FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

【熟女体験談】そこそこ可愛い近所のおばさんと汗だく筆下ろしSEX

kage

2018/12/31 (Mon)

俺の場合、お姉さんじゃなくておばさんだった。
お姉さんと初体験とかうらやましい。

いいなぁ・・・私の初体験は近所に住むおばちゃんでした。
年は四十路くらいだったと思います。
小柄でぽっちゃりしてて、

人当たりもいい人でした。

そこそこ可愛いおばさんだったと思う

旦那と娘の3人暮らしの主婦でしたね。
うちの毋と仲良くて、結構家にきてたりしました。

当時、中3だった私はドラマの主題歌を歌ってた
小田和正の影響でオフコースとか聞いてて、彼女もオフコースファンで
そこから色々話をするようになりましたね。
CD貸してもらったり、たまにご飯食べさせてもらったりしてました。
旦那さんは商社勤めで海外出張が多かったみたいで
そんな時に夕飯とか食いにいってると「安心だわー」とか
言ってました。
自分は一人っ子だったんで、娘さんを妹のような感じで
色々勉強とか教えたりしてました。

初体験は夏でした。
娘さんのとこに勉強を教えに行ったら、何かいなくて
「でも、折角きたんだから、何か飲んで行きなさいよ」って奥さんに言われて
「すいません」って上がったんです。
そん時の事は今でも脳裏に焼きついています。
奥さんがピチッとしたミニのワンピースだったんです。
もう体のラインがくっきり出てて、意外と胸あるなぁ・・・とか。
大人の色気というか艶が凄かったです。
もう話なんかうわの空で、胸ばっか見てた気がします。

【熟女体験談】フィストファックでもしてたのかと疑うほどガバガバまんこの美魔女とSNSで知り合って、ラブホでSEX

kage

2018/12/31 (Mon)

前に勤めいた会社を辞め、前回お話した社長婦人との関係が終わって悶々としていた時期に、某大手SNSで自称38歳の人妻と知り合いました。

何回かメールするうちに会う事になり、郊外のスーパーの駐車場で待ち合わせ。

そこに来たのはスラッとした年上の熟女

38歳ではないのは一目瞭然でしたが、背が高く綺麗な美魔女でした。

仕事帰りなのかスーツを着ており、ちょっとタイトなスカートがなんともエロい。

胸もCカップくらいのちょうどいい感じ。開口一番、

女性「ごめんねー歳誤魔化してたの。イヤなら帰っていいよ~」

私「全然大丈夫ですよ。お綺麗ですね、ところで何歳誤魔化してたの?」

冗談交じりに聞いてみました。

私の予想は四十路前半かなって感じです。

女性「48なの、イヤ?」

私「えっ48になんて全然見えないよ」

女性「ありがとう!お世辞でも嬉しい」

そんな会話をしながら女性の車の後部座席に移動。

腰を下ろした瞬間に覆い被さってきてキスの嵐。

女性「最近してなくて、したくて堪らないの」

これだから熟女が好きなんです、私。

【熟女体験談】義母の爆乳に我慢出来ずに、強制脱ぎでレロレロ乳首舐め

kage

2018/12/31 (Mon)

義母は四十路後半、小柄でぽっちゃりだが胸は異常に大きく、今の時期セーターなど着ると、むしゃぶりつきたくなるくらい、エロい体つきだ。

嫁が痩せているせいか義母の胸には、ある種の憧れを抱きながらも婿として、家族交際をしてきた。

ところがある時、嫁実家のリフォームを巡り業者とトラブル、訴訟を起こす騒動となった。

義父は面倒な手続きなど全て義母に任せてしまい、温室育ちの義母は免許もなく一人奔走を・・・

見かねた嫁に頼まれ、仕事が夜勤の俺が昼間運転手としてお供をしてた。

弁護士事務所や、役所など廻る車内で会話が弾む事もなく、重苦しい雰囲気のお供だが、義母の豊満なバストと、香水の匂いに、役得感に浸りながらの運転だった。

数ヶ月の間何度かお供をしてきたのだがある日、業者が和解に応じるとの連絡が入り、無償改修するとの事で全て決着した。

義母達は歓喜し、俺も少なからずお役に立てて安堵したのだが、義父が世話になったお礼にスーツを新着してくれるとの事。

お言葉に甘えて義母と一緒に買い物に出かけた。

義母は何度も連れまわした俺に、罪悪感があったらしくて、かなり高価なスーツを買ってくれた。

仕立てが終わり、持って帰ろうとすると義母が

「せっかく新調したのだから、そのスーツで食事に行きましょうよ」

と言われたので、そのまま食事に。

この日の義母はぱっと見、30代?でも通用するようなファッションで、巨大な胸がより強調された、赤いセーターであった。

俺は内心、スーツより体でお礼をして欲しい(笑)と、思いながら義母の胸を凝視していたら、視線に気づいた義母に

「いやぁねぇ〜、こんなおばあちゃんの胸をじっと見て」と笑われた。