FC2ブログ
2018 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 02

【熟女体験談】中出しだけは避けながら結婚するまで叔母とセックスを続けるつもりな甥

kage

2019/01/31 (Thu)

叔母と関係を持っています。
叔母と言ってもまだ32歳で私と12歳しか離れてません。

叔母は小さい頃から私を可愛がってくれて、小4位までは一緒に風呂にも入ってました。
20歳前後だった叔母の形のよいきれいな乳房の全裸姿が今でも目に焼きついています。

私が中学に入った頃に叔母は仕事の都合で地元を離れましたが、
去年私が大学進学で東京へ行くことになったのをきっかけに、半年前の9月から同居することになりました。

30を過ぎても叔母は相変わらず可愛いのですが、私は小学生の時と違い、どうしても叔母を女性として見るようになってしまいます。

そんな私に、叔母は昔と同じように接してきます。
ですから何とか叔母に対する性欲は抑えることが出来たのですが・・・

それでも朝の出勤時、スーツにロングブーツを履いた叔母の後ろ姿に欲情することが多くなって、悶々とした日々を過ごすことが多くなってきました。

叔母としてではなく、普通のOLとして見てしまうと、もう興奮して勃起してしまいます。

それでも何とか11月下旬までは持ちこたえてましたが、12月の最初の金曜日でした。
私はサークルで、叔母は同僚と飲み会でお互い帰りが遅くなった夜、駅で帰りが一緒になりました。

私は酔いが醒めかけてましたが、叔母はいい感じで酔っているようだったので介抱しながら家路につきました。
たまに私にもたれかかってくる叔母の色気といい匂いに、私は興奮していました。

家に着きドアーを開けると叔母はフラフラした足取りでブーツも脱がずに自分の部屋へ入っていきました。
その後ろ姿を見ると更に興奮してしまいました。

私はドアーを閉めて鍵をかけると叔母のブーツを脱がせてあげようと部屋へ入りました。

【熟女体験談】お風呂で叔母に悪戯され、フェラからの筆下ろしSEX

kage

2019/01/31 (Thu)

母の一周忌が先日私のアパートで密かに行われました。
その日の夜、母の妹の絹子叔母ちゃんと二人で夕食を食べながら母の仏壇の前で飲みました。

絹子おばちゃんは母との思い出話をしながら、僕に勧められるままにお酒を飲み始めたのです。

いつの間にか話題が変わり、絹子おばちゃんの別れた旦那の話、
僕が3ヶ月前に別れた彼女なんかの話で盛り上がり、時計を見たら12時近くになっていました。

僕は冗談半分で「もう遅いから今日泊まっていきますか?」と尋ねたら、
絹子おばちゃんは「だったらお言葉に甘えて泊まらしてもらおうかな?」と言う思いもよらない返事が返ってきたのです。

僕はその返事を鵜呑みにして、コタツの上のものを片付け布団を引きはじめたのです。
絹子おばちゃんが炊事場の後始末をしながら僕に向かって「先にお風呂に入って」と言ったので脱衣所で服を脱ぎ、お風呂に入ったのです。

少しして外から絹子おばちゃんが「背中流してあげようか?」と声を掛けてきたのです。
酔ってふざけてると思い「じゃあ、お願い」と言ったのです。

「少し待ってて」と絹子おばちゃんは言いましたが、その声はまだかなり酔ってたみたいでした。

ガラス越しに絹子おばちゃんが服を脱ぎ出すのが見えたのです。
おいおいマジかよと思った。
ブラジャーとパンティーがガラスを通して白色なのが解かりました。

まあその姿で来るなと思いましたが、なんとブラジャーを外してパンティーを脱ぎだしたと思ったら、ドアがガチャリと開きました。
小さなタオルで前を隠していたが裸でした。

「恥かしいからあまり見ないでよ。お風呂狭いから、濡れちゃうから、裸で来たの」そういって狭い湯船に入ってきたのです。

風呂桶を跨ぐ時、黒々としたオメコの毛が見えたのです。
タオルで胸を隠しているが透けて乳首がみえていたのです。
大きな乳首で指の先ぐらいありました。

【熟女体験談】離婚前提で引っ越してきた叔母に半ば強制的に誘われ、筆下ろしさせられた

kage

2019/01/31 (Thu)

俺が高校の頃に叔母が離婚前提で、うちが管理しているアパートの一室に引っ越してきた。

離婚が決まろうが元気な叔母の趣味は、とあるアメリカのロックバンドで、俺は週末の学校帰りに会おうものなら、
即捕まり一晩中そのバンドについての講釈を聞かなければならなかった。

アパートと言うこともあり、夜音楽を聴くときはヘッドホンをしていて、
叔母からすれば二人でヘッドホンなしで小音量で聞いているのは少し不満だったかもしれない。

来日すれば、必ずライブに行くし、しかも、必ず前から○列目みたいな良い席だった。
ライブに行くと、必ずその後は飲みに連れて行かれ、その後、叔母の部屋でビデオをまた見る→叔母が寝るまでそれが続く。

当時童貞だった俺は寝ている叔母の服の上から叔母の体を触った事が何度となくあった。

そんな叔母がとあるライブの後、いつものように叔母の部屋に連れて行かれてビデオを見ていた。

音が小さいとやはり不満なようで、途中で叔母は寝室で一人でヘッドホンを付けて、聞きに行くと言って寝室に入った。
俺もヘッドホンを渡されて、ビデオを見ていた。

しばらくするとトイレに行きたくなり、ヘッドホンを外すと寝室から思春期の童貞の心を駆り立てるような声が叔母の寝室から聞こえてきた。
しかも、結構大きな声だった。

叔母の寝室のドアが少し浮いていたのと、俺がヘッドホンをしていると安心したから叔母は一人で始めてしまったのかもしれない。

俺は身動きがしばらく出来ず、トイレに行く事も忘れてしまった。
しばらく考えて、叔母のそのオナニーを見てみたくなった俺は、部屋中の電気を消し、叔母の寝室のドアを少し開けて中の様子を見た。

オーディオの光が派手に点滅し、ヘッドホンのコードがベッドの方に延びていた。
叔母は足をこちらに向けた形で開き、もぞもぞと動きながら声を上げているのが分かった。
ほとんど匍匐前進で叔母のベッドの際まで近づいた。