FC2ブログ
2018 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 02

【熟女体験談】帰りにグラマーなパートのおばちゃんと出会い、車の中で正面座位の格好でカーセックス

kage

2019/01/21 (Mon)

俺36歳独身。

先日会社帰りに駐車場に行くとき、46歳のグラマーなパートのおばちゃん『寛子』と出会い、

「家まで送ろうか」というと、ニコニコして助手席に乗って来ました。

家は正反対ではあるが俺は家に帰ってもしょうがないので、いい時間潰しになると思い、気軽に乗せてやりました。

しばらく走っていると、「どこかドライブに連れて行って」というので行きました。

寛子はしばらく走っていると、寄り添って来てきましたので、俺は肩に手を廻しました。

そうすると、彼女は俺の手を自分のバストに持っていきました。

寛子の胸はEカップで揉み心地は最高です。

しばらく胸を揉み、次にスカートの中に手を入れて行きますと少しずつ股を広げていきます。

股まで指が届きゆっくり触っていると、もうマン汁が出ています。

パンティの上から擦っているとだんだんべちょべちょになってきました。

パンティの横から指を滑らせてオ○コに指をあてると寛子は自分で腰を動かし、自分の気持ちのいい場所に持っていこうとしています。

クリに当てて腰を振っています。

もうオ○コは大洪水です。

【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

kage

2019/01/21 (Mon)

学生で下宿していた時の話。

大家さんの奥さんは年の頃45歳くらいかな?

結構綺麗な人で、体も肉感的というかムチムチのお色気熟女系。

いつも朝はアパートの前で水撒きとか掃き掃除をしていて、学校行くときは毎朝挨拶って感じでした。

すごくいい大家さんで、ご主人はいつも仕事で学生の僕達より早く出勤していたせいかほとんど会ったことはなかったけど、

奥さんはすごく親切な方で、貧乏学生の僕はよく晩御飯なんかも頂いてました。

そんな感じだったので、とにかく何はなくともまず家賃、という感じで、滞納や遅れたりしないように真面目に払っていました。

彼女もいた僕はたまに部屋に連れ込んでたりして、大家さんもそれは知っている感じで、

彼女と一緒に帰ってきたときなんかも優しく「お帰んなさい」なんて声を掛けてくれたりしてました。

しかし彼女は同じ女だから何かを感じ取ったのか

「あの人、○○(僕の名前)のこと気に入ってるでしょ?」なんて言ってたりしてました。

そのときは別になんともなかったし、

「みんなに親切な大家さんだよ。しかもおばさんだぜ?」と言って

彼女をなだめるというかこだわらないように言ってました。

そんな感じで3回生の頃、体調を崩してしまって一時実家に帰っている頃がありました。

【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

kage

2019/01/21 (Mon)

パチンコ屋でナンパしてる20代後半独身彼女なしの熟女好きです(笑)。

ここのところ忙しくてなかなかナンパにも行けず、行っても失敗ばかりでずいぶんご無沙汰になっていましたが先日やっと成功しました。

いつものようにベンチに座っている熟女さんに声を掛けました。

ただ年齢的には60代後半か、もしかすると70歳くらいではないかと思うような少しぽっちゃりした高齢熟女でした。

声を掛けると驚いた様子でしたが、すぐに普通に会話をしてくれました。

大人の対応と言うのか俺が言う事にも普通に答えてくれましたが

「若いからしたい気持ちもわかるけど何もこんなおばさんに声を掛けなくても・・・」と断られムードです。

俺が「熟女好きだし、おねえさんくらいの少しぽっちゃりした女性ってすごく好みなんです」と言うと

「そんなにしたいの?それならする?」と思ったよりあっさり了承してくれました。

ラブホに行き部屋に入ると

「とりあえずお風呂には入らせて。こんな歳でも恥ずかしいから・・・

それに何年もしてないから出来るかどうかわからないわよ」と言われました。

俺も気持ちは分からなくもないので、

「無理なようだったらセックスはしなくても良いです。

裸を見せてもらったり一緒にお風呂に入ってもらうだけでも嬉しいですし、

お互いに舐め合ったり出来ればそれで良いですから」と返しました。