FC2ブログ
2018 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 02

【熟女体験談】海水浴場で見つけた子持ちの母との一夜限りの最高のセックス

kage

2019/01/12 (Sat)

僕と友達の裕弥と信也の3人で海にキャンプに行った時の出来事だった。

僕たちはキャンプ場の近くの海水浴場で、可愛いギャルを双眼鏡で観察しよと思って、人ごみを避けて、少し離れた、岩場でゴツゴツした海岸を歩いていた時、
一組の夫婦が小さな女の子連れて、たたずんでいる事に気が付いた。

夫らしい男性は仰向けになって顔に帽子を乗せて、ぐっすり寝込んでいて、
その横に、小柄な、可愛い感じの女性が子供と遊ぶ様にして座っていた。

年は30前くらいかな?

で僕達はその家族の横を通り抜けて、少し離れた所に陣取って、双眼鏡でギャルを物色する事にした。
しばらくすると、裕弥が

「あそこのベージュの水着の子、透けそうで凄い・・・」

と言ったので、僕もすぐにその子を探す為、双眼鏡を手に持って、見ていると、

「おしっこ・・・」

と言う女の子の声がしたので、僕はそちらの方を向いた。

すると、さっきの可愛い感じのお母さんが、立ち上がるのが見えたが、その姿にびっくり・・・。
さっきは座っていた為、解らなかったが、かなりのミニスカートである上、生地が透ける様な薄い物で、体の線がはっきりと見てとれるくらいだった。

僕は、もう夢中で、双眼鏡を握って、そのお母さんを追っていた。
他のふたりはまだ、ベージュのギャルをさがしている様だ。

そのお母さんは女の子の手を引いて、すぐ後ろにある1.5m程の砂でできた崖の向こうの林に行こうとしている感じなのがすぐに解かった。

僕は<崖を登る時にパンティが見えるかも・・・>と思って、ずっと双眼鏡で見つめていた。

そのおかあさんはまずは女の子を崖の上に持ち上げる様にして、上げると次に自分が崖を登り始めた。

【熟女体験談】女性の性感を高めるためにフリスクSEXをする変態夫婦

kage

2019/01/12 (Sat)

うちの妻(28歳)は、芯の強さを感じさせる凛とした女性である。

真面目なのか、自分から誘ってくることはないし、昼間に体を触るとはたかれる。

夜のセックスもおとなしい。たまには乱れさせてみたいと常々思っていた。

ある日、インターネットにフリスクが女性の性感を高めると書いてあった。

ピンとくるものがあり、さっそくフリスクを買いに行き、昼間から食べていた。

「どうしたの、フリスクなんか買ってきて?」

と尋ねられ、

「目に入ったから何となく」と答えておいた。

その日の夕食時、

「今日の夜どう?」と誘うと「疲れているから嫌」と答えてきた。

「それなら口でしてよ」と頼むと「良いよ」と答えてくれた。

夜10時過ぎ、机で作業をしていると、背後から、一段落した妻が「しようか?」と声を掛けてきてくれた。

机の上に出しておいた2粒のフリスクをそっと口に入れてから、「お願い」と答える。

さっそくベットに横になり、ズボンと下着を脱いだ。

キスをすると「フリスクの味がする」と妻が言う。

【熟女体験談】着替えている時に隣の美魔女なおばさんが覗いてくるので、偶然を装って露出してみることにしたら・・・

kage

2019/01/12 (Sat)

自分の家の隣に美魔女なおばさんが一人で住んでいる。

噂では40歳前後らしく旦那は単身赴任、子供は女の子が一人いるが、すでに就職して家を離れている。

このおばさんの外見は本当に20台後半でも通用しそうなぐらい顔もスタイルも良い美魔女系完熟熟女なんです。

自分の母親と同年代のはずだがえらい違いで、昔からちょっとだけ、大人の女性として憧れてもいた。

そして最近このおばさんが、よく俺の部屋を覗いている。

高校も夏休み中なので、自分も部屋にいることが多いのだが、気が付くと隣の家の窓の隙間から覗いている。

とくに着替えているときなどに多い。

きっとおばさんは自分に性的に興味を持っているのだと思った。

自分も隣の美魔女の事が気になっていたので、これを逆手にとって今度おばさんに偶然を装って露出をしてみることにした。

3日後両親が泊りがけで外出した。

夕立が降ったので外出、わざとびしょ濡れになって帰ってきて一階の自分の部屋で着替えを始めた。

当然カーテンは開けている。

しばらくすると隣の家の窓に気配を感じた。

気付かれないように視線を向けて見ると、やはりおばさんが窓の隙間からこちらを覗いていた。

このまま自然を装っておばさんに露出できるこのチャンスを逃す訳にはいかない!