FC2ブログ
2018 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 02

【熟女体験談】コタツで寝ていた義母をレイプして、中出し大量射精

kage

2019/01/08 (Tue)

1ヵ月程前、私は遂に超えてはいけない一線を越えてしまいました。

その一線を越えるキッカケになったのが、義母の裸体を見た事です。

私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。

その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗を掻いていました。

一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。

雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間にか体中から湯気が出る程、暑くなります。

下着まで濡れ、早く着替えようと脱衣場へ向かうと扉が開いていました。

中を覗くと、義母が全裸で着替えている所だったんです。

53歳の裸体は、予想以上に綺麗でムチムチとした肉感と白い肌に、股間が熱くなり始めていました。

人の気配に気づいた義母が振り向くと垂れた大きな胸が目に飛び込んできて、股間はMAXになっていました。

「あら!ごめんなさい・・・」

照れながら義母がドアを閉めたんです。

それ以来、私は義母の体が脳裏から離れませんでした。

何かと義母の体をジロジロ見ていたり、洗濯機の洗う前の下着を見つけては匂いを嗅いだりと変態行為がエスカレートする様になってしまいました。

【熟女体験談】アルバイト先の人妻を誘い、飲み終わった後ホテルでベッドに押し倒し、不倫中出しSEXの

kage

2019/01/08 (Tue)

副業で某薬局でアルバイトしてた時の話です。

同い年の32歳の人妻のアキ。

アキは俺より1年早く副業として働いてて、

同い年って事もあってすぐに仲良しになり色々仕事の事を教えてもらってた。

アキは結婚はしてるが子供はなし。

俺はいつしかこの女とやりたい…

そう思うようになり、

ダメもとで飲みに誘ってみた。

アキはすんなりOKし

『旦那には嘘ついて出掛ける』

って言っていた。

その瞬間に『絶対やれる』そう確信した。

【熟女体験談】家庭教師先の欲求不満な未亡人に誘惑され、卑猥な言葉を発せられながらSEX

kage

2019/01/08 (Tue)

今から20年以上前のこと。

大学生の時、小学校3年生の男の子の家庭教師をすることになりました。

母子家庭ですが、豪邸に住まいし、初めから何か訳ありかな?なんて思っていました。

3回ほど通ったときに、男の子が「先生はすぐに辞めないよね?」と聞きました。

そのときは意味がわかりませんでした。

ひと月ほどしたときに、今度の土曜日は、息子の誕生日なので、「勉強の後にお食事をなさってください」と言われました。

当日、7時頃に勉強を終え、早速食事をごちそうになりました。

勧められるまま、ワインを飲み、9時頃になると、「もうおやすみの時間よ。先生にご挨拶をして!」と母親が言うので、

「私もそろそろ失礼します」と言ったところ、「もう少しいてください」と言われ…

すると、母親は二階にある息子の寝室に行き、なかなか戻ってきません。

私はほろ酔い気分で、睡魔に襲われ、ついうとうと…

10時頃に目が覚めると、母親はネグリジェに着替えて私の横にいて、ワインを飲んでいました。

少しどぎまぎして、「そろそろ失礼します」と言うと、「先生、今夜はお泊まりになって…ゆっくり飲みましょうよ!」と。

母親は30半ばで、色白で豊満な肉体をしていて、私はその色気に圧倒されていました。

「はあ…でもいいんですか?」と答えるのが精一杯でした。