求に素直に答えてくれるのですが、他の男性をいれたプレイだけは拒否します。

かわりに、私の寝取られ願望を見抜いていた妻は過去の男性遍歴をセックスの最中に告白してくれるのです。
初体験の時の話しや付き合っていた6人の男性とのセックスを話してくれます。
もっとも私が興奮するのが、私との結婚直前まで付き合っていた15歳以上も年上の男との5年間の話しです。
当時、勤めていた会社の上司でセックスの総てと女としての喜びを教え込まれたそうです。
私は、彼の話しを聞くと嫉妬で息が出来なくなるほど興奮してくるのでした。

そんな妻が同窓会に出るため、週末と有給を利用して3泊4日(金・土・日・月)で実家に帰ることになりました。
快く送り出した私は家に残って週末を過しました。
月曜日、会社から帰った私を実家から戻った妻が迎えてくれました。
ベッドに入るまで同窓会・実家・親戚・友達の話しが続きます。

話しを聞き飽きた私は妻の身体を求めました。
「チョット待って・・・」
妻はベットをたって寝室の照明を落としてパジャマを脱いで全裸になって私の隣に戻りました。
普段、照明は点けたままでセックスするので私は違和感を感じます。

前戯もそこそこに挿入しました。
激しくピストンを繰り返しながらいつもの様に妻に話しかけます。

「同窓会で久し振りに会った男とホテルにでも行った?」
「そんな事してない・・・あぁぁぁ・・・いいっ・・・同窓会が終ったら・・・近所のみぃちゃんと一緒に帰ったわ・・・」
「処女をあげた男も来てた?」
「・・・来てたわ・・・あぁぁぁぁ・・・」